ドラマ『マルモのおきて』で、芦田愛菜ちゃんと共に一躍ブームを起こした名子役で有名な鈴木福

現在、中学生となった身長はどのくらいになったのか。

また、兄弟6人?との噂や名前の読み方についても明らかに…。

プロフィール

鈴木福(スズキ フク)俳優。

2004年6月17日生まれ、東京都出身。

B型。

テアトルアカデミー所属。

伊那市子ども大使と新北陸発見大使を務めている。

所属レコード会社はユニバーサルミュージック。

左利き。

2006年、NHK教育(当時)の『いないいないばあっ!』で芸能界デビューした。

2010年、前半期のNHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』や同年制作の映画『ちょんまげぷりん』などに出演。

2011年、フジテレビ系ドラマ『マルモのおきて』に出演し、話題を呼ぶ。

同年5月に『マルモのおきて』で双子の姉役で出演した芦田愛菜とのユニット「薫と友樹、たまにムック。」名義による、同作の主題歌『マル・マル・モリ・モリ!』で歌手デビュー。

同年12月31日に行われた第62回NHK紅白歌合戦に、『マルモのおきて』で共演した芦田とともに白組最年少の7歳199日で出場した。

2014年4月18日より、公式ブログ「笑う門には福ブログ」を開設し、毎日更新している。

以降ドラマ、CM、映画と多数の作品で活躍中。

兄弟6人!?また、名前は?

鈴木福くんには兄弟が6人いるとの噂があり、調べてみたところ鈴木福くんは4人兄弟とのこと

なぜ、6人兄弟となってしまったのかは不明ですが、多分両親も含めた6人家族のことだったかもしれません。

しかし、実際4人兄弟というのも今時珍しいですよね。

そして、この4人兄弟のそれぞれの名前が珍しいと話題になっています。

一体どういうことなのでしょうか。

それぞれの名前を紹介していきます。

鈴木福(ふく)2004年6月17日生まれ

鈴木夢(ゆめ)2006年9月30日生まれ

鈴木楽(たの)2013年6月28日生まれ

鈴木誉(ほま)2015年12月17日生まれ

このように、とてもありがたい個性的な名前ですよね。

ちなみに福くん・夢ちゃん・楽くん・誉ちゃん、兄弟全員テアトルアカデミー所属し、夢ちゃんは、福くんとの活動やテレビ出演が多く、楽くんはすでに、大河ドラマ「花燃ゆ」「おんな城主・直虎」など出演経験があり、将来がとても楽しみですね。

4兄弟それぞれ子役として活躍中です。

現在の姿

中学に入学した福くんですが、その中学では野球部が休部?状態だったのか、小学校の頃に入っていた野球部や地域の方などに協力をしてもらい、中学の野球部を復活したそうです。

そして、入部当時は20数名ほどの部員が集まったようです。

では、2018年の中学2年生になった福くんは仕事もしながら勉強、さらに部活も継続できているのでしょうか。

そんな心配は無用なようで本人は、仕事も勉強も部活もますますやる気が増している様子で、部活ではピッチャー練習をしているようです。

そんな彼の身長は、現在どれくらい伸びたのでしょうか。

ちなみに、2011年の『マルモのおきて』に出演時は118cmだった福くん、2018年5月の公式プロフィールでは、150mと表記されていました。

やはり成長期、7年で30cm以上も伸び、大きくなったと感じますよね。

ですが当の本人は、身長がなかなか伸びないことに悩んでいるとか…。

人間は0〜1歳までに一番身長が伸びるそうで、次に伸びるのは中学の時期に、一年に8.7cm伸びると言われています。

そのことから、これから一気に福くんの身長は伸びていくことでしょう。

最近の福くんは声変わりも始まっている様子ですし、子供から大人への成長が楽しみですね。

現在、中学生となった鈴木福くん。

4人兄弟の一番上のお兄ちゃんということもあり、さらにしっかりしてきたようです。

最近は、映画やドラマの出演よりもバラエティ番組の出演が多いように感じますが、学業と調整しながら芸能活動も頑張っているのかもしれませんね。

今後も、彼の成長と共にどういった大人になるのか楽しみです。