最初に結論!山口百恵さんは現在、国立市の豪邸で専業主婦をしており、さらにはキルト作家としても活動しているようです。

1970年代に活躍した日本の伝説的歌姫、山口百恵

1980年10月に人気絶頂で惜しまれつつも引退。

俳優の三浦友和と結婚し、長男でシンガーソングライターの三浦祐太朗と次男で俳優の三浦貴大が息子にいます。

プロフィール

山口百恵(ヤマグチ モモエ)元歌手・女優。

1959年1月17日生まれ、A型。

配偶者は俳優の三浦友和。

長男はシンガーソングライター・俳優・歌手の三浦祐太朗。

次男は俳優の三浦貴大。

1972年12月、オーディション番組『スター誕生!』で、牧葉ユミの「回転木馬」を歌い準優勝、20社から指名を受ける。

同番組への出演応募のきっかけは、同い年の森昌子がテレビで活躍しているのを見て「自分も森昌子さんのようになりたい」と思ったこと。

同番組では、審査員の阿久悠から「あなたは青春ドラマの妹役なら良いけれど歌手は諦めた方が良い」と言われる。

1973年、シングル「としごろ」で歌手デビュー。

森昌子・桜田淳子と共に「花の中三トリオ」と呼ばれた。

デビューのキャッチコピーは「大きなソニー、大きな新人」。

以降「横須賀ストーリー」、「プレイバックPart2」など、数多くのヒット曲を放つ。

また映画やドラマでも数々の名作を残し、女優としても活躍。

1980年10月に人気絶頂で惜しまれつつも引退し、俳優・三浦友和と結婚。

息子との関係

山口百恵さんには、子供は2人いらっしゃいます。

1984年4月に長男で俳優・歌手の三浦祐太朗さんと、1985年11月に次男で俳優の三浦貴大さんが誕生しています。

“今世紀最大の二世タレント”として、大々的にその存在を報じられていたシンガーソングライターの三浦祐太朗さんは、鳴り物入りで2008年に芸能デビューしていますが、これまで目立った活躍を見せていません。

そもそも祐太朗さんはそこまで芸能界、また音楽への情熱もなかったそうで、バンドメンバーと仲違いした原因は、他のメンバーがもっと売れるため、CDの推薦文やライブの告知を百恵さんにお願いしたそうです。

当の祐太朗さんも「それいいかも!」と安易にOKを出してしまい、百恵さんからは『あなた達ががんばることでしょう!』とスパッと言われ、三浦家の威光にすがろうとしたことで、ケンカになってしまったとのこと。

そんな中、弟で俳優の三浦貴大さんは、映画にドラマにと着実に出演作品を増やして活躍しているのに対し、祐太朗さんはスーパーなどでライブを行っている様子。

“スネかじり”だった兄と、地に足をつけて成長する弟では、結果的に差がでてしまっている現状。

兄弟そろって両親のような“スター”になる日は、まだまだ先の話のようですね。

自宅写真流出!?

山口百恵・三浦友和夫妻は、結婚して国立市に転居しています。

以後25年間、生活基盤は国立の豪邸にあると言われてきました。

しかし国立にずっと住んでいたわけではなく、長男の祐太朗さんと次男の貴大さんの子育てを国立市で行いながら、いったんは都心部へ引っ越ししています。

そして、三浦友和さんの母親と同居していた時期もあったようです。

そんなことから、住まいは東京都23区内にあったこともあるということですが、子供の通学の都合などもあり、国立の住所へと戻っています。

やはり有名人の豪邸、地元でも有名とのことでこの国立の豪邸の写真が、多く流出しているようです。

まるで博物館のようなこの豪邸は、2011年12月にリフォームしています。

子供たちも独立するので、夫婦二人の生活に合わせて自宅に手を入れたと伝えられています。

内装はバリアフリーにして、三浦友和さんの両親との同居なども視野に入れた、リフォームだったといわれています。

さすがに内装の写真は見つかりませんでしたが、その外観からも白亜の豪邸であることが伝わりますね。

現在の姿

現在の山口百恵さんは、専業主婦です。

国立や立川周辺では普通にスーパーで買い物をしたり、世の中のお母さんと何ら変わらない様子で過ごしているらしく、目撃情報や写真もネットで見受けられるようになっています。

そして、現役時代の面影がないと言われ、激太りとされていた山口百恵さんですが、現在キルト作家としても活動しています。

夫婦愛を育みながら、大好きなキルトに夢中になれることも夫婦仲の秘訣ではないでしょうか。

芸能で活躍した山口百恵さんは、自分自身が表に出るのではなく、自身が作ったキルト作品で自己表現出来ることは、嬉しいことと思います。

人気絶頂に芸能界を引退、その後、結局芸能界復帰をしてしまう芸能人が多い中、決して復帰やメディアさえにも一切顔を出さない彼女。

しかし、子供たちも独立し趣味であるキルトを通して、またその存在が注目されています。

作家としてもかなりの腕前らしく、作品展でも毎回出品されるほどとのこと。

一つの作品を完成させるのに、多くの時間がかかるキルトで、作家として活躍されている彼女、こちらではまだまだ引退はないようですね。

いまだに伝説のアイドル山口百恵さん。

そんな彼女の生い立ちは、母子家庭に育ったとされていましたが、その真実は認知されていたものの”愛人の子”であったという。

そして彼女は、自分で稼いだ相当額を手切れ金としてその父に渡し、完全に親子の縁を切ったそうです。

そんなこともあり、家族を大切にしてきた彼女の現在は、子供達も独立しキルト作家として、また注目を集めそうですね。