漫才師・横山やすしを父に持ち、若い頃は幾度無く起こす事件から芸能界を休業状態となっていた木村一八。

そんな現在の木村一八は、ヤクザ?と噂されています。

また、昔の事件の真相について明らかに!?

そして、現在の風貌とは…?

プロフィール

木村一八(キムラ カズヤ)俳優。

1969年11月17日生まれ、大阪府摂津市出身。

身長181cm。

父は漫才師の横山やすし。

エステティシャンで漫才師・さゆみ・ひかりの木村ひかりは、妹(異母妹)。

漫才師の横山やすしの長男として生まれる。

摂津市立第四中学校在学中の1983年に『やすきよの笑って日曜日』でテレビ初レギュラー出演。

翌1984年、やすしが主演した『唐獅子株式会社』で映画デビュー。

名前の由来は、父やすしが、「“人生一か八かや!”ということで名付けた」、「1と8でカブ(おいちょかぶ)だから」、やすしがきよしとコンビを組んだのが8人目で、七転び八起きを経験して一番になったことに由来してなど様々な説がある。

幼少の頃よりバラエティ番組にたびたび出演する。

多くが父と共演であった。

花王名人劇場などで西川きよしの次男・西川弘志(後に『毎度おさわがせします』パートIIでも共演)とコンビで漫才を披露したり、パソコンのテレビCMに出演していた。

中学校卒業後に俳優となる。

テレビドラマの『毎度おさわがせします』(1985年、TBS)の主役に抜擢され、中山美穂と共演。

一躍アイドルとして人気者となる。

やすしは「親の七光りでも何でも使ったらいい」と公言していたが、「人気芸人の息子」という背景だけではなく、恵まれた風貌や不良っぽい言動などで、人気・知名度とともに一気に高まった。

映画『シャコタン☆ブギ』の主役に抜擢されるなど、吉本興業としても若手俳優として飛躍の機会を得た木村に期待を寄せていた。

続きは次ページから!!