ショートヘアが印象的で、一世を風靡した鈴木蘭々

モデルや女優さらに、タレントとして幅広いジャンルでも活躍され、CMなどにも引っ張りだこでしたが、最近の彼女はめっきり見ることがなくなりました。

そんな彼女、現在の姿とは…。

プロフィール

鈴木蘭々(スズキ ランラン)女優・歌手・タレント。

1975年8月4日生まれ、東京都出身。

A型。

中学1年生の時に原宿でスカウトされる。

1989年、13歳の時に本名の鈴木智子として資生堂・エクボのCFで芸能界デビュー。

同年、第1回ミスチャンピオン・準グランプリにも選ばれる。

デビュー当時はロングヘアで、CMや表紙モデルなどで活躍。

1993年頃からドラマ・バラエティ番組などに出演し、フジテレビ系『ダウンタウンのごっつええ感じ』内のコント「改造人間カスタムひかる」では、松本人志扮する「若松ひかる」の妹・きらり役を演じた。

1994年より、フジテレビ系子供番組『ポンキッキーズ』に安室奈美恵とのコンビ「シスターラビッツ」として出演し、一躍注目を集める。

番組へは当時出演の高泉淳子演じる「山田のぼる」が好きで、事務所の社長に「出たい!」と直談判してオーディションを受け、合格したという。

その後はいわゆるバラエティーアイドルとして活躍し、ボーイッシュなショートヘアと明るいキャラクターで人気を博す。

1995年8月、筒美京平作曲のシングル「泣かないぞ」で歌手デビュー。

1997年、『木曜の怪談・魔法じかけのフウ』で連続ドラマ初主演を果たす。

女優としてはもちろんバラエティにも多く出演し、バラエティアイドルとして人気を博した。

最近では舞台での活躍が目立っている。

特に代役として主演を務めることが続き、準備期間が少ないとは思えない演技力が高く評価されている。

安室奈美恵との関係

2018年3月、BSフジで放送されていた子供向け人気番組『ポンキッキーズ』が放送を終了。

約45年に渡り放送されてきた長者番組の終了で、とあることが話題になっていました。

それは…「シスターラビッツ」の存在です。

1994年より『ポンキッキーズ』に、安室奈美恵さんとのコンビ「シスターラビッツ」として出演し、一躍人気になりました。

当時ヒット曲がなかなか出せず、『ポンキッキーズ』で鈴木蘭々さんとウサギの格好をした、シスターラビッツで安室奈美恵さんはレギュラー出演していました。

そして、シスターラビッツとして活動していた1995年、小室哲哉氏と運命的な出会いをし、「Chase the Chance」がミリオンヒットした安室奈美恵さん。

その年の紅白にも初出場、それ以降ミリオンセラーを連発、そんなことから安室奈美恵さんは徐々に番組からフェードアウト、シスターラビッツは活動休止。

鈴木蘭々さんのみが番組に残ることとなりました。

現在の姿

そんな鈴木蘭々さんは、1998年にはニューヨークに留学。

そして、2000年頃から舞台やドラマを中心に活動し、『キレイ~神様と待ち合わせした女~』では酒井若菜さん、また『ジキル&ハイド』では知念里奈さんなど、主役級の代役を務めたことから演劇界で「代打女優」と呼ばれるようになりました。

ショートヘアの印象が強い鈴木蘭々さん。

では、現在の彼女はどのようになっているのでしょうか。

一時期は芸能界から消えた?とも言われていた彼女ですが、現在も変わらず仕事は続けています。

そして、ブランドを立ち上げ、独自で開発した基礎化粧品を販売しています。

もともと肌が弱く、すごい乾燥肌で自身が25歳の時、原因不明の吹き出物ができ、添加物が入ってる化粧品が使えなくなってしまったという彼女。

オーガニック化粧品をいろいろ試しては、自分だったらもっとこうするのに…と思うようになり、そんな折、エステショップを開業している友達が解剖生理学を学び直すことを聞き、彼女もそれを機会に学校へ通い、本格的に勉強を始めたそうです。

2014年に販売会社となる「WOORELL株式会社」を設立。

「NARIA COSMETICS」というブランドを立ち上げました。

一時はテレビで見ない日がないほど、大活躍した鈴木蘭々さん。

しかし、現在は露出が減ってしまいましたが、舞台などで活躍されています。

そして鈴木蘭々さんは、現在42歳となりましたが独身です。

そんな彼女は、結婚する予定は全くないそうで、また、する気もないそうです。

もったいない気もしますが、自立して独りを楽しめる女性として好感が持てますね。