最初に結論!山口達也さんの現在の姿を『女性セブン』(5月30日号)がついにとらえ、坊主頭になりサングラスをかけ、ラフな姿が大変な話題になっています。

2018年5月にTOKIOを脱退し、ジャニーズ事務所を退所した山口達也さん

かつては、TOKIOのメンバーとして人気を集め、バラエティ番組のMCとしても活躍していました。

そんな彼はある事件をきっかけに芸能界を去ることになったのです。

現在は、病院に入院しているそうで、その姿がヤバいと言われています。

また、髪型もとんでもないことになっているというのです。

一体どのような姿なのでしょうか。

今回は、山口達也さんの現在の姿について紹介したいと思います。

現在の姿

アルコール依存症やうつ病に悩まされている山口達也さん。

入院生活をしていた頃は、憔悴しきった様子と言われています。

ちなみに山口さんの病室は2LDKで家具もなくガランとした殺風景な部屋だったようです。

時折『早く、死にたい』『家族に会いたい』とつぶやいていたとも言います。

しかし、昨年夏ごろには退院し、その後は通院しながら、リハビリやカウンセリングを続けているどうです。

事件当時、山口は家賃100万円ともいわれる都心のタワーマンションに暮らしていたが、昨年の退院後すぐに引っ越し、今は都下のワンルームマンションに単身で暮らしている様子。

現在の姿はというと、坊主頭になりサングラスをかけ、ラフな姿が目撃されています。

髪型がヤバい

山口さんの写真を探してみると謝罪会見をしている時の画像がありました。

オールバック髪型でした。

このときは髪の毛がフサフサだなと思いましたが、以前レギュラー番組で深くお辞儀をしていた時、頭頂部の薄毛が気になりました。

薄毛を隠すためにオールバックにしていたのかもしれませんね。

これまで山口達也さんはいろいろな髪型をしていましたね。

若い頃は、ツンツンショートにしたり、前髪やトップにボリュームを出したふんわりショート。

オールバックでゆるくパーマを掛けた髪型、黒髪や茶髪、金髪などもありました。

山口さんは肌がこんがり焼けているのでどの髪色でもワイルドに見えますね。

ストレスが溜まるのと年齢的なものでだんだん髪の毛が薄くなってくるのかもしれません。

今いる病院やハワイ移住説の真相については次ページから!