最初に結論!半田健人さんは現在、俳優だけではなく音楽活動にも力を入れているようで、ライブ活動も精力的にされているようです。

イケメン俳優の登竜門で、仮面ライダーシリーズである「仮面ライダー555」の主演を演じ、一躍人気を博した半田健人

最近、テレビで見かけることが少なくなってきているとの声も…

そんな彼の現在は、何をしているのでしょうか。

プロフィール

半田健人(ハンダ ケント)俳優、歌手。

1984年6月4日生まれ、兵庫県出身。

O型。

2001年、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストの最終選考会出場者(ファイナリスト)に選ばれたことをきっかけに芸能界入り。

2002年、『ごくせん』第5話のゲスト出演でドラマデビュー。

2003年、『仮面ライダー555』の乾巧 / 仮面ライダーファイズ役で初主演を飾る。

『史上最年少のイケメンライダー』(当時)として知名度を上げた。

2004年、『タモリ倶楽部』への出演を機に、高層ビル好きであることが知られるようになる。

その後、同番組や、バラエティ番組等への出演を通じ、鉄道、昭和歌謡といったジャンルへの造詣の深さも、徐々に明らかになる。

2014年3月29日公開の『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』において、10年ぶりに乾巧を演じる。

2014年5月28日、オリジナル・アルバム『せんちめんたる』をリリース。

2015年、田中清司・Jun DogGodとユニット「Rose Cult(ローズ・カルト)」を結成、6月4日にdues新宿にて「ROSE-CULTの誕生」と題して生演奏を行った。

2016年10月26日、初のメジャーデビューシングル「十年ロマンス」をビクターよりリリース。

2017年11月1日、全曲宅録(自宅録音)による自身の楽曲(一部既存曲)で構成されたアルバム、「HOME MADE」をビクターエンタテインメントよりリリース。

結婚してる?

半田健人さんについて検索すると、表示されるのが「結婚」というワードが出てきます。

さて、半田健人さんは結婚しているのでしょうか。

そこで結婚しているのかどうかを調べてみたところ…

どうやら結婚はしていないようで、今も独身のようです。

そんな半田健人さん、なぜこのような噂をされてしまったのでしょうか。

それは、女優の芳賀優里亜さんの存在です。

芳賀優里亜さんといえば、もともとはモデルさんをやっていた方で、印象的なのはセブンティーンというファッション誌です。

そんなセブンティーン時代を経て、女優業へ転身されました。

女優としてのデビューは2003年に放送された、仮面ライダー555のヒロイン役、園田真理を演じたことです。

そしてこの仮面ライダー555では、主演が半田健人さんでした。

そんなお二人は、2003年に共演してから、2015年までずっと熱愛の噂がありました。

終いには「結婚」の噂まで広まり、一時期大騒動になりました。

ですが、2017年に芳賀優里亜さんは俳優の鎌苅健太さんと結婚を発表。

このことに半田健人さんもお祝いのコメントを寄せています。

長年、芳賀優里亜さんの彼氏は半田健人さんと噂されていましたが、結局今までのことが”デマ”だったと芳賀優里亜さんの結婚でわかりました。

そのことから「結婚」というキーワードが、検索されているようです。

現在、何してる?

俳優として活躍していた半田健人さんですが、最近は姿を見なくなりました。

その影響もあり、ネットで現在の半田健人さんについて調べる人が増えているようです。

そんな半田健人さんといえば、仮面ライダー555で主演を演じ、大きな注目を集めました。

そして、歴代の平成仮面ライダーを務めた役者は皆、俳優として大成しているため、ライダーシリーズの主人公に抜擢されたからには、半田健人さんも人気俳優になるのだろうと思いきや、意外なことに活躍は伸びなかったようです。

では、現在の半田健人さんの仕事について調べてみたところ…

今も俳優として仕事を続けているようです。

仮面ライダー555の役として、スーパーヒーロ対戦GPに出演をしています。

他にも、ドラマ「そこをなんとか2」に出演していたようです。

目立った活躍こそはないものの、地道に俳優として仕事をしています。

そして、俳優だけではなく音楽活動にも力を入れているようで、ライブ活動も精力的にされています

一時期より、俳優としては干されてしまった状態の半田健人さん。

戦隊シリーズの映画があるおかげで、歴代ライダー枠に呼ばれるため、再び活躍するチャンスはおおいにあると思います。

さらに現在は、音楽活動の方に力を入れているようです。

チャリティーコンサートなどにも出演していますので、今後は歌手・半田健人として活躍されるかもしれません。