一時期はメディアで目にする機会が多かった石川遼、最近はあまり見なくなってしまいました。

そんな石川遼の現在の年収や、活動内容はどうなっているのでしょうか。

状況はあまり良くない?終わってる?最新情報も明らかに!

プロフィール

石川遼(イシカワ リョウ)プロゴルファー。

1991年9月17日生まれ、埼玉県出身。

6歳の頃、父に連れられてゴルフ練習場に行ったのをきっかけに、ゴルフにのめりこむ。

2004年に、全国小学校ゴルフ選手権横尾要カップで優勝。

2005年関東中学校選手権、全国中学校選手権大会・春季大会を優勝するなど、全国規模の大会で常に上位を争うレベルにあった。

高校生となった2007年に行われた、マンシングウェアオープンKSBカップにアマチュア枠でツアー初出場。

この大会に、日本のプロゴルフ大会においての史上最年少優勝を達成。

男子ツアーでのアマチュア優勝は「中四国オープン」で優勝した1980年の倉本昌弘以来で、史上2人目。

大会初日が暴風のため中止となり、最終日に2ラウンドが行われた。

高校生でありながら、36ホールを回っての逆転優勝(2日目終了時点で7打差の23位)であった。

この優勝は、世界最年少優勝記録(15歳245日)として、ギネス・ワールド・レコーズに認定された。

同年7月に行われた、世界ジュニア選手権に出場し、個人23位。

8月17日、霞ヶ関CCで行われた日本ジュニアゴルフ選手権男子15歳から17歳の部で、大会史上最年少の15歳11か月で初優勝。

2008年1月10日、記者会見を行いプロ転向を宣言。

16歳3か月24日の史上最年少のJGTOツアープロとなる。

また、2009年末までシード権を保有していることから、同時に史上最年少のシード選手となった。

JPGAのプロゴルファー資格は2008年4月1日に取得。

年収は?

早くから人気のあった石川遼さん。

そんな彼にはスポンサー契約が何社もあって、その金額がすごいそうです。

ちなみに、成績不振で獲得賞金は、全盛期のような1億円越えではないそうです。

ですが現在の年収はなんと、10億円あるそうです。

石川遼さんは、その知名度の高さとイメージ的にも好印象で多くのスポンサーがついています。

その収益で、こんなになっているとは…とても驚きますね。

このことから本当にハングリーになる事は出来ませんよね。

お金が全てではありませんが、すごい金額です。

スポーツ界の中でもやはりこの金額は多い年収ですし、ゴルフ選手は寿命が長いことを考えると…やはりすごいですね。

そして、最近は松山英樹さんとよく比較される石川遼さん。

ここにきてさらに松山さんの成績が良く、ずいぶん差をつけられてしまいました。

その成績は松山英樹さんはアメリカで3勝し、賞金獲得約5億、世界ランク6位に対して、石川遼さんはアメリカで0勝、賞金獲得額約1億、世界ランク98位

その他松山さんのトップテンが多い状況になっています。

現在の状況は?

石川遼さんは、アメリカツアーへ参戦してから、結果が出なくなっていきました。

2014年も思うような結果は出ず、2015-2016シーズンはさらに悪くなりました。

しかも、追い討ちをかけるように怪我が原因で、戦線離脱。

2017年は、怪我の影響からか良い成績は残せませんでした。

このことから一部の人からは、『石川遼は終わった』などという言葉も出始めていましたが…2018年の現在は、少しずつ調子を上げています

2018年4月『千葉オープンゴルフ』で久々に優勝。

復調の兆しがあることから、現在のコンディションは徐々に良くなっているようです。

そして、石川遼さんは2018年、史上最年少となる26歳110日で日本ゴルフツアーの選手会長に就任されました。

もう一度、アメリカツアーに戻りメジャー制覇をする野望を持っている石川遼さん。

日本に戻りパワーアップするために、会長を引き受けたようです。

最近は女子ゴルフが人気でそれに比べ、男子ゴルフは人気が不振で試合数も半分程度らしいそうです。

これを改善する為にも、石川遼さんの手腕を見せてほしいと思います。

最近の石川遼さんは、メディアから消えてしまったように感じましたが、目標に向かって、今も努力をされている最中です。

現在2018年、日本国内賞金ランキングは17位だそうです!

そして、日本ゴルフツアーの会長にも就任され、これからの成績もかなり期待がもたれています。

今後、このまま調子を戻せば、以前のように大活躍することでしょう。


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!