2010年バンクーバーオリンピックに出場し、話題を振りまいたスノーボーダーの國母和宏さん

オリンピック選手の中で、1人だけルーズな出で立ちで、大バッシングを受けた選手と言えば思い出す方もいるのではないでしょうか。

そんな國母さんが現在衝撃的な生活を送っていると言いますが、いったいどんな暮らしをしているのでしょうか。

プロフィール

名前:國母 和宏(こくぼ かずひろ)

職業:スノーボーダー

誕生日:1988年8月16日(30歳)

出身地:日本国北海道石狩市

在住:アメリカ合衆国カリフォルニア州

出身校:北海道東海大学/東海大学国際文化学部

所属団体:チームミナミ

國母さんは、北海道石狩市に生まれ、4歳の時に初めてスノーボードを見て、父親に頼み込んでやり始めたそうです。

当時は子ども用のスノーボードがなく、國母さんの父親は大人用のスキー板を使って手作りしてくれたそうです。

幼い頃からバックカントリーという自然の中を滑るスノーボードのスタイルに親しみ、史上最年少の11歳でプロ試験に合格します。

12歳でバートンスノーボードとプロ契約をし、国内外での活躍をするようになります。

2003年には世界最大規模のスノーボードの大会「バートン・グローバル・オープン」で14歳で2位となります。

2006年にはトリノオリンピックにスノーボードのハーフパイプに17歳で日本代表に選ばれますが、残念ながら予選敗退。

しかし、その後はスノーボード世界選手権で日本人初の銀メダルを獲得するなど、世界的な大会でトップの座に君臨していきます。

続きは次ページから!!


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!