アメリカ移住で生活に変化

伊藤英明さんがアメリカに短期留学をしているという情報がありました。

俳優業をセーブしているのでしょうか。

またハリウッドで活躍するために英語の勉強をしているのかもしれません

伊藤英明さんが主演の映画「悪の教典」のもう一つの物語「悪の教典-序章-」の撮影で8月2日から5日までアメリカ・ニューヨークでもロケが行われたのです。

アメリカで撮影されたシーンは ドラマの中でも重要な挿話となる回想シーンで伊藤英明さんが演じる蓮実聖司の人物背景を描いています。

ウォール街やマンハッタンなどニューヨーク街を象徴するロケーションで全編英語での演技を挑戦しました。

このとき外国人スタッフ約40人、外国人キャスト約30人に囲まれながらロケに望みました。

主人公の蓮実聖司はアメリカ留学経験があり、ネイティブの英語を駆使したレクチャーが生徒に人気という役柄です。

全編英語での演技をするためにプロのダイアローグコーチについてもらい、コミュニケーションをしながら撮影していました。

現在の姿

最近テレビで見かけることが少なくなってきた伊藤英明さんですがどんなことをしているのでしょうか。

現在はアメリカにいます。

2017年4月22日には映画『3月のライオン』が公開され6月10日には映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』が公開されました。

このときは映画の番宣も殆ど出ていませんし、ドラマの主演は殆ど無かったそうです。

ちなみに主演ドラマ『僕のヤバイ妻』は2013年4月に放送された『ダブルス~二人の刑事』以来3年ぶりでした。

とんねるずのみなさんのおかげでしたが最終回を迎えるので番組内のコントである『したの国から2018』に参加しました。

伊藤英明さんはモジモジ君や食わず嫌いにも出演していて、この番組に出る機会は何回かあったそうです。

伊藤英明さんは五郎に扮して衣装やメイク表情も本格的でした。

台詞の言い方も独特で面白かったです。

そのときに「とんねるずとコントするのが夢だった」と言っていました。

スリッパで叩かれたり、銃で打たれたりなど体を張っていた伊藤英明さん。

コントができて嬉しかったようです。

台詞の間に英語を話していました。

発音が良かったですね。

このコントのためにアメリカから駆けつけました。

そして日帰りで帰る予定でした。

また、とんねるずのコントに登場することが多かった女優の宮沢りえさんが登場したので伊藤英明さんは大喜びでした。

番組の最後の「おまけ」コーナーにも出演し、泣きながら「とんねるず、大好きです。ありがとうございます。終わっちゃうのさみしんだよな」と話していました。

伊藤さんは宮沢りえさんのファンだったようです。

2018年4月23日に伊藤英明が出演しているロート製薬のデオウの新作CMが放送されました。

伊藤さんは北斗の拳のケンシロウになり「貴様の体がくさい!」「お前はもう臭わない」という決め台詞がありました。

ケンシロウの衣装は本格的で髪型もかっこいいです。

体が引き締まって、筋肉がついてワイルドに見えますね。

体を洗っている姿はとてもセクシーです。

爽やかイケメン俳優から演技派俳優となった伊藤英明さん。

「海猿」のときから鍛えていた体は男らしくて素敵ですね。

アメリカに住んでいるのでドラマの主演では見る機会がすくなってしまいますが、ハリウッド俳優として活躍できる日がきてほしいですね。