元子役で、「はるかぜちゃん」こと春名風花は幼い頃から自分の意見を発信し、子どもなのにしっかりとした考えを持っているとして評価される一方、『生意気な子ども』としてバッシングを受けました。

そんな、はるかせちゃんの現在とは…。

プロフィール

春名風花(ハルナ フウカ)女優、タレント、声優。

2001年2月4日生まれ、神奈川県出身。

A型。

愛称ははるかぜちゃん。

幼少の頃からCMや映画に出演。

3歳でブログを書き、当時の所属事務所クレヨンでのブログも自分で更新していたという。

9歳からやっているTwitterでは幅広い分野について語り注目を浴びる。

2010年12月、Twitterにおいて東京都の青少年育成条例問題に言及して注目を浴びた。

「少女革命ウテナ」の主人公・天上ウテナに憧れて一人称は「ボク」という。

2015年1月、大塚周夫氏の訃報に触れ、その長男である大塚明夫氏と会っていたことに言及したが、後に明夫氏と周夫氏の名前を混同していたことを明かし謝罪する。

明夫氏はこのミスについては、寛大な態度を示したものの、一部のファンやユーザーから非難や中傷が寄せられたため一時的にTwitterアカウントを閉鎖した。

2016年2月、Twitterへの投稿を再開し「ハイパーメディア一般人」になったと告げた。

高校はどこ?

子役から活躍している春名風花さん。

そんな彼女も2017年に高校生となりました。

自身のTwitterでも、高校の合格通知書を投稿し、その高校はどこなのか調べて見ました。

まず噂では…通信制の高校に通っていているとのことで、偏差値は33らしいです。

通信制の学校には、あまり偏差値の考えがないようで、入試試験も無く中学程度の学力があれば、入学できるところが多いらしいです。

このことから、偏差値33ということが回っている様子。

そして、神奈川県立公立高校の「普通科」に入学しているという投稿を、春名風花さんご本人がしています。

このことにより、通信制で神奈川県立公立高校の普通課で調べると2校のみ該当します。

ここで、彼女の一つの発言からヒントが!ありました。

それは最近ときめいたものが、「陸上自衛隊工科学校の男子」という発言で、自衛隊工科学校の生徒は、とある横浜の通信制の学校に集団入学しているらしいのです。

そんな自衛隊学校の生徒はあまり見ることもないですし、それに近しい高校に入学したと推理されました。

そこで、神奈川県立上で自衛隊が入学しつつ、春名風花さんの自宅に近いと思われる高校は…

『神奈川県立横浜修悠館高等学校」となりました。

さらに「制服がない」と彼女はつぶやいていて、この高校は私服でもあるらしいのです。

ちなみに、高校名などはもちろん、春名風花さんご本人は明かしていませんので、あくまでも推測です。

現在の姿

子役の頃から、可愛らしい春名風花さん。

みなさんが「はるかぜちゃん」と言えば…と思い出されるのは、こちらの頃ではないでしょうか。

さて、プライベートでは高校生になられたはるかぜちゃんですが、子役として活躍していた彼女、現在は声優として活動されているようです。

子供のころから声優にあこがれており、小学生時代から声優のレッスンにかよっていたそうです。

そして、舞台やタレント活動も相変わらずされている様子です。

さらに、以前からのTwitterの投稿やブログ更新、Instagramも公式にされていて、現在の彼女の考えや意見などもこちらでチェックできます。

A post shared by Fuka Haruna (@harukazechan24) on

現在のテレビのお仕事としては、レギュラー出演しているEテレの「ストレッチマンⅤ」のストレッチピンク役がありますが、それ以外ではあまり露出していないようです。

そのことから考えますと…まだお若いですし、現在は芸能活動をセーブし、学業を中心にされているのかもしれませんね。

幼い子から芸能活動をして活躍し、さらに世の中の疑問点に対し自分の意見を発信。

子供ながらにしっかりとした考えに、世間はバッシングという形で答えました。

そんなことにも負けず、現在高校生になった「はるかぜちゃん」こと、春名風花さん。

今も変わらぬ様子で、世間の矛盾点にコメントされていています。

そして、さらにお綺麗になり今後は女優としての活躍も、期待できそうです。