ジュリーこと、歌手の沢田研二

70年代、整った顔立ちと独特な歌声で若い女性を魅了し、圧倒的な人気を持っていました。

今でもその人気は衰えることはなく、根強いファンがいるようですが…

現在の姿に驚く人も多いのだとか。

プロフィール

沢田研二(サワダ ケンジ)歌手・俳優。

1948年6月25日生まれ、鳥取県出身。

ニックネームはジュリー。

由来は沢田本人が女優のジュリー・アンドリュースのファンだったため。

妻は女優の田中裕子。

前妻は元ザ・ピーナッツの伊藤エミ。

1967年、GSバンド“ザ・タイガース”のリードボーカルとしてデビュー。

1971年、バンド解散後、同年「君をのせて」でソロ活動を開始し数々のヒット曲を放つ。

1977年、「さよならをいう気もない」では、金色のキャミソールという衣装でテレビに登場。

同年5月に発売された「勝手にしやがれ」はソロとして4曲目のオリコン1位を獲得。

5週1位を保ち89万枚を売り上げた。

曲中にかぶっていたパナマ帽を客席に飛ばすというパフォーマンスは、子どもが学校でマネをするほど大きな話題となった。

この曲で、第19回日本レコード大賞を受賞。

受賞シーンでは、萩原健一や岸部一徳などのザ・タイガース・PYG時代からの仲間が駆けつけた(レコード大賞で歴代最高視聴率の50.8%も記録)。

その他第8回日本歌謡大賞(視聴率46.3%)など、同年の主要な賞レースを独占した。

70年代~80年代の日本のトップミュージシャンとして活躍する。

1979年には映画『太陽を盗んだ男』で主演を務め、『第4回報知映画祭』主演男優賞を受賞。

以降、歌手の傍ら、俳優としても映画、舞台と幅広く活躍。

息子との関係は?

「ザ・ピーナッツ」の姉の伊藤エミさんと、最初の結婚をした沢田研二さん。

この時に、子供を一人授かったと言われていますが、実際には子供の存在の噂しかなく本当にいるのかどうかもはっきりとはしていません。

ただマスコミの取材によると、息子がいることが判明しています。

その息子は、1979年生まれで『澤田一人(かずと)』さんという名前のようですが、ネット上には沢田研二さんの息子、澤田一人さんを表すような画像や情報は上がっていません。

この理由として、沢田研二さんの息子の澤田一人さんは、芸能界にはデビューしておらず、音楽関係の仕事をされている一般の方とされています。

そして、公表されないのは、息子に何らかの障害があるのでは?という噂もありますが、こちらも確定的な情報ではありません。

またその逆に、すでに芸能界で活躍しているとも言われています。

その息子とされる方が、『沢田正人』さんという人物です。

沢田正人さんは歌手をされていて、沢田研二さんの息子ではないかという噂があるようです。

確かに、沢田正人さんは沢田研二さんに似ており、澤田一人が沢田正人と改名した可能性も考えられます。

しかし、この沢田正人さんは息子さんではないようで、あくまでも噂のことだったようです。

このように沢田研二さんの息子さんの情報は、様々な憶測が混じっているようで、判断がつきませんでした。

今後、息子がどのような人物なのか、わかることを期待しましょう。

現在の姿

沢田研二さんといえば、ジュリーの愛称で親しまれ、当時の姿がイケメンでありながらも中性的な雰囲気と、激しい男らしさをも含有しているような不思議な魅力で、一世を風靡していました。

奇抜な衣装に身を包み、妖艶ともいえる沢田研二さんの存在は、まさに時代のアイコンでした。

しかし、時代とは残酷なものです。

さすがに時代の波が過ぎ、女優田中裕子さんと結婚してからは、テレビに出ることも久しくなり沢田研二さんは、昔の面影が全くわからなくなるほど風貌が変化し、その辺の中年のオジサンと同じく、驚くほど太ってしまいます。

さらに年を重ねたことにより、全くの別人に!!

そんな現在の沢田研二さんはこちら…。

全盛期の頃、当時では革命的なメイクとそのビジュアルが印象的だったことにより、この変貌にはかなりショックを受けます。

しかし、ジュリーのファンはザ・タイガース時代からの熱狂的ファンが多く、沢田研二さんがひとたびコンサートを開けば、今でもホールが満席になる人気ぶりとのこと。

そして、自身のコンサートではかなり自由に振る舞っているようでMCでは、さすがに団塊の世代らしく、結構時事問題に触れることが多い様子。

そんなことから「嫌なら帰れ!」と観客を怒鳴りつけ、会場が凍りつく事態になったことも…。

そんな沢田研二さんですが昭和の頃から比べれば、体重は倍近くになっていても、その歌声やステップは変わらず、オヤジの色気に溢れています。

沢田研二さんも、もうすぐ70歳です。

確かに昔のジュリーのイメージから思うと、別人のような風貌と激太りでショックを受けましたが、年齢と今までの苦労を考えると、素敵に年を重ねてきたといえるのではないでしょうか。

そして年を重ねたことにより渋い男性へと変化し、一層魅力を増したダンディな沢田研二さんは、これからも輝き続けるのでしょう。