最初に結論!井脇ノブ子さんは現在、政界引退の身ですが、自民党二階派の「特別参与」の肩書を持ち、毎週の会合にも出席しているそうです。

ピンク色のスーツにオールバックの髪型が、トレードマークの井脇ノブ子氏

その風貌は男性にしか見えないが、井脇ノブ子氏はれっきとした女性です。

しかし、最近はあまりメディア露出がなく、現在の彼女の姿とは…?

現在

井脇ノブ子氏といえば…「やる気、元気、井脇!」をキャッチフレーズに、2005年の郵政選挙で「小泉チルドレン」の一人として初当選し、ピンクのスーツがトレードマーク。

その風貌はまるで、”中年のオッサン”ばりのルックスで知られていました。

しかし、2009年に落選後、いつの間にか世間から姿を消していた井脇ノブ子氏。

そんな彼女は現在、どうしているのでしょうか?

調べてみたところ…井脇ノブ子氏は2014年に、政界を引退されているそうです。

そして、2017年の『週刊現代』の取材に、応じている彼女を見つけました。

その衝撃の姿がこちら…。

この取材当時の彼女は、71歳です。

いかがでしょうか。

ますます、”オッサン”化に磨きがかかった風貌で驚きますよね。

井脇ノブ子氏はこの取材で、都内のアパートで元支援者の女性(76歳)と、「シェアハウス」状態で生活していると語っています。

その生活内容は…収入は国民年金が毎月7万8000円で、たまにする講演会の謝礼なんだそうです。

そこから毎月3万円だけ支払い、元支援者の部屋に住ませてもらっている状態とのこと。

そして、選挙は何回も出たけれど、費用は全部自己負担。

ポスター代や宣伝カーのガソリン代といった借金の返済が、2018年の3月ごろ終わるとも明かし、このように生活のやりくりは大変のようです。

ちなみに、この日にきていたピンクのスーツは、かつての教え子に送ってもらったものという。

今は政界引退の身ですが、自民党二階派の「特別参与」の肩書を持ち、毎週の会合にも出席しているそうです。

さらに、井脇ノブ子氏はボランティアで、地域復興を頑張る企業の顧問や団体の理事に就任されているようで、今後”再び政界に復帰したい”という考えもお持ちとのことですので、まだまだ頑張ってもらいたいですね。

若い頃

井脇ノブ子氏は、漁師の9人兄弟の末娘としてこの世に生を受けています。

幼い頃の生活は、余裕がなく彼女も早朝4時から海に潜りサザエやアワビなどを取って、市場に持ち込み家計に貢献していたそうです。

そんな井脇ノブ子氏は、小学生の頃から厚生大臣になりたいという志を持っていたそうです。

高校を卒業し別府大学に進学しますが、学業だけではなく、当時盛んだった学生運動にも身を投じています。

井脇ノブ子氏は大学を卒業し、拓殖大学の大学院に進み、後に総理大臣になる中曽根康弘氏の秘書になっています。

そして、大学院を修了すると少年の船という、スパルタ教育共同生活ツアーを実施して青少年を教育しています。

ちなみに…井脇ノブ子氏を検索するとこの「少年の船、洗脳」というキーワードが出てきます。

この少年の船は、青少年が1週間、船中や海外生活を体験して”根性”や団体生活での”協調性”を養うという船舶旅行です。

少年の船の評価は、賛否が分かれるようで「もう思い出したくない」や「良い経験をさせてもらった」など、様々な評価があるようです。

井脇ノブ子氏の愛情のこもったビンタや少々宗教がかった雰囲気が、受け入れられるかどうかなのかもしれませんね。

現在の感覚では、まずアウトな環境ですが…。

こうしてこの少年の船に大事な子供を送り出した両親が、帰ってきた我が子の様子があまりにも変わってしまったことにより、洗脳されてしまったのではないか?と心配になってしまったとの体験から、「洗脳」というワードが出てきてしまっているようです。

確かに、こんな過酷な体験をしたら変わってしまうのも無理はないでしょうね。

さらに、井脇ノブ子氏は静岡県に学校法人国際開洋学園を設立し、初代理事長に就任しています。

残念ながらこの学校法人は生徒が減り、経営難に陥ってしまい、2011年に民事再生手続きの開始を申し立てました。

こうして様々な苦難を乗り越えた井脇ノブ子氏は、幼い頃からの夢である政界への進出をかけて「第33回衆議院議員総選挙」に無所属で出馬します。

しかし、またもここで苦難が訪れます。

その”特異なキャラ”が災いしたのか、残念ながら落選しています。

それでもあきらめない井脇ノブ子氏は、7度目の2005年「第44回衆議院議員総選挙」にて、近畿ブロックの比例区で見事初当選をしました。

まとめ

井脇ノブ子氏は、その独特な風貌から「性同一性障害」なのではないか?と噂もあるようですが、井脇ノブ子氏は、生粋の女性で性同一性障害という事実はありません。

しかし、井脇ノブ子氏は現在も結婚しておらず、独身です。

彼女が28歳の時に婚約者がいたそうですが、結局別れてしまったそうです。

その理由は、母親から結婚して何人かの自分の子供を育てるより、日本の何千人もの子供を自分の子と思って愛情を注ぐように言われたそうです。

そんなことから教育者としての道を選ぶことになり、婚約を破棄されたそうです。

ちなみにそれまでの井脇ノブ子氏は、スカートをはいたり普通の女性らしい服装だったそうですが、婚約破棄し教育者に専念すると決意した後は、現在のオールバックにピンクのスーツ姿になったんだそうです。

普通ならこのように極端な変身しませんが、彼女の覚悟はここまで極端な変身をして、以前の自分を捨てなければならなかったのかもしれませんね。

そんなエピソードをもつ井脇ノブ子氏なら、弱者の視点に立った政治ができるかもしれません。

今後も政治家として復帰を希望しているようですので、井脇ノブ子氏の動向に期待したいですね。