女子高生への強制わいせつ騒動で書類送検(起訴猶予)され、ジャニーズ事務所から契約解除となった、元TOKIOのメンバー・山口達也

謝罪記者会見後に再入院し、現在も入院中?

変わり果てた頭髪姿も話題になっている?

プロフィール

山口達也(ヤマグチ タツヤ)元アイドル。

1972年1月10日生まれ、埼玉県出身。

O型。

ジャニーズ事務所所属のグループ・TOKIOの元メンバー。

1993年、出演したドラマ『同窓会』で斉藤由貴演じる主人公の女性を相手に「売り専」をして男性とのホテル代を稼ぐバイセクシュアルの少年という役柄をこなす。

1994年、TOKIOとして「LOVE YOU ONLY」でCDデビュー。

1997年、日本テレビ系『24時間テレビ20 愛は地球を救う』で100キロマラソンに挑戦。

2008年3月8日、午前10時に5歳年下の元モデルと婚姻届届出。

同日夜の日本武道館ライブでファンに報告した。

TOKIOの中で最初の既婚者であった。

2008年5月6日、午後5時18分、第1子となる男児が誕生。

2010年9月17日、第2子(男児)誕生。

2016年8月、離婚。

その他、日本テレビ系バラエティ『おネエ★MANS』、同系情報番組『ZIP!』、同系バラエティ『幸せ!ボンビーガール』、NHKバラエティ『Rの法則』などに出演。

2018年5月、ジャニーズ事務所の契約解除を発表。

頭髪姿が話題に

現在の山口達也さんは、「身も心もボロボロです」とのこと。

病棟内では、食事ものどを通らず、不眠のためか、目の下には大きなクマができていて、山口さんのそばには兄弟と両親が常時付いているそうですが、会話はほとんどないそう。

決まった時間というわけではないが、1日のうちに数回、ベッドの上で号泣しているという話もあります。

そんな山口さんの容姿にも、かなりの変化が現れているという。

謝罪会見で山口さんは、髪をオールバック風にしていましたが「これは頭を下げた時に“薄さ”がバレないようにするため」との声があがっています。

山口さんは以前からサーフィンが趣味であり、ファンの間ではかねて毛根へのダメージを心配されていました。

そして何より、今回の過度なストレスで、この短期間で一段と髪の「薄さ」が進行した様子

その噂を聞きつけ、某写真週刊誌が近影を撮ろうと狙っているとの声も。

このことから心身の不調により、山口さんの容姿は変わり果ててしまったようです。

現在、入院してる病院はどこ?

未成年への強制わいせつ容疑で、書類送検(起訴猶予処分)となった元TOKIOのメンバー山口達也さん。

山口さんは東京近郊にある心療内科専門病院へ入院されていました。

その病院は、窓の外には大きな木が植えられ、外部との接触を遮断。

施設の内外はインターホン付きの扉で厳重に管理されており、部外者は立ち寄れないそう。

そして、政治家や芸能人が人目を忍んで入院したい時に使われることが多い、隠れ家的なVIP病院とのことです。

では、その病院とは一体どこなのでしょうか。

調べてみたところ…

神奈川県横須賀市にある病院「久里浜医療センター」が有力で、国立の医療機関として初のアルコール症専門病棟を設置したことでも有名な病院です。

この病院での目撃情報もあるようで、ネットではここに入院してたのではないかという噂が出回っているようですね。

さらに、2016年に高畑裕太さんが釈放後、入院した病院ともいわれていて、その病院は埼玉にある心療内科病院「北辰病院」で、「北辰(ほくしん)」系列の心療内科「楽山(らくざん)」に入院しているのではないかとの噂もあります。

この北辰病院は「5つ星」と評価されていて、豪華な設備があるといいます。

主に完全個室で、インターネット、テレビ、DVD、キッチン、カードキー、トイレ、送迎バスなどがあり、入院患者には個別にパソコンが貸与されるほか、料理も目の前で作ってくれるサービスがあり、アルコールも自由。(山口さんの場合は、アルコール依存症の疑いがあるのでおそらくはNG)

その他にトレーニングルーム、スパトリートメント、図書館、シアタールームなどリフレッシュ設備もあり、入院患者のためにアーティストを呼んで、毎週のようにミニコンサートも行われているそうです。

現在は、都内近郊にある“リゾート心療内科”と呼ばれている病院で療養しているとの事ですが、ここでは躁うつ病の治療をしているそうですが、悪化の一途をたどっているようです。

原因はというと、根本的な事で、山口さんが本当に治さなければならないアルコール依存症だからです。

以前、入院していたところならアルコール依存症に定評のある病院だったのですが、プライバシーへの配慮が今のところとは比べ劣っていたとされ、転院せざるを得なかったようです。

そうなると本人の力だけでの完治は難しく、周囲のサポートが必須になってきます。

そんな中、山口さんの元妻が救いの手を差し伸べているとの噂が・・・

「A子さんは山口さんに『治療が一段落したら、ハワイで暮らしたら?』と提案しているそうです。いまも息子たちの父親ですから、助けたい気持ちがあるのでしょう」

 

と話すのは、A子さんの知人。

 

「山口さんがこのまま日本にいたら、いつかは“独り”の生活に戻ることが想像できて、『誰かそばにいてあげなくちゃ……』と心配になっているようです。さすがに同居はないまでも、車ですぐ行ける距離にいれば何かと安心ですからね。ハワイには彼のサーフィン仲間もいますし、土地勘もあります。人目を忍んで暮らすことも不憫に思って、ハワイ移住を勧めているそうです。心身ともにリラックスできる場所ですからね。社会復帰を目指すのに最適な場所だと考えているようです」

出典:https://jisin.jp/

この記事を見ていただいても分かる通り、退院後はハワイでの移住を計画されているようです。

そうしたことから、事件とは切り離して、事務所や家族、仲間が支えてあげてほしいですね。