2004年頃、「○○ですから~!残念!」というフレーズが特徴的な『ギター侍ネタ』で一世を風靡したピン芸人の波田陽区さん

そんな波田陽区さんにある噂『ディズニー出禁説』『フェニックス事件』について見ていきたいと思います。

プロフィール

芸名:波田陽区(はた ようく)

本名:波田晃(はだ あきら)

出身地:山口県下関市

生年月日:1975年6月5日(42歳)

中学校時代はバドミントンのダブルスで全国大会ベスト16に入ったこともある実力者だったそうです。

大学卒業後はコンビニでアルバイトをしながら、芸人を目指して活動をしていたようです。

そんな波田陽区さんがブレイクしたのは2004年~2005年までの約一年間という、かなり短い期間でした。

きっかけは、お笑いコント番組『エンタの神様』での『ギター侍』ネタのブレイクでした。

軽快な毒舌と分かりやすい言い回しに、子どもから大人まで、当時は誰もがまねしていました。

そんな『エンタの神様』でのブレイクから半年後、他の番組への出演も解禁となり、いろんな番組から出演依頼が殺到し、1日の出演番組は一気に4~5本程へと増えたそうです。

当時は、CDを出せばオリコン4位になり、本を出せばミリオンセラーを記録し、流行語大賞にもノミネートされるなど、まさに大波に乗って怖いものなしの状態だったそうです。

しかし、その後は一気に人気が落ちていき、今ではほとんどテレビで見かけることがなくなっています。

フェニックス事件とは?

波田陽区さんは、テレビ出演が減ってから様々なことにチャレンジしています。

最近では、金色の衣装を身にまとい、様々なところで金色の羽を広げながら「フェニックス!」と叫ぶ、『こんなところにフェニックス』ネタを動画で撮影し、YouTubeに投稿しているようです。

波田陽区さんはYouTubeにチャンネル登録もしているようですが、『こんなところにフェニックス』動画の投稿は、ここ1年ほどの間にはほとんどされていないようです。

昨年の11月末にTwitterで『こんなところにフェニックス』画像をアップすると、ファンから「お疲れ様」「ご無沙汰してました」「頑張ってください」と励まされたり懐かしがられたりするほどです。

まさに、「『フェニックスネタ』忘れられかけていますから~。残念!!」ですね。

YouTubeチャンネル内にはこの『フェニックスネタ』が何十本と公開されています。

中には10万再生を超えている動画もありますが、そのほとんどが再生数に伸び悩んでいるものばかりです。

また、視聴者からも「面白くない」などと言われており、約9割の人がマイナス評価をしているようです。

そんな波田陽区さんの『フェニックス事件』は、めちゃイケ番組内での『お笑いトライアウト』という企画で起きたようです。

番組内で、例の『フェニックスギャグ』を披露した波田陽区さん。

しかし、いまいちウケず、ネタを見ていたよいこの濱口優さんからも「YouTubeでもみたことあるけど、クソほどおもんなかった」とばっさり批判されてしまいました。

そこで焦った波田陽区さんは、実在するオペラ歌手を斬るという『オペラ侍』を披露し始めますが、ネタの途中で自分で笑ってしまったりと大失敗。

撃沈してしまいました。

業界関係者からの評価も最低なもので、波田陽区さん本人もスタジオも冷え切ってしまうような結果になってしまったそうです。

続きは次ページから!!


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!