最初に結論!稲田朋美さんは現在、ゴスロリファッションに身を包みながら、着々と政治家復帰への機会を窺っているようです。

稲田朋美防衛大臣といえば、籠池問題や自衛隊の日報問題!で、日々かつぎ出されてお茶の間でいつの間にか話題の人物となってしまいましたよね。

さらに、他の大臣の問題発言でしばしマスコミから遠ざかった感じですが、一方で昔から稲田朋美氏が可愛かったと話題に。

政治家に対してこのような見方をするのもいかがなものかと思いますが、インターネットでも稲田朋美氏が可愛いと評判です。

今回はそんな彼女の現在に迫っていきたいと思います。

プロフィール

稲田朋美(いなだ ともみ)

稲田 朋美は、日本の政治家、弁護士。

生年月日: 1959年2月20日

出身地: 福井県 越前市

学歴: 早稲田大学

日本の政治家、弁護士。

旧姓は椿原。

自由民主党所属の衆議院議員、自民党総裁特別補佐・筆頭副幹事長。

実父は政治運動家の椿原泰夫。

かわいいと話題に

稲田朋美氏は、若い頃かなり可愛かったと評判です。

若い時には、網タイツや、ゴスロリファッションで世間からも注目度が抜群だったみたいです。

稲田朋美氏は、福井県出身ということなのでタイツとメガネのフレームは、少しでも地元産業に貢献出来る手段かもしれません。

稲田朋美氏は、だから、いつも眼鏡をかけて頑張って仕事をしているのでしょうか。

しかし、公式行事に網タイツという出で立ちはちょっと年齢的にもNGでしょう?

いくら昔は可愛いと言われていてもです。

稲田朋美氏は、現在の年齢でも、頑張って機会があれば、網タイツと眼鏡というトレードマークは頑なに固執しているということです。

そんな稲田朋美氏の姿勢に対して、Twitterではとても可愛いと評判です。

稲田朋美氏は眼鏡をかけているけど、目なんて全然悪くないという噂も流れています。

悪くなければ、ファッションで眼鏡をつけているのであって、周囲の人たちから可愛いと言われているからついつい調子にのってしまっているところもあるのではないでしょうか。

稲田朋美氏は、現在でも充分可愛いと思いますが、若い頃は世間からチヤホヤされる程相当可愛かったと話題です。

事実、一時は若い頃の画像が芸能人のアイドルの画像と間違えられて、SNSで騒がれました。

まさに、稲田朋美氏か、モー娘かと言った人気度でした。

さらには、娘さんが現在、とても可愛くいらっしゃいます。

ということは、当然稲田朋美氏も若い頃相当可愛かったということですよね。

そのような証拠を作るため、娘さんを頻繁に担ぎ出して来たのかもしれません。

また、稲田朋美氏は、現在、ゴスロリファッションが大好きということです。

こんな年齢まで、ゴスロリファッションが大好きということは、まさに可愛い女性である証明ではないでしょうか。

ただし、稲田朋美氏が若い頃は、ゴスロリファッションというものもありませんでしたし、もしも、ゴスロリファッショに本当に若い頃から精通していたとしたら、ゴスロリファッションのパイオニアと言ってもいいかもしれません。

稲田朋美氏は、可愛くてファッションリーダー的存在でもあるのかも。

現在の稲田朋美氏は、娘さんと一緒に休日はゴスロリファッションを楽しんでいるということです。

家庭も幸せ一杯のようで羨ましい限りです。

現在、何してる?

最近話題を聞かなくなりましたが、現在稲田朋美氏はどうしているのでしょうか。

娘さんとゴスロリファッションを楽しんでいるのでしょうか。

2017年、稲田朋美氏は強烈な逆風にさらされることに。

森友学園問題に関する国会答弁、東京都議選においての応援演説での相次ぎ失言、その後南スーダンPKO日報隠蔽問題で防衛省を混乱させた責任を取って7月28日に大臣を辞任しました。

志半ばで大臣を辞任したことは、誠に遺憾ということです。

まだまだ政治家に復帰する精神は全く薄れている訳ではありません。

稲田朋美氏は、今頃、ゴスロリファッションに身を包みながら、着々と機会を窺っている頃なのではないでしょうか。