最初に結論!与沢翼さんは現在、シンガポールからドバイへ拠点を移し、株やFXのトレード、海外不動産投資などで収入を得ており、ドバイと東南アジアを中心になんと総額25億5000万円、24物件を所持しているのだそうです。

突如現れネットビジネス界の風雲児として、一世を風靡さらに『秒速で1億稼ぐ男』のキャッチコピーで、一躍有名人となった与沢翼

”ネオヒルズ族”などとも呼ばれ、当時メディアを騒がせていた彼ですが、現在はどうしているのでしょうか。

プロフィール

与沢 翼(ヨザワ ツバサ)実業家、投資家。1982年11月11日生まれ、埼玉県出身。

2005年、企業サークル・CREW(クルー)を設立し、代表に就任。

2006年、 アパレルのネット通販会社・Es Luxoure(エスラグジュール)株式会社を設立。

同年、メンズファッションの通販サイト・CRAZEクレイズを設立。

2007年、早稲田大学卒業。

2008年、men’s egg公式OUTLETサイト開設。

2009年、渋谷109-2に実店舗「egg tore」を出店。

翌年にかけて7店舗展開するが、2010年6月までに渋谷店と通販サイトのみを残し閉店。

2010年、アフィリエイト会社・株式会社Rajuri(後のフリーエージェントスタイルホールディングスの前身)を創業。

2011年、エスラグジュール社が4000万の負債を抱え倒産。

2014年4月、自身のFacebookで「資金が完全にショートした」とし、フリーエージェントスタイルホールディングスが破綻状態にあることを明らかにしたが、事業は継続し残債を全て支払うとしている。

破産で注目度が増し、ヤフーランキングや公式ブログのアクセス数が急上昇した。

プライベートでは…。

2015年、シンガポールにおいてデイトレーダー事業を行う。

2016年7月、モデルの相原麻美さんと結婚、ブログで公表。

2016年、シンガポールからドバイに移住。同年、男子誕生をTwitter等で報告。

嘘で塗り固められた過去の豪遊生活

与沢翼さんといえば、「秒速で1億円稼ぐ」のキャッチコピーで一世を風味したことで、記憶にしている方も多いのではないでしょうか。

それだけのビジネスを展開できる方なだけあって、出身大学は早稲田大学ですがそれまでには意外な経歴があり、高校を中退しその後大検をとった後に、早稲田大学へと進学しています。

さらに以前は、中学時代から荒れ始め、15歳で地元の暴走族に入っていたことも!

早稲田大学へ入学した後は、弁護士を目指していたそうなのですが、とある起業家の存在を知り弁護士の道から一気に起業家の道へ方向転換します。

その起業家とは、当時一世を風靡していたホリエモンこと堀江隆文氏です。

そして、数々の会社を設立経営し成功。

”ネオヒルズ族”などと呼ばれ、とにかく異常な金の使い方を繰り返し世間から注目を集めていました。

なんとオフィスの内装は1億5千万!!

さらに敷物や家具、絵画などに金をかけまくり260坪の巨大オフィスを、六本木に構えていました。

高級外車を何台も所有し、毎晩六本木で豪遊する姿が話題となりましたが、2014年4月に約3億円超の法人税未納による経営危機騒動を発表

「もう金持ちを演じるだけのお金はない」と語り、再起不能に陥った与沢翼さん。

しかし、シンガポールへ移住しデイトレーダー事業にて、税金はすべて払い終えているそう。

3億円超の未納分を毎月分納して、還付金でまかなえたとのことです。

続きは次ページから!!