モーニング娘。の初代メンバーだった石黒彩

卒業後はLUNA SEAの真矢と結婚し、3児の母に。

当時、二人の結婚はかなり話題となりました。

しかし、二人には離婚の噂が囁かれています。

その真相と現在の姿とは…。

プロフィール

石黒彩(イシグロ アヤ)タレント・元歌手。

1978年5月12日生まれ、北海道出身。

A型。

夫はLUNA SEAメンバーで、ミュージシャンの真矢。

1997年、テレビ東京系『ASAYAN』内の『シャ乱Q女性ロックボーカリストオーディション』最終候補に選ばれるものの落選。

同じく最終候補に選ばれた中澤裕子、飯田圭織、安倍なつみ、福田明日香と共に、課題曲を5日間で5万枚完売すればメジャーデビュー出来ると言う条件の下、「モーニング娘。」を結成。

課題曲『愛の種』を見事完売。

1998年1月28日、『モーニングコーヒー』でメジャーデビューを果たす。

1998年10月、飯田圭織、矢口真里と共に、グループ内ユニット、タンポポを結成。

1998年12月31日、第40回日本レコード大賞最優秀新人賞を獲得、NHK紅白歌合戦に初出場。

1999年12月5日、服飾関係の道を目指すため、グループからの卒業を発表。

2000年1月7日、大阪厚生年金会館で行われた「Hello!Projectハッピーニューイヤー 2000」をもってモーニング娘。

およびハロープロジェクトから卒業。

2000年5月、LUNA SEAの真矢と結婚。

11月、第1子女児を出産。

2002年9月、第2子女児を出産。

2004年8月、第3子男児を出産。

2012年3月10日、日本武道館で行われたドリームモーニング娘。の公演にゲストとして出演。

現在は、主婦タレントとしての活動を行っている。

子供の名前は?

2000年にLUNA SEAの真矢と結婚し、石黒彩さんには女の子が2人と男の子が1人の、3人の子供がいます。

そして、子供たちの名前が独特すぎて話題になっていました。

それは、音楽やドラムに関係した名前をつけたかったそうですが…

さて、どんな名前なのでしょうか。

2000年生まれの長女は玲夢(りむ)ちゃん

名前の由来はリムというのは、ホールの外側部分を言うそうで、ドラムの皮膜部分を胴体に固定している枠もリムといいます。

そして「玲」という漢字にもこだわりがあり、金属が触れ合って鳴る美しい音、という意味もあるそうです。

2002年生まれの次女は宙奈(そな)ちゃん

ソナはドラムメーカーの「SONOR(ソナー)」からとのこと。

漢字の「宙」は、大空や宇宙といったスケールの大きいイメージからのようです。

2004年生まれの長男は耀太(ようた)くん

「太」は太鼓からとったようで、名前の響きも男の子なので、どっしりとした力強い雰囲気にしたいと思ったそうです。

続きは次ページから!!