元プロサッカー選手のラモス瑠偉さん。

闘将って感じで、熱いプレーを魅せてくれていましたが、2022年現在はどのような活動をしているのでしょうか?

また、脳梗塞の噂や今のお嫁さんとの衝撃の関係なども知りたいですよね。

そんなラモス瑠偉さんについてプロフィールから脳梗塞、お嫁さんとの関係や現在の姿など、まとめてご紹介します。

プロフィール

まずは、ラモス瑠偉さんのプロフィールからご紹介しましょう。

・名前:ルイ・ゴンサゥヴェス・ラモス・ソブ

・生年月日:1957年2月9日(65歳)

・出身地:ブラジル リオデジャネイロ

・身長:181センチ

・体重:71キロ

ブラジルの小さな町で誕生し、実家近くには、当たり前のようにサッカークラブがあり、当たり前のようにサッカーに没頭したという事。

1966年9歳の時に父親が死去、リオからサンパウロに引っ越します。

高校に通うのを中断し、ほとんどの時間をサッカーとアルバイトに明け暮れ、アマチュアの大会などに参加していたということで、プロになり金を稼ぎたいという気持ちが強かったそうです。

18歳の終わり頃に、当時サンパウロ州1部リーグ中位から下位に位置していたサアジFCに加入。

1977年1月、19歳の時に当時読売サッカークラブ(現東京ヴェルディ)でプレーしていた与那城ジョージさんにスカウトされ、来日。

中央大学法学部に入学し、20歳で読売クラブに加入。

若い頃は日本語も分からず、トラブルも起こしていましたが、1979年には14得点7アシストを記録し、得点王とアシスト王の二冠を獲得しています。

この頃に、後に結婚する清水初音さんに出会い一目惚れしているんですね。

1981年にはバイク事故を起こし、左脚のすねを複雑骨折し選手生命の危機に陥りますが、初音さんの献身的な看病により、無事復活。

ラモス瑠偉さんはこのときに初音さんとの結婚を決意したという事ですね。

1982年に初音さんとブラジルサンパウロで結婚。

1989年には日本国籍を取得していますね。

プレースタイルとしては30歳前後からMFに下がり、司令塔として君臨。

Jリーグが1993年に開幕しましたが、ヴェルディ川﨑の中心選手として大活躍していました。

空前のJリーグブームで人気物になり、CM等にも出演していましたね。

1998年まで現役を続け引退していますが、記憶に残る選手だったと思います。

また引退後は、指導者として活躍し、ビーチサッカー日本代表監督、東京ヴェルディ1969の監督などを歴任していました。

今でもその闘志溢れるプレーを記憶している人は多いのではないでしょうか?

格好良かったですよね。

脳梗塞!?

ラモス瑠偉さんですが、サッカー選手としての怪我はありますが、他にも脳梗塞を患ったこともあるようです。

2016年の年末に体調の異変に気づき、救急車で搬送された病院で脳梗塞と診断されています。

「体が痙攣してベッドから落ちた。戻ろうとしたら、起き上がれなかった」と当時の様子をラモス瑠偉さんは話していますが、とてもショックだったようですね。

幸い、2週間の検査で問題は見当たらず、そこからは驚異的な回復力と意志の強さでリハビリに耐え、順調に回復したと言う事。

最初は左半身に力が入らない状態でしたが、そこから驚異的な回復を魅せたと言う事ですね。

またサッカーがしたいという気持ちで、一生懸命リハビリをしたという事です。

やっぱり、そういった努力が大事なんでしょうね。

今の嫁との関係

2011年7月に最愛の妻だった初音さんが、転移性肝ガンで、52歳の若さで死去されました。

ラモス瑠偉さんは、大きなショックを受け、もう再婚しないという気持ちにもなったそうです。

その後、自暴自棄になったラモス瑠偉さんを献身的に支えてくれたのが俊子さんという女性で、再婚を決意したと言う事ですね。

21歳年下ということですが、とてもしっかりした女性で、再婚した翌年に脳梗塞を発症したラモス瑠偉さんを支えてもいますね。

二人の馴れ初めは「知り合いの誕生会」と言う事ですが、3年間交際し結婚をしています。

二人の間には子供はいないようですね。

いまもとてもラブラブな様子で、幸せそうです。

現在の姿

脳梗塞から復活してからもサッカーには携わっていて、2020年には東京ヴェルディのチームディレクターに就任もしていました。

2021年1月に辞任されていますが、今でもサッカーへの愛情は揺るぎないといった所でしょう。

また現在は、競技活動以外にもパラ応援大使(パラスポーツ・バリアフリー応援大使)、コメンテーター、教育の分野でも活躍されています。

他にも現在はLDHに所属していて、LDHサッカーチーム「LDH ESPERANZAA」のオーナーをラモス瑠偉さんがつとめているようですよ。

私生活では二人の子供も30歳をこえ、娘のファビナさんは結婚して子供もいるので、ラモス瑠偉さんはおじいちゃんって事になりますね。

また息子さんも現在サッカー界で指導者として頑張っています。

家族も仲良しで、子供や孫に囲まれて幸せに暮らしているというのがラモス瑠偉さんの現状ですね。

いつまでも幸せに過ごして欲しいと思います。