1980年代に女優やアイドルとして人気を集めていた富田靖子さん

ドラマや映画にたくさん出演して、賞も受賞しました。

2007年に結婚し、現在はお子さんがいます。

仕事のほうはセーブしていますが、女優は続けていて、ドラマや映画や舞台にも出演しています。

今回は女優・富田靖子さんについてまとめたいと思います。

プロフィール

1969年2月27日生まれ、神奈川県茅ケ崎市出身です。

その後、福岡県で育ちます。

1983年に中学在学中に映画『アイコ十六歳』のオーディションを受けヒロイン役として映画初出演を果たしました。

12月に同映画でデビューし、同時に「オレンジ色の絵葉書」で歌手デビューを果たしました。

映画デビューや歌手デビューを果たした富田さんは、テレビドラマにも多数出演されています。

1985年の映画『さびしんぼう』に出演し、1987年には市川準監督の初監督映画『BU・SU』に主演し、横浜映画祭主演女優賞・高崎映画祭ベストアイドル賞を受賞しました。

また、1995年の映画「南京の基督」で大胆なヘアヌードを披露し、イメージチェンジをしました。

そしてこの作品で第8回投稿国際映画祭最優秀女優賞を受賞しました。

NHKでは彼女のキャラクターを生かした正月特番ドラマを毎年用意するなどの時期がありました。

1985年にはフジテレビで放映された「一休さん」でドラマ初出演を果たしました。

富田さんの役はなんと一休さん役でした。

男の子の役ですが、10代という若さと個性がある演技でした。

1997年大河ドラマ「毛利元就」に出演し、毛利元就の性質の美伊の方を演じ、2011年の「江~姫たちの戦国~」では徳川家康の幼少期の乳母の役を演じました。

2016年には「逃げるは恥だが役に立つ」に出演し、新垣結衣さんが演じる森山みくりの母親役を演じました。

富田さんは優しいお母さんの役が多いですね。

富田さんはアイドルとして珍しく、ガンダムファンである公言をしています。

特にシャア・アズナブルが大好きだそうです。

そこで『逆襲のシャア』の宣伝番組に出演した際には監督の富野由悠季さんから、サイズを合わせて作られたシャア仕様の軍服がプレゼントされました。

他には藤子・F・不二雄さんの熱狂的ファンであり、特にドラえもんやキテレツなどが好きで、藤子作品はすべて読んでいて、ドラえもんの激情版映画もすべて鑑賞していたようです。

そのこともあってか、藤子・F・不二雄さんのSFマンガ『T・Pぼん』をアニメーション化した特別番組ではナレーションを務めました。

夫・岡本裕治との関係

富田靖子さんは2007年に岡本裕治さんと結婚しています。

岡本裕治さんは日本テレビ「ウリナリ」でダンススクールのインストラクターをしていて、2人は2006年に放送された「シャル・ウィ・ダンス?~オールスター社交ダンス選手権~」という番組に富田さんが出演したときにペアを組みました

番組内でペアを組んだことをきっかけに交際に発展し、結婚に至りました。

一時期、芸能人が社交ダンスに挑戦する番組が多く放送されていましたね。

その番組でペアを組んだことがきっかけで結婚まで行くのはすごいですね。

岡本さんは富田さんの10歳年下ですが、しっかりとしていて富田さんをリードする頼もしい男性です。

出会ってからわずか1年ほどで結婚し、出産もして現在は女の子がいます。

富田さんは以前、俳優の堺雅人さんと5年交際していました。

2001年に週刊誌に写真を撮られたことで、交際していることがわかりました。

当時は双方の所属事務所が交際を認めていて、富田さんのマンションに堺雅人さんが通う様子が見られたので結婚間近ではないかと言われていました。

5年間付き合っていたそうですが、当時はまだ無名の堺雅人さんはどんどん人気が出てきてすれ違いも多くなり、2006年に破局しました。

現在と若い頃の差

若い頃の画像を見てみると広瀬すずさんのようにも見えます。

弓道をする役の富田さんの髪形はボブなので横顔がそれとなく似ているような気がします。

他には菅野美穂さんや貫地谷しほりさんにも似ているとも言われました。

清楚な雰囲気や表情が富田さんと似ていますね。

現在は結婚してお子さんもいます。

子育てのために仕事をセーブしていますが、女優業を続けていて、脇役として活動されています。

舞台にも年に1本のペースで出演し、バラエティ番組や情報番組など幅広く出演しています。

最近の出演作品は、「超高速!参勤交代リターンズ」に出演しました。

2018年には「友罪」に出演し、2019年公開の映画「愛唄‐約束のナクティト‐」や「めんたいぴりり」に出演しています。

舞台では2018年に「母と暮らせば」に出演しました。

以前のようにヒロインや主要キャストの役を演じる機会はありませんが、存在は大きいです。

彼女の優しくおっとりとした雰囲気に癒されるでしょう。

女優として、アイドルとしても人気を集めていて、現在でも脇役として花を添えている富田さん。

家庭と仕事の両立をしてこれからも女優として活躍してほしいです。