「どこ見てんのよ!」のフレーズで一世風靡した青木さやか

ローカルアナウンサーの経歴をもち、お笑い芸人としてブレイクした異例の彼女。

最近、あまりメディアに出ていないと思われた方も多いはず!

プライベートでは、離婚も経験しシングルマザーとなった、青木さやかを調べてみました。

プロフィール

青木さやか(アオキ サヤカ)タレント・お笑い芸人。

1973年3月27日生まれ、愛知県出身。

O型。

両親共に小学校教諭という家庭環境で育ち、大学在学中は「放送文化研究会」に所属。就職活動では、アナウンサー試験を多数受けるも全滅したという。

大学卒業後は、名古屋タレントビューローに所属し、イベントの司会や岐阜放送で仕事をする。

その後、中京ローカルのフリーアナウンサーとして名古屋を中心に活動後、お笑い界へ転身。

1996年、デビュー。

2003年、ワタナベエンターテインメントへの移籍をきっかけに、バラエティ番組で活躍。同時期、日本テレビの『エンタの神様』で「どこ見てんのよ!」のキレ芸でブレイクした。

2004年、『週刊ポスト』8月20日・27日号では、グラビアでビキニ姿を披露。

2005年、写真集「Où Voyez-vous?」(フランス語「どこ見てんのよ?」の意味)を発売。

初版2万部が3日で完売。

その後、自身の冠番組を持つなど、実力と人気を兼ね備えたマルチタレントとして活躍。

プライベートでは…

2007年10月22日、3歳年下のダンサーと出会って半年で結婚することを発表し、24日に婚姻届を提出。

2009年7月、一部スポーツ紙での報道を受け、レギュラー出演した『森田一義アワー 笑っていいとも!』生放送で妊娠3か月であることを発表。

2012年3月23日、離婚が報じられ、同日に離婚届を提出したとFAXで報告しています。

最近見ない理由

以前は、テレビや雑誌で見ない日はなかったほどの、青木さやかさん。

最近、あまりお見かけしなくなってしまいました。

一部では…「芸能界を干された!」との噂もあるほどです。

その理由を、色々調べてみたところ…青木さんがメディアに出演されなくなったのは、まず産休に入ってしまったことです。

約半年間休業されていますが、そのうち出産から3ヶ月で仕事復帰しています。

これは、かなりの早さの復帰ですよね。

ですから、こちらは理由ではないようです。

では、他にどのようなことがあったのでしょうか。

どうやら、有吉弘行さんとの対立も原因にあるようです。

以前、放送された「ロンドンハーツ」にて、青木さんと有吉さんの因縁が明らかとなりました。

そこでは有吉さんがブレイクする前に、なんと!青木さんから干されかけていた事が明かされました。

その原因は飲み会の席で、有吉さんが青木さんをしつこくイジったために、青木さんが激怒したというもの。

そのことにより青木さんは多くの番組に、有吉さんとの共演NGを訴えていたのです。

しかし、その後有吉さんが再ブレイクし出演する番組数が増えました。

必然的に、青木さんはメディア出演の数は減り、活躍は低迷してしまったとのこと。

青木さんは、もともとかなりプライドが高い性格で、自分がイジられることに対して、不快感を抱くことでも知られていました。

お笑い芸人では当たり前のイジリも、収録中にも関わらず共演者からイジられようものなら、不快感を示すため、とても扱いづらい存在だったそうです。

このような理由から、青木さんを起用する番組は、ほとんどなくなったことがわかりますよね。

続きは次ページから!!