ブル中野といえばかつては、悪役レスラーの集団の「極悪同盟」の一員として一世を風靡しました。

そんな、元女子プロレスラーとして活動をされていたブル中野は、現在痩せてすごい美人になったとの噂!

結婚もした?!

プロフィール

ブル中野(ブルなかの)元女子プロレスラー。

本名は青木恵子(あおきけいこ、旧姓・中野)。

1968年1月8日生まれ、埼玉県川口市出身。

あだ名はブルちゃん、ブル様。

アメリカのWWF世界女子ヘビー級王座を獲得した唯一の日本人。

他にWWWA世界ヘビー級王座獲得多数。

日本の女子プロレスが絶頂を極めた1990年代、その頂点として君臨した。

引退後はタレントに転向、また中野区内において『ガールズ婆バー中野のぶるちゃん』も経営している。

プロレスファンの母の影響でプロレスを見るのは好きだったものの、やるのは不本意だったという。

当時は全日本女子に入門するほとんどの者が女子のスターレスラーに憧れて入門していたが、中野は母が好きだったレスラーがアントニオ猪木だった影響から猪木に憧れていた。

中学時代までは水泳・柔道をしており、柔道の埼玉県大会で2位を獲得している。

1980年、中学校1年生の時に全日本女子プロレスのオーディションを受け合格、入門を目指す練習生となる。

1983年、全日本女子プロレスに入門。

二度のプロテスト不合格の後、三度目のプロテストでの正式入門だった。

同年9月23日の戸田市スポーツセンター大会にて、本名の中野恵子でプロデビュー。

現在の姿については次ページから!!


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!