「W浅野」として人気を博し、多くのトレンディドラマに出演していた浅野温子

プライベートでは夫婦仲が良いと言われていますが、実は夫の魚住勉が”認知症”を患っているという噂も…。

そんな現在の浅野温子の姿も話題に!

プロフィール

浅野温子(アサノ アツコ)女優。

1961年3月4日生まれ、東京都出身。

A型。

10代の頃からモデルとして活動。

15歳のとき、山口百恵の主演映画『エデンの海』の山口のクラスメートの役のオーディションに合格し、映画デビュー。

1977年、TBSテレビ小説『文子とはつ』のオーディションに合格。

翌年、映画『高校大パニック』出演。

また『聖母観音大菩薩』では全裸シーンを披露した。

1980年代には、『スローなブギにしてくれ』でもヌードを披露、さらに『汚れた英雄』などの角川映画にも出演した。

1980年代後半に、『あぶない刑事』と『パパはニュースキャスター』にレギュラー出演。

1988年に放送されたトレンディードラマ、『抱きしめたい!』(フジテレビ)放映時には、共演の浅野ゆう子と共に「W浅野」と呼ばれるなど人気を博した。

1991年に武田鉄矢と共演したドラマ『101回目のプロポーズ』は、最高視聴率36.7%の高視聴率を記録した。

その翌年から1996年までドラマ版『サザエさん』でサザエを演じるなど、コメディエンヌとしても活躍した。

2003年より、『古事記』を題材にした『日本神話への誘い』をスタートし、俳優業と平行して日本各地の神社を廻りながら、一人語りの舞台を開催する。

2008年6月、「天皇陛下御即位20年奉祝委員会」に参加し、祝辞を述べる。

2009年4月16日に、株式会社SONOKO執行役員(my42ジブン応援プロジェクト担当)に就任。

國學院大學客員教授なども務める。

夫は認知症?

浅野温子さんは1983年に、作詞家の魚住勉さんと結婚されています。

魚住さんの職業は、コピーライターや作曲家として活動しているようです。

そんな魚住さんは慶応義塾大学卒で、36歳の時に22歳であった浅野温子さんとの14歳差カップルとして話題になりました。

夫婦仲も良いお二人として有名でしたが、なんと夫の魚住さんが”認知症”との噂が流れています。

本当なのでしょうか。

魚住さんは1947年1月1日生まれなので、現在71歳になられています。

最近はコピーライターとしての活動もあまりしておられず、妻の浅野温子さんの露出も少ないことから、認知症のため家にこもっているという話があり、年齢的なこともあるのかと思いきや…調べてみると、確定した話は見つけることはできませんでした。

やはり、コピーライターや作詞家としての活動が最近ないためそのような噂が、広がったのではないかと思われます。

このことから、魚住さんは認知症との噂は、あくまでも噂でガセだったようです

ちなみに、浅野温子さんと夫の魚住勉さんの間には1人の息子さんがいます。

名前は魚住優さんといい、仕事はなんとNHKのアナウンサーをしています。

大学は慶應義塾大学を卒業されていますので、父である魚住勉さんの後輩にあたります。

そして、NHKのアナウンサーという狭き門をくぐり抜けて入社されていますので、非常に優秀な方のようですね。

現在の姿

浅野温子さんは、今も女優としてドラマや映画、さらに舞台で活躍しています。

そして、2003年に開始した「浅野温子・読み語り」をメーンの活動としているようです。

この「浅野温子・読み語り」は、ご自身の新境地でライフワークにされています。

古事記の神話や日本各地の昔からある民話・伝説を、現代語で分かりやすく脚色。

生演奏をバックに浅野温子さんが様々な登場人物を全身で表現する一人舞台劇とのこと。

伊勢神宮、出雲大社、熱田神宮など、全国の有名神社などを舞台に公演されてます。

そんな中、現在の浅野温子さんの劣化画像がヤバいと噂されているようです。

一体どういうことなのでしょうか。

現在、浅野温子さんは57才です。

いくら女優でも年齢的には仕方ないと思いますが…。

こちらが最近の浅野温子さんですが、劣化したとは思いません。

お若い頃から大人っぽい印象だったので、むしろ現在は実年齢よりお若く見えますよね。

このことにより、こちらの噂もガゼだったようです。

トレンディー女優として、人気を博していた浅野温子さんも現在57歳になられていますが、相変わらずお綺麗で女優として活躍されています。

しかし、最近はメディアへの登場が少ないため、夫が認知症でその面倒をみているのではないか…などの噂が囁かれていましたが、デマだったようです。

読み語りという、新境地で今後は活躍されるのでしょう。