大相撲の元横綱・朝青龍。

最近は、相撲界に暴力事件が相継ぎ問題になっていましたが、過去に朝青龍も起こしており、大問題に!

彼が起こした暴力事件の真相や関東連合との喧嘩とは、一体どういうことだったのでしょうか。

プロフィール

朝青龍明徳(アサショウリュウ アキノリ)大相撲の元横綱。

1980年9月27日生まれ、モンゴル・ウランバートル出身。

本名はドルゴルスレンギーン・ダグワドルジ。

15歳でモンゴル相撲を始め、ナーダムの相撲少年の部で優勝した。

1997年、日本の明徳義塾高校に相撲留学し、翌年には同い年で文徳高校のエース内田水と対戦も惨敗喫し翌々年若松親方(当時・現高砂親方。元大関・4代朝潮)によるスカウトにより、高校を中途退学して角界に入門した。(後にモンゴルで取得した単位が認められて2003年9月に卒業した。)

高砂部屋に入門し、1999年1月場所で初土俵。2003年に初土俵から25場所で、モンゴル人として初めて第68代横綱に昇進。幕内優勝25回(歴代3位)という圧倒的な強さで人気を博すが、暴行問題により2010年2月に引退。

四股名は高校在学時に世話になったという高知県土佐市の青龍寺に由来している。

また「明徳」という名は出身校の明徳義塾高等学校にちなんで名づけられた。

師匠の高砂は朝青龍について「一番手こずらされた弟子」と評しており、「取組後の感情がコントロールがうまくない、すぐに泣く、騒動時はショックで放心状態だったりと、感情の起伏が激しく繊細」と分析している。

後年こそふてぶてしい性格で知られるものの、新入幕から新三役までの時期に関しては雑誌『相撲』にて「純真そのもの」と評されていた。

関東連合との喧嘩事件の真相

朝青龍は、現役時代数々の“不祥事”を起こしたことも有名で、横綱在位中の2007年7月、腰の疲労骨折などを理由に夏巡業を欠場したにもかかわらず、モンゴル帰国時にサッカーに興じていたことが報道され大問題に、さらには暴行事件を起こし、結局そのことがきっかけで引退されています。

その暴行事件とは、2010年1月場所中の7日目未明、朝青龍は泥酔して暴れる騒動を起こしたと報じられ、同1月場所の千秋楽翌日に、日本相撲協会の武蔵川理事長から厳重注意処分を受けましたが、それから3日後被害者は、当初名乗り出たマネージャーではなく、一般人の男性だったことが発覚しました。

そして、その被害者男性は元暴走族(関東連合)のリーダーであり、2011年に知人男性を暴行した傷害容疑で、逮捕されている川奈毅氏でした。

騒動の場は、朝青龍がお気に入りの六本木の「フェリア」というクラブで、泥酔状態の朝青龍が客の女性に手を出し、いさかいとなって店を出た際に「もう来ないでくれ」と、告げたのが「フェリア」を任されている川奈毅氏。

その言葉にキレた朝青龍は、川奈氏を車の中に拉致監禁、殴って鼻骨骨折の重傷を負わせ被害にあった川奈氏は、診断書を持って麻布署に駆け込み、民事刑事で朝青龍を痛い目に合わせようとしました。

しかし、横綱の“ややこしい筋”のつきあいも半端ではなく、川奈氏の断りきれない暴力団関係者などが何人も登場し、彼らのメンツをつぶすわけにはいかず、結局、1500万円の示談金で決着したとのこと。

現在の仕事は?

現在引退をした外国人力士は日本国籍を取得して、日本で相撲協会に所属して、部屋の親方となるケースも多いのですが、朝青龍は帰化をしていないため親方にはなることがなく、相撲界を引退した後は妻子を連れてモンゴルに帰国をしています。

帰国後は、レスリング協会名誉会長という地位に就きました。

祖国モンゴルで朝青龍は、レスリング選手の支援活動を行っていたそうです。

さらに2013年に、レスリング協会会長に就任をしています。

そして、モンゴルでは関東全域と同じ広さという、50万ヘクタールの土地を有する大実業家。

広大な農地で蕎麦や野菜を栽培し日本に輸出したいと語る姿に、「政治を目指しているのでは」という噂も囁かれていますが、本人は今のところ否定しています。

さらにビアガーデンなど、外国の食文化を広めることにも熱心ともいわれています。

もともと朝青龍の父親と、朝青龍の兄のブルー・ウルフさんなどは実業家として、牧場や銀行、旅行会社、人材会社など、手広く事業を行っています。

このことから朝青龍も、栽培業だけでなく銀行経営までしていることも明かされています。

そんな様子から、現在は実業家で成功され、年収は数億円になるともいわれています。

2010年泥酔した朝青龍は一般人に暴行を加え、警察が出動する事態に。被害者との示談が成立するも、日本相撲協会から引退勧告を受けた彼は角界から引退することとなりました。

この真相は、かなり裏社会が絡んでいたことがわかりましたが、現在の朝青龍は帰国し、実業家として大活躍されています。

これからどのような事業に参加していくのか、とても期待できますね。