最初に結論!小林尊さんは以前、ホットドッグ早食い大会終了後にステージに上がろうとした所を、警備員に拘束され素直に従わなかったために、逮捕をされてしまいましたが、現在はフードファイターとして活動しているようです。

TVチャンピオンの大食い王決定戦などで活躍し、人気を博した”伝説的のフードファイター”小林尊

プリンス、地上最強の胃袋など多くの愛称を持っている彼は、過去にアメリカで逮捕されたことが…。

その真相と現在の姿とは。

プロフィール

小林尊(コバヤシ タケル)フードファイター、実業家。

1978年3月15日生まれ。

A型。

ギネス記録保持者(ホットドッグ、ピザ、パスタ、トゥインキー、ミートボール、ハンバーガー)。

アメリカ合衆国ニューヨーク市在住。

初めは日本のテレビ番組『TVチャンピオン』や『フードバトルクラブ』などで活躍し、「プリンス」や「底知れぬ貴公子」、「地上最強の胃袋」の愛称で人気を得た。

さらに、アメリカ独立記念日である7月4日に毎年ニューヨーク市で開催される、『ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権』への出場によって広く知られるようになった。

同大会では2001年からの6連覇を達成し、”The Tsunami (ザ・ツナミ)” のニックネームで呼ばれるようになる。

アメリカでは幾つかのCMやキャンペーンなどにも出演。

同地のテレビチャンネル、FOXスポーツネットでは、マイク・タイソンやロジャー・フェデラーらと共に、「スポーツ界で最も恐れられている選手10人」に選出されており、また、スポーツ専門チャンネルESPNでは、マイケル・ジョーダン、ベーブ・ルースを抑えて「スポーツ史上もっとも支配的なアスリート」とされた。

2004年、ニューズウィーク日本版の「世界が尊敬する日本人100人」において、存命人物としては明仁今上天皇、孫正義、松井秀喜、オノ・ヨーコ、イチローらとともに選出され、2009年にはCNNによる「アジアの偉大なスポーツ・ヒーロー」にブルース・リー、王貞治、姚明らと共に選出される。

タイムをはじめ、海外メディアからは、大食い早食いをスポーツに変えた人物として「伝説のフードファイター」と形容される。

ライオンに勝った!?

伝説のフードファイターとして君臨している、小林尊さん。

2018年1月1日放送の正月特番『ニッポンよ!セカイを倒せ!フジヤマ~日本のNo.1vs世界のNo.1~』にて、なんと人間ではなく百獣の王・ライオンと対決!

400gのTボーンステーキを、10分間でより多く完食したほうが勝利の企画に挑戦しました。

ライオンは動物で1番大食いとされています。

そんなことから小林尊さんは、対戦相手にライオンを指名しました。

そして、Tボーンステーキ早食い対決で、究極の異種格闘戦となったこの対決を制したのは…

小林さん17皿、ライオン12皿で人類最強の胃袋を持つ男・小林尊さんが勝利しました。

ついに、人類に敵がいなくなったようですね。

ちなみに小林尊さんと大食い対決に挑戦した、ライオンのレオンくんは湘南動物プロダクションの伊賀紀江さん曰く、乗り気だったそうです。

しかし、伝説のフードファイターには敵わなかったようですね。

小林尊さんの勝算は、大食いのトレーニング、最も重要なのは胃を大きくするトレーニング、彼は90秒で12リットルの水を飲みほすという。

スピードとテクニックで太刀打ちしたのですね。

逮捕説の真相

小林尊さんが逮捕されたのは、2010年のこと。

2001年からアメリカの大手ホットドッグチェーン、ネイサンズが開催するネイサンズ国際ホットドッグ早食い大会で優勝し、なんと2006年まで6連覇していました。

そして、2010年に大会に出場しようとしたところ、契約書にサインをする必要がありました。

その契約書の内容は、小林尊さんに対して、400万円を支払う条件にこのような契約がありました。

・1年間は許可なく他の大会に出場してはいけない。

・許可なくメディアの前でパフォーマンスをしてはいけない。

・ジャッジやタイムキーパーとして関わることもできない。

など…

アメリカ国家が労働を許可したビザを持つ、小林尊さんにとっては何も出来ないに等しい契約内容でした。

そして、この契約内容は、小林尊さん個人に対してだけで他の参加者には他の契約内容があったそうです。

そのようなことがあり、彼は契約書にサインをせず参加をあきらめ、大会を現場で観戦。

大会終了後にステージに上がろうとした所を、警備員に拘束され素直に従わなかったために、逮捕をされてしまいました。

そして、逮捕をされてしまったものの保護観察処分となり、罰金も課されず犯罪記録も残らない寛大判決となっています。

現在の姿

現在、小林尊さんは何をされているのでしょうか。

調べてみたところ、職業はフードファイターの仕事をされています。

アメリカではスポーツの1つとして、大食いが受け入れられているため、高収入が得られるといいます。

さらに、アメリカでは圧倒的な知名度を誇る小林尊さんは、その稼ぎも半端ではないようで、現在は家賃が高騰を続けているニューヨークに在住していると伝えられています。

そのニューヨークでのセレブ暮らしが、報じられた小林尊さん。

その住まいは、何と家賃35万円と報道されていました。

このことから、自身の特殊能力を生かし高収入が得られるアメリカ・ニューヨークに拠点を移すことに決めたようですね。

そんな小林尊さんの現在の収入は、軽く1000万円を超えているのだとか。

また、現在までに数億円は稼いだとも言われています。

そしてプライベートでは、アメリカ人の女性とご結婚されていることが分かっています。

ちなみに結婚相手は一般の方のため、詳しいプロフィールなどは公表されていませんが、「奥さまの名前はヴィンセント・オリヴィエである」と言われています。

日本でも高い人気を得ていたとはいえ、それはあくまでも大食いファンだけにとどまっていた小林尊さん。

日本での活動だけなら、現在の彼の成功はなかったでしょう。

ただの大食いに留まらず、自身の才能を生かし、そしてアメリカで才能を認められたことで、一躍人気者の仲間入りを果たしました。

そんな彼は、いまだにギネス記録を増やしています。

今後も彼の期待が高まりますね。