最初に結論!杉原杏璃さんの旦那さんは40代の音楽出版会社代表取締役としか報じられていませんが、バーニングプロダクションの周防郁雄社長の息子の周防彰悟(すほうしょうご)さんではと噂されています。また、現在もグラビアアイドル、タレントとして活動されているようです。

人気グラビアアイドルで、バラエティー番組にもタレントとして度々出演し活躍している杉原杏璃

株式投資で何度か成功を収めており、「財テクタレント」及び「株ドル(投資アイドル)」と呼ばれる彼女。

そんな彼女の現在とは?

プロフィール

杉原杏璃(スギハラ アンリ)グラビアアイドル・タレント。

1982年6月12日生まれ、広島県出身。

A型。

スターダストプロモーション、ARIMAXを経て、現在はフィット所属。

2003年にデビュー。

18年10月、一般男性と結婚。

高校卒業後、上京。

「背が低くて、声が高い所を生かしたい」と思い、グラビアでやっていこうと決めた。

タイが好きで、特技はカポエイラ。

左利き。

胃下垂で食べても太れないと話している。

株式投資で何度か成功を収めており、2015年には「財テクタレント」及び「株ドル(投資アイドル)」と呼ばれる。

2012年、広島県観光秘書に就任する。

2015年に発表した自伝的小説『…and LOVE』が、2017年に自らの主演で映画化される。

2017年1月20日発売のDVD『Last Kiss~杉原杏璃ファイナルイメージ』でイメージDVDの仕事に終止符を打ったことで、グラビア活動からは卒業かと思われたが、この時「まだまだやるつもりです!」と完全否定していた。

2018年10月26日、音楽出版会社の代表取締役の男性と結婚したことをブログで公表した。

旦那はバーニング社長・周防氏の長男!?

グラビアアイドルとして活躍していた杉原杏璃さんが2018年10月26日に、公式ブログで結婚したことを発表しました。

そして、結婚相手については40代の音楽出版会社代表取締役としか報じられていませんが、バーニングプロダクションの周防郁雄社長の息子の周防彰悟(すほうしょうご)さんではと噂されています。

それは杉原杏璃さんの明かした結婚相手の旦那が誰かについて、分かっているヒントを調べてみると周防さんとされることがわかります。

まず、結婚相手の誕生日やプロポーズの場所、ブログのウェディング写真を撮ったのが旦那であることを明かしています。

入籍日の10月20日が誕生日、船を持つほどの金持ち、プロカメラマンということ。

周防彰悟さんは、1975年10月20日生まれの現在、43歳です。

2017年4月の週刊文春が、周防彰悟さんがインスタグラムに著名人の写真をあげまくっていて、カメラマンデビューか?と報じていました。

そして、周防さんは音楽出版会社「バーニングパブリッシャーズ」代表取締役社長、大手芸能プロダクション「バーニングプロダクション」取締役、さらに、芸能界のドンのバーニングプロダクション周防郁雄氏の息子です。

芸能界を牛耳るバーニング社長の息子ですから、持ち物や洋服は全身ブランド、愛車は高級車と言われていて、船を所有していてもおかしくありません。

このことからここまで条件に当てはまる男性は他にはおらず、杉原杏璃さんの結婚相手の旦那は、周防彰悟さんで間違いないでしょう

現在、何してる?

結婚を報告した杉原杏璃さんですが、現在と検索すると…すでに“妊娠”しているという噂がありました。

結婚報道に伴って、妊娠をしているという事は公表していないということですが、ただ、妊娠については一切触れていなかったことから、余計に怪しむ方も多いようです。

そのようなことから、この妊娠という噂が囁かれた様子。

そして、今後の仕事についても特に引退や休業という事は発表せず、同じように続けていくという事だったので、“妊娠説”というのは恐らくないかと思います。

そんな杉原杏璃さんですが、現在もグラビアアイドル、タレントとして活動されています。

しかし、おそらく現在はグラビアアイドルより投資家としての方が、儲かっているのではないでしょうか。

ですが、投資家としての活動はあくまでもタレントの投資家ということで、ガチの投資家に比べたらまだまだ中堅クラスとのことです。

杉原杏璃さん本人は、これからもグラビアやタレントとして活動を続けていくと公言されていますし、これらも芸能活動をされていくのでしょう。

さらに最近は、ANDIPTER(アンディプター)という新感覚インナーをプロデュースされ活躍の場を拡げていて、次期バーニング社長婦人として、周防彰悟さんを支える重要なポストを任せることのできる実力がありそうですね。

音楽出版会社の代表取締役の男性と結婚した、グラビアアイドルの杉原杏璃さん。

その一方で、株の投資歴が10年以上あり、経済学や人の心理にも明るく、この世界で生きてきた処世術もあり、最近ではインナーのプロデュースもするなど活躍の場を拡げています。

今後もタレントとして活動される中、投資家、実業家としても活躍されるのでしょう。