最初に結論!現在の北斗晶さんの病状は、テレビでは元気な姿を見せていますが、今も通院する日々を送っていることを、ブログで明らかにしています。

乳がんとなり、一時期芸能活動を休止していた北斗晶

今はがんと向き合い、仕事復帰をして元気な姿を見せてくれていますが、現在の病状はどうなのでしょうか。

ステージや余命についても発表して話題になっている。

プロフィール

北斗晶(ホクト アキラ)タレント、元プロレスラー。

1967年7月13日生まれ、埼玉県出身。

O型。

本名、佐々木久子(ささきひさこ)、旧姓・旧リングネーム、宇野久子(うのひさこ)。

1985年3月、全日本女子プロレスに入門し85年6月に岩本久美子戦でデビュー。

95年、プロレスラーの佐々木健介と結婚。

02年引退。

引退直後は主婦業に専念していたが、2003年のWJプロレス退団後、苦労する夫・健介を支えるべく、健介のマネージャー役としてプロレス界に復帰、健介の復活を支えた(2004年には、健介officeが発足)。

また「埼玉の主婦の喧嘩」と称して全日本プロレスで試合をすることもある。

バラエティ番組などで人気があり、テレビ出演も多い。

『踊る!さんま御殿!!』や『笑っていいとも!』や『さんまのまんま』などにゲストで出演した。

2007年5月からは『北斗晶の鬼嫁運動記者倶楽部』(2009年4月からは『北斗晶の鬼嫁運動記者倶楽部・勝ちグセ。』、同年12月26日終了)にレギュラー出演した。

2005年11月15日に健介officeを株式会社化し、代表取締役社長として会社経営に携わることとなった。

プロレス興行とタレントマネジメントを兼ねた会社として運営している。

髪の毛事情は?

2015年9月に乳がんのため、右胸全摘手術を受けた北斗晶さん。

術後は、薬の影響でなかなか髪の毛が生えてこないことを自身のブログで明かしており、2016年7月にはもみあげだけ伸びてくるためカットしたことを報告されていました。

同年9月には、がんになる前は腰までのストレートロングスタイルだった北斗晶さん。

しかし、現在のショートヘアの方が楽と語っていましたが、この時もまだ前髪は生えてこないことについて言及していました。

一年前には、前髪はカツラを使用していることを明かしていた北斗さんですが、現在は地毛で生活しているようです。

その後、春の嵐で自身の髪がボサボサになったことを明かし、ボサボサになるくらい髪が生えてきたことの喜びを、ブログで投稿していた北斗さん。

このように徐々に髪の毛が生えてきていることを公開している北斗さんですが、手術から3年経った現在も北斗さんの髪の毛事情はいまだに完全復活されたわけでは無いようです

病状は?

乳がんのため、約1年2ヵ月の芸能活動を休止して現在は元気に仕事復帰をしている北斗晶さん。

しかし、手術した当初、主治医から余命宣告をされていたと言います。

北斗さんによると、乳がんのステージは2だったそうで、5年後の生存率は50%と主治医から聞いたそうです。

そして、北斗さんは同じようにがんや病気で苦しんでいる人に「北斗が頑張っているから頑張ろう」と思ってもらえたら、右胸をなくしたことも無駄ではないなどと気丈に話しました。

手術をしても、5年生存率が50%であると言うことを知らされた北斗晶さん。

それでも気丈に仕事をし、子供達のために自分がいなくなった時のことを考えて生活をしています。

北斗さんはがんを告知された後、最初にしたことは「保険の整理とファイリング」だったそうです。

そして、現在の北斗さんの病状は、テレビでは元気な姿を見せていますが、今現在も通院する日々を送っていることを、ブログで明らかにしています

検査を続けながら再発しないように、がんと向き合いながら生活されているとのことです。

現在の最新情報がブログで明らかに!?

これまで行われていた手術は右乳全摘出手術、そして、その際に腋窩リンパ節まで転移していたことがわかり、腋窩神経まで切除した北斗晶さん。

その後、MRI検査の時も担当医師から転移がみられないと告げられていて、順調に回復を見せ、治療はホルモン治療に切り替わり、数年かけてゆっくり治療する方法になっているそうです。

副作用も強くはないようで、仕事はできる状態とのこと。

そんな中、北斗晶さんがほぼ毎日のように更新している、自身の公式ブログが話題になっています。

そのブログの内容は、北斗さんや家族の日常が綴られており、先日は「ある日の出来事」という題名で、夫・佐々木健介さんと並ぶ15歳次男の後ろ姿を公開

父親と身長差がほどんどなくなった息子に驚く母親の目線から、投稿されていました。

幼い頃の北斗さんの息子さんたちは、家族でテレビ出演をよくされていたので、その印象が強いためブログ読者からも「いつの間にこんなに大きくなっていたの?」と、驚きの声が寄せられていました。

北斗晶さんは、乳がんでステージ2で実は余命宣告も受け、5年生存率50%と告げられたことも明らかにされています。

そして、現在は芸能界復帰をして病状も安定していますが、定期的に通院して検査を受ける日々は続いています。

公式ブログでは、自身の病状や家族の日常など投稿されています。

今後も北斗晶さんの健康を心から願っています。