寺脇康文さんといえば、国民的ドラマ『相棒』の初代相棒である亀山役を長年つとめた俳優ですよね。

俳優業以外にもCMやバラエティ番組、さらにはMCでも活躍しています。

そんな彼の現在や、嫁との衝撃の関係とは…?

プロフィール

寺脇康文(テラワキ ヤスフミ)俳優。

1962年2月25日生まれ。

大阪府出身。

O型。

劇団スーパー・エキセントリック・シアター(SET)を経て一本立ち。

岸谷五朗とのユニット・地球ゴージャスでも活躍している。

岐阜県立岐陽高等学校(現・岐阜県立本巣松陽高等学校)卒業後、大学受験に失敗し、デパートの地下食材売り場でアルバイトしていた。

働いていたデパートのエスカレーターに乗っている最中、アルバイトの初給料を見ながら、これからの自分は何をやって食べていけるか考え、出た答えが俳優であった。

名古屋の俳優養成所でオーディションを受け、合格し入所。

養成所卒業後、上京して1984年に三宅裕司主宰の劇団「スーパー・エキセントリック・シアター」(SET)へ入団。

同年11月、SETの第17回目公演『超絶技巧殺人事件』でデビュー。

1987年、同劇団の岸谷五朗、山田幸伸と共にコントユニット・SET隊(せったい)を結成。

SETの公演内やラジオドラマなどでコントを披露していた。

1994年、岸谷五朗と共にSETを退団し、企画ユニット「地球ゴージャス」を結成。

舞台や映画、テレビドラマなど活動の場を広げる。

1996年4月の放送開始から『王様のブランチ』の司会を10年間務めた。

地球ゴージャス公演中(東京公演・地方公演)も生放送、その直後劇場に戻って舞台出演と多忙を極めるスケジュールながらも番組を休むことはなかった。

2006年12月に番組を降板し、2007年1月からは谷原章介にバトンタッチした。

2008年5月10日、『相棒』においての演技が評価され、同じく主演を務める水谷豊と共に第16回橋田賞俳優部門を受賞した。

2009年2月20日、『相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン』で亀山薫の演技が評価され、第32回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞した。

好きな俳優に、水谷豊と松田優作を挙げている。

水谷については、『刑事貴族』・『相棒』で共演をはたした。

寺脇は、俳優になったきっかけは『バンパイヤ』の水谷の演技を見たことだ、と様々なメディアで語っている。

嫁との関係

二枚目俳優でありながら、サービス精神が旺盛な寺脇康文さん。

しかし、そのプライベートはあまり明かしていません。

既に結婚していることは明らかになっていますが、結婚した時期やお相手の情報は公開されていません。

そこで、調べてみたところ、嫁となった女性は寺脇康文さんと同じくスーパー・エキセントリック・シアターに所属していたそうです。

ですから、寺脇康文さんと嫁の馴れ初めは、劇団で出会ったことのようですね

そして、結婚を機に妻となった女性は女優を引退しているようです。

きっと寺脇康文さんに、俳優として活躍する夢を託したのでしょう。

そんな劇団時代の同僚と結婚した、寺脇康文さん。

嫁との間には娘が2人、息子が1人と計3人の子供をもうけています。

そして、子供達の情報も全く見当たらないことから、芸能界には進んでいないようです。

既に成人しているそうなので、立派な社会人になっていることでしょう。

ここ最近は二世タレントが増えている中で、寺脇康文さんの子供なら考えてもいいところですが、簡単に芸能界を選ばなかった子供達。

きっと、寺脇康文さんと嫁の教育がしっかりしていたのかもしれませんね。

そして何より、芸能生活も長く売れっ子の俳優として活躍されている中、スキャンダルも何もないので、嫁との関係は今もなお良好で、幸せな家庭を送っていること思われます。

現在

寺脇康文さん年齢は、現在57歳です。

そんな寺脇康文さんが、ドラマ『刑事ゆがみ』に出演したときに激ヤセして、病気ではないか?と話題になりました。

一般男性の57歳であれば、おかしくない変化ですが、寺脇さんの場合、その見た目がとても若々しく見えていたので、ここにきて一気に老けてしまった印象があったのかもしれません。

しかし、『ストロベリーナイト・サーガ』に出演したときの寺脇康文さんは、激ヤセという感じではありませんでした。

つまるところ、役柄や白髪であったことも加味して、寺脇さんといえば…”亀山薫”の印象だった人たちが大きく驚いたのでしょう。

そんな寺脇康文さんの現在は、演技派の脇役として多数出演しています。

寺脇さんはイケメンですが、キャーキャー騒がれるキラキラ俳優枠ではないにもかかわらず、相棒のような超ワイド人気国民的ドラマで、ダブル主役のメーンを張っていたのが売れ過ぎだったよう。

そして、テレビドラマでは今もやはり、刑事や検事と、「犯罪者を捕まえるぞ!」系のドラマが多く、それも相棒の影響力でしょう。

しかし、やはり中心は、寺脇康文×岸谷五朗の『地球ゴージャス』での活躍です。

寺脇康文さんと岸谷五朗さんがスーパー・エキセントリック・シアターを退団して結成した『地球ゴージャス』。

お二人以外のキャストは固定せずに、毎回ゲストを招いて公演をするプロデュース公演という形態が人気となっています。

1994年に結成された、地球ゴージャスが25周年を迎える日も近く、これまでに13回の公演で約100万人を動員してきた地球ゴージャスですが、今後はどんなキャスト陣でどんな舞台を見せてくれるのでしょうね。

まとめ

寺脇康文さんは俳優を志すきっかけとなった水谷豊さんと共に、『相棒』で8年間活躍しましたが、突如降板されました。

相棒を降板してからはテレビ出演がほとんどなくなり、一説ではうつ病などの病気ではないかといわれていましたが、実際は違うようです。

まず相棒を降板した理由ですが、自ら降板したという説と水谷豊さんに説得され降板したという2つの説があります。

寺脇康文さんは相棒においては主役ではないものの、相棒の人気を支えているのは自分の存在も大きいと自負していました。

そんな中で主役の水谷豊さんに対して意見することが多くなり、だんだんと二人はギクシャクしていったとか。

そして、これ以上水谷豊さんとの関係を悪くするわけにはいかないと感じ、寺脇康文さんから降板を申し入れたそうです。

このことからも、病気ではないことは確かですね。

そんな寺脇康文さんは、劇団・スーパー・エキセントリック・シアターにて出会った女性と結婚し、現在は子供が三人おり、全員成人しています。

寺脇康文さんは知名度が高くイケメンですが、そういった浮いた話が一切ないのも、彼のストイックさや、真面目さを表しているのではないでしょうか。


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!