最初に結論!内海光司さんは激やせで病気が噂されていましたが、現在も体を常に鍛えていて、体脂肪率は8~9%をキープしているようで、体型維持のために食事にも気を付けているそうです。

元光GENJIの内海光司さん、キノッピーの愛称で人気を集めていた彼は、解散後舞台で活躍しています。

ジャニーズ事務所に所属し、俳優としての道を進んでいるのですが、最近はテレビで見ることが無くなりました。

そして激やせしたことで病気ではないかともいわれています。

今回は、元光GENJIの内海光司さんについて紹介します。

プロフィール

内海光司さんは、1968年1月11日生まれ、東京都出身です。

小学生のころから剣道を始めます。

特技はスノーボード。

1981年9月、中学2年生の時に友達とジャニーズファミリークラブに遊びに行ったときにスカウトされて事務所入りが決まりました。

正式なオーディションは受けることなく入所したそうです。

1983年3月25日にイーグルスというグループでレコードをリリース。

1987年8月19日にはイーグルスのメンバーだった大沢樹生とともに、光GENJIとして再レコードデビューしました。

1995年9月3日、光GENJI SUPER 5が解散し、ソロ活動を始めます。

テレビドラマで俳優として経験を積み、活動の幅を広げ、舞台にも出演しました。

内海光司さんの愛称は「キノッピー」でその由来は、アニメ「ポールのミラクル大作戦」のキャラクター「キノッピー」に髪型が似ていたからです。

光GENJIでのイメージカラーは青。

内海さんは名前が主人公の名前と同じ「こうじ」ということから「マジンガーZ」の大ファンでした。

また「機動戦士ガンダム」のファンでもあり、「TVタイムマシン」に出演した際に自作のガンプラを披露しました。

テレビドラマに出演した内海さん。

1982年10月6日には夏の王様にウィズの子供たち役で出演し、1983年から1984年のドラマ、どっきり双子先生・乙女学園男子部シリーズに生徒役として出演しました。

1984年に放送された金曜日の妻たちへⅡ~男たちよ、元気かい? 、1986年に放送の新・熱中時代宣言、1990年から1995年に放送された名奉行 遠山の金さんシリーズに出演しました。

1988年に放送されたワイルドで行こう!BORN TO BE WILDでは、大沢樹生さんとダブル主演で出演しました。

他にも舞台に出演されています。

引っ越し大名や女の一生、直木賞受賞作品のあかね空、出雲の阿国、アガサ・クリスティ原作のマウストラップ~ねずみとり~などの様々な作品があります。

結婚している?

内海さんは現在独身で結婚歴もないようです。

結婚はしていなくてもお付き合いをした人はいたのでしょうか。

しかし、これまでのアイドル時代からほかのメンバーと比べても全くといっていいほど熱愛の噂はありませんでした。

女性に興味がないのではという疑惑もありました。

続きは次ページから!!