女子プロレス全盛期に、悪役レスラーとして個性的なキャラクターで人気を博したアジャコング

多くのバラエティー番組などに出演していましたが最近は、女子プロレスの人気が下火になったこともあってあまり見かけなくなりました。

そんな彼女の現在の活動状況とは…。

プロフィール

アジャ・コング(本名は宍戸江利花)プロレスラー。

1970年9月25日生まれ、東京都出身。

O型。

父親がアフリカ系アメリカ人(米軍立川基地に勤務していた。名をヘンリー・マニゴールド)で母親が日本人。

「江利花」という名前は父親がエリカ属の花から命名した。

両親は事実婚だったが、幼少時に父の突然の本国召還のため離別を余儀なくされ、母子家庭に育ち(母は父との関係から親戚全てから絶縁されていた)、中学卒業まで深刻なイジメに悩み続けていたという。

中卒後、全日本女子プロレス入門。

1986年9月、豊田紀代との対戦でデビューを果たす。

1990年、母が肝臓癌で死去する事態に見舞われたが、その悲しみをバネに奮起することになった。

当初はブル中野率いるヒール軍団獄門党の一員であり、新人時代は極悪同盟のメンバーで中野の付き人を担当していたことから、入門当時から現在までプライベートでとても可愛がってもらっていると本人も度々語っている。

しかし、長与千種に憧れ、ベビーフェイス志向だった本人にとってはヒールは不本意であった。

今後、悪役で長与とは試合をしたくないとの思いでとても悩んでいて、リーダーのダンプ松本にその悩みを相談していたときに通りかかった長与からサングラスを渡され「このサングラスが似合う悪党になれ。」と励まされた事で踏ん切りがつき、悪役レスラーの道を突き進んだという。

パワフルでスピード感あふれるファイトが特徴。

以降、OZ無差別級女王など数々のタイトルを獲得。

現在まで、多岐にわたり活躍中。

現在何してる?

90年代、女子プロレスラーで悪役ながらも、とても人気者だったアジャコングさん。

最近は何をされているのでしょうか。

女子プロレスラーとして活躍してきたアジャコングさん、CMやバラエティーに多く出演されていましたが、2007年には映画にも挑戦され、女優デビューも果たしています。

阿部寛さんと中谷美紀さん主演の映画「自虐の詩」に、主人公の親友”熊本さん”の大人役として登場しています。

さらに2010年、老人介護の闇を暴く映画「老獄/OLD PRISON」では主演の看護婦役で出演しています。

そして、同年所属事務所を『WAHAHA本舗』に移し、久本雅美さん率いる劇団主催公演に参加しているそうです。

さらに銀座で『AJ』という飲食店を経営しているそうです。

しかしまだ現役のレスラーで各地を、遠征しているそうです。

現在47歳(2018年5月現在)のアジャコングさんは、OZアカデミー女子プロレスとWAHAHA本舗、さらには飲食店も経営し、現在は幅広く活動の場を持っているようですね。

すっぴん姿

独自のレスラーメイクで、印象強いアジャコングさんですが、意外にバラエティー番組などですっぴんを公開されています。

そのすっぴんの姿はこちらです!

アジャコングさんと言えば、奇抜なメイクがトレードマーク!

しかし、その素顔はとても優しい印象で、プロレスラーの顔と全く違う感じですね。

実際アジャコングさんだけでなく、悪役のレスラーの方は本当はすごく優しかったり、穏やかな顔されているものですよね。

そして、気になるのが現在、結婚されているのかというと…まだ独身とのことです。

いまだに結婚はされていませんが、それは自身の幼少期に辛い思い出があるため、理想の結婚像は人一倍あるそうで、アジャコングさんは暖かい結婚や家庭に理想を抱いているそう。

彼女のお母さんは親戚からの絶縁の中、高齢出産の初産で彼女を産み、彼女は何も親孝行できなかったと、自身を責めているそうで、そうしたことからアジャコングさんは、家族を持って幸せになることが、母への最大の親孝行と思っているようです。

一刻も早く、素敵なパートナーが現れて幸せになってほしいですね。

悪役のプロレスラーとして、これまではそのキャラクターから、男のような扱いを受けてきたアジャコングさん。

幼い時には、辛い経験も多い分優しい心を持っている彼女。

現在は、プロレスラーの傍らWAHAHA本舗に所属し、さらには飲食店も経営しています。

以前より露出は減少しましたが、まだまだ現役で頑張って活躍されることでしょう。


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!