日本を代表するシンガーソングライター、井上陽水。

そんな彼ですが、年齢の事もあって最近はあまり見かけることがなくなっています。

果たして現在どのような生活をしているのでしょうか?

プロフィール

本名 井上 陽水(いのうえ あきみ)

生誕 1948年8月30日

出身 福岡県田川郡糸田町

学歴 福岡県立西田川高等学校卒業

ジャンル ロック

職業 シンガーソングライター、作詞家、作曲家、音楽プロデューサー

担当楽器 ボーカルギター

活動期間 1969年 –

井上は終戦後の混乱の中、歯医者の父親の息子として生誕しました。

兄弟は姉と妹が一人ずついます。

井上は小学生時代から子供会などで歌を歌っており、当時から上手であると定評がありました。

中学3年生の時、井上はビートルズに出会い、それ以降熱烈なファンとなります。

高校時代はずっと数人の仲間と休日はビートルズの歌を歌っており、周りからはビートルズ狂と呼ばれるようになりました。

高校卒業後は東京にて歌手になることを目指しましたが、家業を継いでほしい父親からの要望により九州歯科大学の受験をすることになりました。

受験は3回しましたが全く勉強していなかったのでいずれも不合格、4年目に井上は東京で浪人生活を送るという口実で上京し、本格的に音楽活動を始めます。

その後1969年、井上は「アンドレ・カンドレ」という芸名でミュージシャンとしてデビューしました。

しかし全く注目されず、アンドレ・カンドレとしての活動はわずか一年で終了しました。

その後の一年間は井上の足取りは全く掴めず、一説には自暴自棄となって放蕩生活を送っていたと言われています。

1972年、井上は芸名を「井上陽水(いのうえようすい)」に改めた上で再デビューを果たします。

同年5月にアルバム『断絶』がリリースされると井上の曲に注目が集まるようになり、翌年に発売されたシングル「夢の中へ」で一躍ヒットすることになりました。

1976年にはアルバム『招待状のないショー』がオリコンチャートで9週間1位をキープするなど、音楽界における地位を着々と固めていきます。

その後一旦人気は落ち着きましたが、井上は自身が作った歌詞を提供するなど作詞家としての一面も見せるようになりました。

そして1984年には自身が作詞した「恋の予感」、作詞作曲を手掛けた「飾りじゃないのよ涙は」、自身が歌った「いっそセレナーデ」がヒットをし、作詞家としての地位もより強固なものにしました。

その後これらのヒット曲を自ら歌ったアルバム『9.5カラット』がリリースされ、1985年の年間売り上げのアルバム部門にて見事に一位を獲得し、ミリオンセラーを達成しました。

そして1990年、井上はシングル「少年時代」をリリースします。

当初はそれほど注目されませんでしたが、ソニーのCMに抜擢されてからは売り上げがみるみる上昇していき、井上を代表する歌にまで登り詰めました。

娘(次女)はアナウンサーと結婚した?

そんな井上ですが、女性遍歴はどうでしょうか?

井上は1974年に一般人の女性と結婚していますが、多忙を理由に離婚しています。

現在の妻である歌手の石川セリとは、1975年に出会い、3年後の井上の誕生日に正式に結婚しました。

井上と石川は一男二女を設けており、長女は依布サラサという芸名で歌手として活動しています。

次女は2015年に九州朝日放送のアナウンサーの三澤澄也と結婚しています。

三澤は小学1年生から大学を卒業するまで一貫して野球部として活動しており、今でも体を鍛えるのが趣味などかなりのスポーツマンとして知られています。

三澤は自身の経験を活かしたラジオの野球中継のほか、ローカル番組の『ドォーモ』でMCを務めるなどKBCの看板アナとして活動しており、今後の活躍には注目です。

現在、何してる?

その後も『GOLDEN BEST』がミリオンヒットを果たすなどヒットを多く出してきましたが、年齢の影響もあってか最近では新曲を出すことが少なくなっています。

一方で歌うことに関しては精力的に続けており、2000年代は全国ツアーを何度も行っていました。

この勢いは2010年代になっても続き、2014年から2015年にかけて井上は40年前に発売した「氷の世界」に入っている曲を全て歌う「井上陽水 氷の世界ツアー」を行い、多くの注目を集めました。

2019年には『「光陰矢の如し」~少年老い易く 学成り難し~』という50周年記念のツアーを行い、大盛況を記録しました。

このツアーは2020年9月1日にDVDで発売され、ツアーの熱狂をもう一度感じたいファンがこぞって買っています。

いかがでしたか?

井上の父親が歯医者なのは少し意外でしたね。

「少年時代」のイメージが強い井上ですが、それ以前にもヒットを連発しているあたり、井上のたぐいまれな才能が垣間見えます。

また長女も父や母と同じ音楽の世界で生きており、やはり井上家は音楽一家だと思いました。

現在はコロナ禍でライブなどが行いにくい状況ですが、収束したら是非ツアーで活躍してください。


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!