80年代後半から90年代前半にかけて日本を圧巻し絶大な人気を誇っていたジャニーズグループ『光GENJI』

当時の人気は相当なもので、今でも「伝説のアイドル」「最期のスーパーアイドル」としてその活躍が語り継がれていますが、1995年に活動期間8年という早さで解散してしまいました。

デビューから丸31年経った今、メンバーは何をしているのでしょうか?

また、解散に至った経緯とは!?

メンバーの逮捕や不仲説、壮絶なプライベートなど波乱万丈な7人の今について詳しく見ていきましょう!

プロフィール

1987年に鮮烈なデビューを果たした7人グループ「光GENJI」。

ジャニーズJr.の中から選抜された諸星和己さん、佐藤寛之さん、佐藤敦啓さん、山本淳一さんからなる「GENJI」とジャニーズ・シニアとして活動していた内海光司さん、大沢樹生さんの「光」という2つのグループが合体して結成されました。

「GENJI」のメンバー選抜には元SMAPの中居正広さんも含まれていたと言われており、当時は週3回ローラースケートの練習に励んでいたのだそう。

1987年6月25日に東京・後楽園でデビューし、同年8月に「STAR LIGHT」でレコードデビューを果たします。

当然のごとくオリコン1位を記録。

その後8枚目のシングルまで全て1位を記録しています。

デビュー後すぐに人気が高まり、あっという間に日本の男性アイドルの先駆けとしてブームを巻き起こした光GENJIは、翌年の年末には第30回日本レコード大賞を受賞。

その後も数々の記録を打ち立てていきます。

■ミュージックステーション

デビューから92年まで5年間、タモリさんが司会を務める音楽番組『ミュージックステーション』(テレビ朝日)で異例のレギュラー出演を果たし、総出演回数234回という記録はいまだに破られていません。

レギュラー出演が終了したあとも、同番組ではジャニーズグループは毎週1組は出演するなど、光GENJIの活躍が『ミュージックステーション』とジャニーズ事務所との間に大きな土台を作ったと言われています。

■1番人気だった諸星和己伝説

メンバーの中でも特に人気を誇っていた天真爛漫なキャラクターの諸星さんは、プライベートにも関わらず、飲食店にローラースケートで現れたり、当時こちらもトップアイドルだった松田聖子さんと中森明菜さんを同時に口説いてみたりとかなり派手な行動をしていたのだそう。

また、バレンタインには毎年4トントラックが30台ほど出動し、それはそれは大変な量だったと今でも伝説として語られていますが…

「嘘でしょ!?」というようなことも「かーくんだったらあり得る!」と周りを納得させてしまうところが当時の光GENJIをはじめ、諸星さん人気がどれほど爆発的なものだったのか想像させますよね。

解散理由

数々の記録を残し、日本中にブームを巻き起こした光GENJI。

トップアイドルとしてさらに活躍の場を広げると思われていた矢先、1995年9月、デビューから8年という早さで解散という結果に…。

解散理由については様々な報道が流れていましたが、一体どのような理由があったのでしょうか?

■みんな疲れていた

現代のアイドルとは比べ物にならないほどの人気だっただけにメンバーたちの疲労は想像を絶するものだったのでしょう。

個人個人のプライベートがあるはずもなく、道端を歩けばファンが集まり、常に見られている生活は確かにそう長くは続かないですよね。

70年代をする女性アイドル・ピンクレディーは当時を振り返って「忙しすぎて自分たちがどこにいるのか分からなかった」と語っていましたが、光GENJIも同じような状態だったと言えます。

■諸星さんと大沢さんの不仲説

活動中から仲が悪かったという2人。

不仲説について「悪いですよ!仲は悪いですけど仕事はできますから。何のために2人でやるのか…。生活のためですよ!」あっさり認める諸星さん。

大沢さんも「仲が悪いとかそういうレベルじゃないんですよ。まったく合わない!」と語り、そもそも好き嫌いの問題ではなく根本的に合わないのだと暴露し質問した取材陣を圧倒させるコメントを残しました。

解散後はまったく顔を合わせることのなかった2人ですが、最近はテレビ番組で共演を果たすなど、徐々に関わる機会も増えてきているようです。

お互いに大人になったのかもしれませんね!

■解散したくないメンバーも

解散当時22歳だった佐藤アツヒロさん。

20歳を過ぎてやりたいことが見えてきたところでの解散だったため、「(最年少ということもあり)自分はグループのためにこうしたいとか、いろんな考えをいうことができずに終わってしまった」と後悔の気持ちも残っているんだとか。

解散したくないと思っているメンバーがいてもグループでの決断となると飲み込むしかない状況もあるのでしょう。

SMAPもそうだったのでしょうか?

グループで活動する難しさでもありますね。

メンバーの現在は?

■内海光司さん

最年長で現在50歳の内海さん。

現在もジャニーズ事務所に所属しており、舞台などコンスタントに役者として活躍しています。

ちなみにまだ独身だそうです。

■大沢樹生さん

現在49歳の大沢さん。

94年に光GENJIを脱退、ジャニーズ事務所も退社しています。

その後は元女優の喜多嶋舞さんと結婚しますが、2005年に離婚。

2人の間に生まれたとされる息子の親権を2007年から大沢さんが持つことになりましたが、実は大沢さんとの父子確率が0%だと判明。

大きなニュースとなりました。

2008年には一般女性と再婚しており、何かとプライベートで話題の絶えない大沢さん。

現在は俳優・監督・タレントとして活動し所属事務所・株式会社ミキオオフィスの代表取締役社長を務めています。

■諸星和己さん

現在47歳の諸星さん。

トップを走り抜けてきた大物感は今でも健在ですね!

95年のグループ解散と共にジャニーズ事務所から独立し、個人事務所を設立。

現在もアーティスト・タレントとして活動しています。

大沢さんとの不仲は周知の事実ですが、40歳の誕生日を迎えた2010年にバースデーライブを行った際は、元光GENJIメンバーで同い年の佐藤寛之さんがアンコールで登場するなど、他のメンバーとは今でも交流がある人もいるようです。

数多くのアイドルや芸能人と噂になっていましたが、現在も独身を貫いています。

■佐藤寛之さん

現在47歳の佐藤寛之さん。

大沢さんと同じタイミングでグループを脱退、ジャニーズ事務所も退社しています。

その理由について「光GENJIは7人でなければ意味がないと思った」と明かしています。

表舞台に出ることは少ないですが、ソロやバンド活動、地方のライブハウスなどで地道に現在も活動し、自分のやりたい音楽を続けているようです。

光GENJIで1番の成功者と言われる佐藤さん。

現在も独身貴族を貫いています。

■山本淳一さん

現在46歳の山本さん。

2001年に遠山景織子さんとの間に長男を授かったものの入籍しないまま破局。

2002年にジャニーズ事務所を退社しています。

女性関係での悪評も多く、現在は年下の一般女性と再婚しているようですが、二股をかけていたり、借金返済のために奥さんを夜の店で働かせようとしたなどなど聞くに堪えない噂ばかり。

一時期は借金問題で追い込まれたのちに、松山の道後温泉にあるバーで働き生計を立てているようでしたが、現在はどうしているのでしょうか?

40代も後半に差し掛かったいい歳ですから、そろそろ落ち着いて家族を安心させてもらいたいですね。

■赤坂晃さん

現在45歳の赤坂さん。

グループ解散後もジャニーズ事務所に残り、俳優として活動を続けていました。

2001年に一般女性と結婚し長男も誕生し順風満帆な生活を送っていると思われていましたが、2007年に覚せい剤を所持していたとして覚せい剤取締法違反の疑いで現行犯逮捕。

その後ジャニーズ事務所を解雇されています。

2009年には執行猶予期間中にも関わらずまたも覚せい剤所持・使用の疑いで逮捕され懲役1年6カ月の実刑判決(求刑懲役2年)を受けました。

2015年には舞台・テレビで芸能界復帰を果たし、今年6月にはニューシングルをリリース。

音楽活動も再開しています。

■佐藤アツヒロさん

現在44歳の佐藤アツヒロさん。

佐藤敦啓からサトウアツヒロ、その後現在の佐藤アツヒロに改名しましたが、現在もジャニーズ事務所に所属し俳優・歌手として活動しています。

ソロ曲は全て自作でギターやブルーハープ、サックスなどにチャレンジした経験もあり多彩な才能を見せる佐藤さん。

舞台にはコンスタントに出演しているようですから、今後メディアへの露出も期待できそうですね!

いかがでしたか?

7人がそれぞれの道を進んだ光GENJI。

華々しい活躍の裏には多くの苦労があったようですが、ファンは彼らを忘れることはないでしょう。

再結成はあるのでしょうか?

今後の活躍に期待したいですね!


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!