「キレてないですよ」というキャッチフレーズで、大ブレイクした長州小力さん

健康番組に出演し糖尿病と診断され、死亡説まで浮上したこともありました。

そんな長州小力さんの現在とは?

キレてないですよの都市伝説も明らかに!!

プロフィール

長州小力(本名:久保田和輝)1972年2月5日生まれ。

お笑いタレント。

所属事務所は西口エンタテインメント。

実家は主に小学校に学校給食用の野菜を卸していた八百屋で、裕福な生活をしていた。

しかし父の死で借金が発覚、更にはO-157の影響で業績はガタ落ち。

引き継いだ八百屋の経営を母と二人で頑張るも、結局倒産してしまう。

その後、「勉強も出来ず、商売の才能も無い自分が“逆転”するには芸能界しか無いな」と悟り、芸能界入りを決意する。

芸人になった当初は本名で活動しており、スーツ姿で人形を片手に人形相手に漫談するというスタイルで7年間活動するも全く売れなかった。

他には後のアントニオ小猪木、ジャイアント小馬場、佐々木孫悟空、ウクレレえいじらと「ラブ兄弟」なる5人組コントユニット(ラブ兄弟内での当時の芸名は「ラブホタル」)を組んだり、ジャイアント小馬場、佐々木孫悟空らとトリオ「おなやみ団」を結成して活動していた時期もあったが、これらも全く売れずに程なくして解散する。

これらの紆余曲折を経た後、西口エンタテインメントに所属し、お笑いプロレス団体の西口プロレスのメンバー・長州小力として活動する事となる。

その後、R-1ぐらんぷり2005決勝進出やフジテレビ系、『めちゃ×2イケてるッ!』の第8回笑わず嫌い王決定戦に出演をはたすなど、2005年初頭から人気が急上昇していく。

2005年にHINOIチームと『NIGHT OF FIRE』に併せてパラパラを踊る姿(通称『小力パラパラ』)を披露すると、これが「キモかわ」系で若い女性に受けて一大ブレイクを巻き起こした。

その結果、プロレスラーモノマネ師から、ゴールデン帯を席巻する人気タレントに飛躍できた。

ブレイク時は月収2000万円台の時もあったという。

しかし、ブームが過ぎ去った現在ではいわゆる「一発屋」としてテレビに出演する事が多い。

「キレてないですよ」の都市伝説

長州小力さんといえば、プロレスラー・長州力さんのものまねですよね。

その中でも「キレてないですよ」という、長州力さんの滑舌の悪さをうまいこと捉えた一言です。

その後このネタは、長州小力さんの代名詞となりますが、実はこれには”都市伝説”があるそうです。

誰もが「キレてないですよ」と言っていますし、このように文字でも「キレてないですよ」とされています。

しかし、ご本人の長州力さんは「キレてないですよ」と言っていなかったようなのです!!

一体どういうことでしょうか?

これは、長州力さんがプロレス現役時代の試合後に、インタビューされた時に発言されたとされています。

そのことがのちに、長州力さんのものまねといえば…という代名詞になったようです。

ちなみに、10.9決戦の対安生洋二戦後のインタビューとのこと。

では実際にこの時のインタビュー動画を見てみると、なんと本当は「キレちゃないよ」と、長州力さんは答えていたらしく、「キレてないですよ」とは言っていなかったのです!

このように、”都市伝説”とされていましたが、実際には本当のことだったようです。

さらに、この「キレてないですよ」ネタは、テレビでくりーむしちゅーの有田哲平さん扮する長州力さんのものまねを見た長州小力さんが、感銘を受け「あとは健介に任せますから」のフレーズから変えたそうです。

ですから、オリジナルものまねは、くりーむしちゅーの有田さんになるわけですね。

現在

そんな長州小力さんですが、2005年にテレビ番組出演してから一気に知名度と人気を挙げ、数年後には人気が落ちいわゆる”一発屋芸人”と呼ばれるようになりました。

ブレイクから十数年経った現在でもお笑い芸人として活動していると言われていますが、現在ではブレイク当時ほどにテレビなどで姿を見ることはありません。

では、長州小力さんの現在は、どうしているのでしょうか?

長州小力さんは現在、結婚式の余興などに出演し、給料を稼いでいます。

やはり、一世を風靡したパラパラや「キレてないですよ」というネタは盛り上がるようです。

最初は「切れる」という言葉から、縁起を担ぐ結婚式でネタを披露していいか悩んだようです。

しかし、それを逆手にとって「キレてないですよ」ではなく、「結婚するお二人の縁は切れないですよ」と、スピーチをしたところかなり評判が良く喜ばれたと言います。

それからは、「キレてないですよ」のネタを活かしたスピーチを披露しており、評判も上々のようです。

もちろんスピーチの最後には、パラパラも欠かさずに踊り、場を盛り上げているそうです。

そして、イベントなどいわゆる地方営業が主な仕事のようですね。

1回でどれほどの収入かは分かりませんが、現在ではこうして月収を稼いでいるようです。

ちなみに、他人の結婚式でネタやパラパラを披露する長州小力さんですが、ご本人は結婚されているでしょうか?

調べてみたところ、現在でも結婚をしておらず独身だそうです。

結構願望があるかどうかは不明ですが、既に両親ともに他界をしていると言われており、1人で生活をしているようです。

まとめ

長州小力さんは、2013年9月に医療番組『駆け込みドクター』で番組史上最悪の結果となる19項目の異常値という非常事態に。

脂肪肝や高脂血症、さらに糖尿病や逆流性胃腸炎など、医師たちも驚く結果となってしまいました。

この中でも特にひどかったのが糖尿病となっています。

その原因は、午後に起きて肉を中心に3800kcalを摂取するなど、とにかく食べて寝るという生活や食の乱れが大きく関係していました。

長州小力さんはその後、糖尿病の治療に励むことに。

しかし、糖尿病の合併症である糖尿病性腎症を発症していることが発覚しています。

また、糖尿病性腎症は人工透析となる頻度が最も多い合併症となっており、これが原因で透析患者となった割合は全体の約44%とかなり高い数値となっています。

長州小力さんが合併症を発症してしまったのは、対策が遅くなってしまったことが原因だそうです。

このことで”死亡説”もささやかれたようですが、現在も長州小力さんはお元気でいらっしゃいます。


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!