「ミスター赤ヘル」という愛称で親しまれ、現役引退後も監督を2度務めるなど、広島東洋カープの顔として知られていた元野球選手、山本浩二。

山本にはセ・リーグ初の外野手部門でのダイヤモンドグラブ賞獲得、セ・リーグ最多のダイヤモンドクラブ賞を獲得、大卒で唯一の500本本塁打達成、日本代表の監督としてWBCベスト4を達成するなど輝かしい経歴を多く残していますが、詳しい経歴についてはあまり知られていません。

今回はそんな山本の素顔について触れていきたいと思います。

プロフィール

出身地 広島県広島市佐伯区

生年月日 1946年10月25日(75歳)

身長 183 cm

体重 82 kg

投球・打席 右投右打

ポジション 外野手

プロ入り 1968年 ドラフト1位

初出場 1969年4月12日

最終出場 1986年10月27日

選手歴

広島県立廿日市高等学校

法政大学

広島東洋カープ (1969 – 1986)

監督歴

広島東洋カープ (1989 – 1993, 2001 – 2005)

学歴 法政大学文学部英文学科卒

職業 野球解説者

山本は軍人の父と母親との間に広島市にて生を受けました。

山本には兄が二人、姉が一人おり、4人きょうだいの末っ子です。

山本は子供の頃、広島カープが当時活動していた広島県営球場によく通っていました。

山本はこの頃から広島カープのファンであり、将来は走攻守共にこなせるオールラウンダーの選手になって球界のエースになりたいと感じるようになりました。

山本は小学生の頃から野球に励んでおり、高校も野球に力を入れているところへと進学するつもりでした。

しかし両親が大学への進学を強く望んでいたこともあり、普通科の廿日市高校へと進学しました。

当時の廿日市高校は野球では全くの無名であり、当然山本は入部してすぐにエースで4番とチームの主柱となります。

そこで山本は自身の技術向上だけでなく仲間たちのスキルアップや戦術研究をこなし、リーダーシップも身に着けていきました。

そして3年生の夏、主将として最後の甲子園予選に挑み、弱小校ながら準決勝まで進みます。しかし準決勝で広島最強とも言われている広陵高校とぶつかり、17安打を打たれ1-9でボロ負けします。

その後山本はプロ入りすることを目指しましたが、南海ホークスの鶴岡一人監督から「君の実力では、今プロに入ったとしても通用しないだろう」と言われたことにより、大学で実力をつけることを決意します。

山本は投手として法政大学の野球部に入部しましたが、1年生だけで50人近くいた当時はなかなか出番に恵まれず、同じく一般部員として燻っていた富田勝と共に遊び歩いていたこともありました。

しかし、2年生の時に外野手に転向した際に監督直々の個人レッスンを受けたことにより打撃の才能が芽生え、たちまちチームの主力にまで登り詰めました。

以後の山本は法政黄金時代の中心人物として活躍し、3度の東京六大学リーグ優勝や全日本大学野球選手権大会での優勝に貢献しました。

個人では229打数67安打、打率.293、8本塁打、30打点と好成績を残し、ベストナインにも2度選ばれました。

そしてドラフトにて地元の広島カープから1位にて指名され、広島カープに入団したのです。

病状がヤバい?

山本は2019年1月に健康診断を受けた際、エコー検査にて影が映り、2月の再検査にて膀胱がんを医者から宣告されました。

山本はすぐに手術をしましたが、術後の検査にて今度は肺がんがみつかり、ステージ3であった事もあってすぐに治療を始めました。

山本は膀胱がんと肺がんの二つとの闘病生活をはじめ、それは過酷だったとのことです。

他にも胆石除去や気管支系関連の不調もあり、山本は2019年だけで何と7回もの手術を受けており、体力的にもかなり消耗する一年でした。

ちなみに山本自身はサンケイスポーツの記者に 「膀胱と肺って結構関係があるらしくて、転移だったらちょっとやばかったかもわからんよ。全く別のがんやったから、まだよかったね」と語っています。

また闘病中には巨人の原監督などが山本のお見舞いに来ており、山本は知人の支えや助けもあってリハビリに励みました。

その甲斐あって今では完治し、普通に日常生活を送ることが出来ています。

現在の姿

山本は病気から復帰後は広島テレビだけでなく日本テレビの野球解説者にもなっており、自身の選手・監督としての経験をいかしたコメントをしています。

そんな中、5月26日にマツダスタジアムで行われたセパ交流戦の広島ロッテ戦にて始球式を務め、久しぶりに人前に姿を現しました。

雨の中マウンドに上がり、現役時代と変わらぬ強い投球をストライクゾーンに向けて行い、先述した闘病などどこ吹く風といった印象です。

いかがでしかた?

山本が法政大学の野球部時代、部員数が多いという事もあって当初燻っていたというのは少し意外でしたね。

7度の手術を経てもなお盛んなあたり、流石アスリートだと感じました。

これからプロ野球も盛り上がってきますので、是非山本には名解説をこれからも務めてほしいものです。


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!