数々の大食い大会を制し、テレビ番組でもその圧倒的な力を見せつけて人気だった元フードファイターのジャイアント白田さん

なんと、急死したのではないかという噂が流れているようです。

また、現在、串カツ屋を経営しているとの噂もあります。

気になるジャイアント白田さんの噂をチェックしていきましょう。

プロフィール

名前:白田 信幸(しろた のぶゆき)

愛称:ジャイアント白田

生年月日:1979年4月20日(38歳)

出身:栃木県真岡市

身長が195㎝もあり、体重も91㎏もあるジャイアント白田さん。

2000年代後半に一大ブームとなっていた『大食い選手権』や『大食いバトルテレビ番組』で大活躍をしていました。

その大食いぶりから選手達は『フードファイター』と呼ばれていたのですが、ジャイアント白田さんはそのフードファイター達の中でも群を抜いた力を持っており、『大食い大魔神』という異名を付けられていたほどでした。

数々の大食い大会を制し、抜きん出ている大食い力にテレビ番組からも引っ張りだこになっていたジャイアント白田さんですが、2007年の9月に引退を表明したのです。

ジャイアント白田さんの現役最後の大会となったのは、テレビ番組の『元祖!大食い王決定戦』でした。

この大会で見事優勝を果たしたジャイアント白田さんは現役を引退し、表舞台から姿を消したのでした。

串カツ屋を経営している?

そんなジャイアント白田さんは、フードファイターを引退後、小学生の頃からの夢だった『飲食店の経営』を目指し始めます。

そして、引退後1年も経たない内に、期間限定ではあったものの、ジャイアント白田さんがプロデュースしたうどん専門店の『しろたや』をオープンさせたのでした。

お店は2008年4月~2009年3月までの1年間限定オープンだったものの、ジャイアント白田さん基準の大盛りうどんが大好評だったそうです。

期間限定のお店の経営に携わりながらも、ジャイアント白田さんは自身のプロデュースするお店の経営計画をきちんと練っていたようです。

どうやら、期間限定でお店をオープンさせたときにできた縁がつながり、刺激となったようです。

期間限定のお店が閉店した3か月後、今度は大阪の道頓堀に串カツ専門店の『串カツしろたや』をオープンさせたのでした。

お店のこだわりが『他店の1.5倍以上のボリューム』であることをジャイアント白田さんがコメントしていたこともあって、看板メニューのジャイアントメニューは大好評だったそうです。

当時、まだまだ知名度の高かったジャイアント白田さんがプロデュースと経営に携わり、お店にもほぼ毎日顔を出していたこともあって、お店の人気はどんどん上がっていき、大阪ではかなり有名になっていたそうです。

2015年には東京の大井町にフランチャイズ第1号となる『串カツ しろたや 大井町店』をオープンさせ、お店も繁盛しているようです。

急死ってホント!?

続きは次ページから!!