薬師寺保栄さんをご存知でしょうか。

薬師寺 保栄さん(やくしじ やすえい)は、元プロボクサーでタレント、俳優、ボクシング解説者として活動されています。

大分県津久見市出身で、2歳から4歳まで徳島県池田町で過ごしていました。

その後、愛知県小牧市で育ち、プロボクサーになります。

現役時は松田ボクシングジム所属し、元WBC世界バンタム級チャンピオンで4度王座を防衛しました。

プロフィール

名前:薬師寺 保栄(やくしじ やすえい)

生年月日:1968年7月22日

年齢:49歳(2018年3月現在)

出身地:大分県津久見市

職業:ボクシング解説者、タレント、俳優

プロボクシング戦績:

総試合数:28

勝ち  :24

KO勝ち:16

敗け  :3

引き分け:1

アマチュアボクサーだった父親の影響でボクシングを始め、享栄高校時代はインターハイのフライ級に出場し、ベスト16の成績を残しました。

高校1年の時にテレビで見たトーマス・ハーンズに憧れ己のファイトスタイルに取り入れたそうです。

高校卒業後の1987年、享栄高校の2年先輩で日本王座獲得して間もない畑中清詞が属する、名古屋市の松田ボクシングジムに入門し、同年7月にプロデビューを果たしました。

デビュー当時は「打ってはすぐに退いてしまう」スタイルから「臆病者」と称されたこともありましたが、デビュー6戦目までの戦績は3勝(1KO)2敗1分と平凡なもので、中日本フライ級新人王こそ獲得しました。

しかし、周囲からは「将来、世界どころか日本王者にすらなれない」と酷評されていたそうです。

1989年、成人式の1月15日に暴走族時代の後輩達と並走しているところを愛知県警察に発覚し、3月1日道交法違反(共同危険行為)で通常逮捕され16日間勾留されたそうです。

日本ボクシングコミッションからも6か月間の対外試合禁止処分を受けましたが、その間に東南アジアに遠征しました。

この遠征が飛躍のきっかけとなりました。

高校時代から磨いてきた長身を生かしたアウトボクシングと切れ味・スピード抜群の右ストレートで頭角を現します。

1990年6月、北海道で米坂淳と対戦。

最終10回にKO勝ちを収めるも、試合後に米坂が意識不明の重体に陥り、数日後に死亡してしまいます。

対戦相手の生命を奪ってしまった罪悪感から一時は引退も考えたそうですが、「彼の分まで、という考えはなかったけれど、このままオレがダメになったら、もっとダメだし…」とリングに上がり続けることを決意します(ちなみにその後、度々米坂のお墓参りをしている模様で、後に獲得することになるWBC世界バンタム級のチャンピオンベルトをお墓に手向け手を合わせている様子がテレビで放映されたこともありました)。

その後、米国・ロサンゼルスに渡り、ここで日系人トレーナーのマック・クリハラと出会います。

「常識外れ」というべき同トレーナーの地獄のトレーニングに耐える日々を過ごしました(あまりの厳しさに思わず涙をこぼしたこともたびたびあったそうです)。

しかし、試合当日にはきっちりベストに仕上げてくれるトレーナーとして、薬師寺も後々まで信頼を置くことになります。

1991年6月、現在は評論家として活躍する尾崎恵一(オサム)を9回KOし、日本バンタム級王座を獲得します。

12月には中谷幸男(大鵬)を初回KOで下し初防衛、その後王座を返上しました。

1993年12月23日、世界初挑戦します。

左眼網膜剥離で11月に予定していた世界戦をキャンセルした辰吉丈一郎の代役として、WBC世界バンタム級王者辺丁一(韓国)に挑み、12回判定勝ちし、世界王座奪取に成功しました。

しかしこの試合は国内で酷評を受け、翌日の日刊スポーツでは、「薬師寺特攻奪取」との見出しを組みながらも、「すべての面で辺が上」「ジャパンマネーが判定に影響か」と痛烈に書いています(日刊スポーツ・93/12/24)。

辺陣営も判定に猛抗議と再戦を要求し、翌年7月に2度目の防衛戦で再戦しました。

この時は5度のダウンを奪った末の11回TKO勝ちを収め、辺を引退に追い込むことになります。

1994年12月4日、3度目の防衛戦でWBC世界バンタム級暫定王者に復帰した辰吉と対戦します。

フルラウンドに渡る激闘の末、2-0の判定で王座防衛に成功しました。

その後、4度目の防衛にも成功するが、1995年7月30日、愛知県体育館で行われた5度目の防衛戦でウェイン・マッカラー(イギリス・北アイルランド)に12回判定負け(1-2)を喫し、王座陥落しました。

試合後に再起も模索したが結局、この試合を最後に現役引退することとなります。

現役を通算しても、KO負けはおろか、一度のダウンすら喫することはありませんでした。

2007年4月3日、自身が会長を務める「薬師寺ボクシングジム」を名古屋市にオープンさせ後援会名誉会長アントニオ猪木から支援を受けます。

タレント活動においては芸能事務所「サムデイ」に所属しているが、2010年より「K-point」とマネージメント提携を行っています。

プライベートでは、2012年12月、18年間婚姻を続けた妻と離婚します。

離婚前には投資詐欺にあい、約1億3000万円をだまし取られていたことを明かしました。

2015年2月10日放送の日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」の番組の中で、18歳年下の一般女性との再婚を公表し、9月22日に、挙式・披露宴を行いました。

その時の入場曲はアース・ウィンド・アンド・ファイアーの「Let’s Groove」。

元嫁との関係

元嫁さんは、まったく表に出てこなかったというわけではないので、テレビなどを通して見る分には結婚してから何年経っても、夫婦仲は良好でラブラブな印象でした。

テレビなどでは、元嫁さんが多少鬼嫁のイメージなどもありましたが、元ボクシング世界チャンピオンで、薬師寺さんは早い段階からビジネスなども色々とやられている方なので、奥様がしっかりした方というか、多少きつめじゃないと務まらないのではないでしょう。

実際に元嫁さんは、薬師寺さんが名古屋で経営されているボクシングジムも手伝っていたようです。

では、離婚の理由はなにかといえば、考えられるのは2つです。

1つは、まだ元嫁さんとの結婚生活中に薬師寺さんが銀行員に1億3千万円だまし取られるという事件があったそうです。

一体どれだけの資産を薬師寺さんが持っているかはわかりませんが、1億3千万円という金額は誰にとってもとても大きな金額だと思います。

その件でまったく喧嘩一つ無かったという事はないでしょうし、その時のけんかの状況によっては、だから私がやめとけって言ったのに、あんたのバカさ加減にはほんと愛想が尽きるわ・・・というような展開になってもおかしくはないです。

そしてもう1つ可能性として考えられるのは、これは薬師寺さん元嫁さん双方が言っておられる事なのですが「意見の食い違い」があったそうです。

その意見の食い違いというものが、お金をだまし取られた件のように、ビジネスの経営やお金絡みの事なのか、それともネット上で多少噂になっている薬師寺さんの女性絡みの事なのか、そこは定かではないです。

今後もその理由についてご本人たちが語られる事はないと思いますが、意見の食い違いは確実にあったようです。

たしかに結婚生活も18年とか経つと、どんなに仲の良い夫婦でも、多少なりとも意見に食い違いは出てきてもおかしくはありません。

そんな薬師寺さんと元嫁さんのお二人の間には息子さんと娘さんのお二人のお子さんがいらっしゃるそうです。

息子さんに関してはボクシングをやっているのか・・・などは不明ですが、二人のお子さんとも健やかに成長されているようです。

親権はどちらが持つのかは公表されていませんが、普通にいけばおそらく元嫁さんの方でしょうね。

薬師寺さん自体も地元の愛知の方で現在もテレビ番組をされていたり、ジムの経営をされていたり、実家もあるので、お子さんとは頻繁に会える状況なのではないかと思われます。

逮捕説の真相

前述のとおり、薬師寺さんの離婚原因は、「お互いの意見の食い違い」と言われています。

これといってスキャンダルがあったわけでもありませんでした。

離婚報告に明確な理由が上らない場合、どちらか一方の不倫が原因で、名誉を守る為に口をつぐんでいるケースも少なくないのが現状です。

しかし薬師寺さんの場合は、女性関係ではなく、指定暴力団との黒い関係が噂されています。

インターネットで「弘道会」で「逮捕」された?なんて検索されています。

「弘道会(こうどうかい)」は愛知県名古屋市に本拠地を構える暴力団で、あの山口組を構成する一角であり、およそ4000人という規模の組織らしいです。

弘道会は薬で逮捕された野球の元野球選手の清原和博さんと繋がりがあったと言われていて、スポーツ業界とは根深い関係なのかもしれません。

調べてみたところ、某知恵袋にこんな回答がありました。

薬師寺が山口組後藤組組長(現在は引退)の新築パーティーでお祝いの言葉の中で「名古屋の弘道会の司忍の紹介で…」と述べているらしいです。

このあたりの根本的な生き方や友人関係といったことが離婚の主な理由の一つなのかもしれません。

勿論これらの話は噂の域を出ませんので、本当に薬師寺さんが暴力団と関係があるのかどうかは本人のみぞ知るというところです。

何はともあれ、薬師寺保栄さんは再婚されたみたいなので、次は末永く幸せに暮らしていってほしいものです。

また元嫁さんのところにいる子供たちが寂しくないように定期的に会ってあげてほしいですね。

それも父親の務めですから。

現在、何してる?

さて、薬師寺保栄さんの現在ですが、現在タレント業・ボクシング解説の仕事以外に名古屋にボクシングジム・フィットネスを経営され実業家としても成功されているようです。

現役時代から同じくプロボクサーだった井岡弘樹さんとは友人だそうです。

ボクシングジム開設にあたっては、井岡さんの経営する井岡ボクシングジムの施設、経営方針などを参考にしたそうですよ。

また、2012年12月に18年間連れ添った妻と離婚されたあと、2015年に18歳年下の一般女性と再婚されています。

ご結婚相手は、かなり美人で、お名前は「まきこさん」というそうです。

2人は、共通の友人を通じて出会い、約2年半の交際を経てゴールインしました。

まきこさんは現在、薬師寺が経営するボクシング&フィットネスジムでスタッフとして働いており、公私にわたるパートナーとなっています。

結婚の決め手となったのは、「穴のあいた靴下を捨てようとしたのを、捨てずに補修したのを見て」だそうです。

まきこさんは薬師寺の好きなところを聞かれ、「大きい子どもみたいで、一緒にいて飽きないし、楽しい。コワモテの見た目と違って、すごい気を遣うところ」と答えていました。

「穴のあいた靴下を補修」ということは、かなり節約家な嫁さんです。

収入と支出のバランスをちゃんと考えて家庭を守ってくれそうです。

新たなパートナーも見つかり、タレント、ボクシング開設者以外にも実業家としても活躍されている薬師寺さんの今後にも期待です。