今では日本人野球選手がメジャーリーグに移籍することは珍しい事ではありません。

しかし、まだそれが夢のようなことだったころ、その道を切り開いた第一人者ともいえるのが野茂英雄さんです。

そんな野茂英雄さんは現在どうしているのでしょう。

プロフィール

名前: 野茂英雄(のもひでお)

出身:大阪府大阪市港区

生年月日: 1968年8月31日

身長: 188 cm

体重:99.8 kg

ポジション:投手

投球・打席:右投右打

出身高校:大阪府立成城工業高等学校

野茂英雄さんは大阪で生まれ、小中学生の頃は全くの無名選手でした。

いくつかの野球の名門校を受けますが、不合格となり、高校野球とは縁のない大阪の公立高校へ進学します。

しかし、2年生の頃から野球部のエースとして活躍し、完全試合を達成するなど、その名が知られるようになっていきます。

卒業後はプロの誘いを断り、新日本製鐵堺へ入社し、野球部に入ります。

入社2年目にはチームを都市対抗野球大会に導きました。

そして日本代表に選出され、1988年のソウルオリンピックでは銀メダルを獲得しています。

1989年のドラフト会議では史上最多8球団の1位指名を得ます。

交渉権を得たのは近鉄で、「投球フォームを変更しない」という内容を含む契約を交わし、入団します。

1990年にデビューし、MVPや新人賞を獲得し、その後4年連続で最多勝と最多奪三振を獲得するなど目覚ましい活躍をしました。

しかし、仰木監督から鈴木監督へと変わると、2人には確執が起こり、それが野茂さんをメジャーへ挑戦させるきっかけとなっていきます。

1995年ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結びます。

この時、年俸は近鉄時代の1億4000万円から、980万円になったそうですが、野茂さんは誰も歩いたことのない道への第一歩を踏み出すのです。

独特の「トルネード投法」を引っ提げ、アメリカでも大活躍した野茂さん。

ニューヒーローとして、ドジャースの観客も増加します。

野茂英雄さんはその奪三振の多さから、「ドクターK」と呼ばれます。

スコアブックに三振を記載する際に「K」の文字を使うそうなのですが、野茂さんが投げるとスコアブックが「K」で埋まるということからだそうです。

また、「バナナボート」の替え歌で「野茂英雄のテーマ・HIDE〜O」も当時大ヒット。

発売されたディアマンテスのシングルCDは街中で流れていたそうです。

ケガに泣かされながらも、選手を続けた野茂さん。

2001年には古巣ドジャースに復帰しましたが、成績を残せず、2008年にプロ野球選手を引退します。

息子との関係

野茂英雄さんは、1991年に結婚。

妻・紀久子さんとの間には2人の息子さんがいるようです。

紀久子さんは野茂さんが社会人野球の選手だったころ、相手チームのチアリーダーとして活躍しており、野茂さんが一目ぼれしたとか。

とてもきれいな方のようですね。

2人の息子さんのうち、長男の野茂貴裕さんは、現在日ハムファイターズの通訳をしているようです。

貴裕さんは3歳の時に家族でアメリカへ渡っています。

小中高と野球チームに入っており、ファーストを守っていたそう。

大学時代にはスポーツマネージメントを専攻し、野球チームのマネージャーをしていた貴裕さん。

いずれは球団経営に携わりたいと考えていたようです。

大学卒業後、通訳のインターンシップで日本ハムの練習に参加し、2015年に日本ハムファイターズに通訳として正式に入団しました。

寡黙な野茂英雄さんは、貴裕さんに特に何もアドバイスすることは無かったようです。

貴裕さんはそんな父親の背中から「最後までやり通せ」という思いを感じたそうです。

今の住まい

野茂英雄さんは引退後も野球界で裏方としても活躍しています。

2003年には「NOMOベースボールクラブ」を設立。

野球を目指す若者の受け皿になるべくオーナーとして活躍されています。

2016年2月には「サンディエゴ・パドレス」という野球チームのアドバイザーに就任。

現在の住まいは不明ですが、日本とアメリカの野球を繋ぐ仕事をたくさんしているようです。

2017年3月21日のWBC準決勝、ドジャー・スタジアムで開催されたアメリカ対日本の試合前の始球式の際、トミー・ラソーダと共に登場した野茂さん。

会場は大歓声で迎え入れました。

今でも野茂さんは人気があることがよくわかります。

現在、太った?

現役引退後の野茂さん。

球団アドバイザーやコーチ、解説者として活躍していますが、少し恰幅が良くなったようですね。

やはりスポーツ選手は引退するとどうしても太ってしまうのかもしれませんね。

日本人野球選手として、メジャーリーグに挑戦し、華々しい結果を残した野茂英雄さん。

彼がいなかったら今日の日本人のメジャーでの活躍はなかったと言ってもいいかもしれません。

プロ選手としてやり抜くという姿勢を崩さず、現役をつらぬいた野茂英雄さん。

その素晴らしい生き方には、私たちも学ぶべき点が多いですね。