最初に結論!國母和宏さんは現在、スノーボードの映像を製作するのを本業とし生計を立てているようです。

2010年バンクーバーオリンピックに出場し、話題を振りまいたスノーボーダーの國母和宏さん

オリンピック選手の中で、1人だけルーズな出で立ちで、大バッシングを受けた選手と言えば思い出す方もいるのではないでしょうか。

そんな國母さんが現在衝撃的な生活を送っていると言いますが、いったいどんな暮らしをしているのでしょうか。

プロフィール

名前:國母 和宏(こくぼ かずひろ)

職業:スノーボーダー

誕生日:1988年8月16日(30歳)

出身地:日本国北海道石狩市

在住:アメリカ合衆国カリフォルニア州

出身校:北海道東海大学/東海大学国際文化学部

所属団体:チームミナミ

國母さんは、北海道石狩市に生まれ、4歳の時に初めてスノーボードを見て、父親に頼み込んでやり始めたそうです。

当時は子ども用のスノーボードがなく、國母さんの父親は大人用のスキー板を使って手作りしてくれたそうです。

幼い頃からバックカントリーという自然の中を滑るスノーボードのスタイルに親しみ、史上最年少の11歳でプロ試験に合格します。

12歳でバートンスノーボードとプロ契約をし、国内外での活躍をするようになります。

2003年には世界最大規模のスノーボードの大会「バートン・グローバル・オープン」で14歳で2位となります。

2006年にはトリノオリンピックにスノーボードのハーフパイプに17歳で日本代表に選ばれますが、残念ながら予選敗退。

しかし、その後はスノーボード世界選手権で日本人初の銀メダルを獲得するなど、世界的な大会でトップの座に君臨していきます。

スノボオリンピック代表時の騒動

2010年に、國母さんは、バンクーバーオリンピックのスノーボードハーフパイプ日本代表に選ばれます。

しかし選手たちが出発する際、成田空港に現れた國母さんは、ドレッドヘアーに鼻ピアス、サングラスに、ブレザーの前を開け放し、ズボンを腰までずらした腰パンスタイル、ネクタイは緩く締め、シャツは外へ出すという着こなしで登場

それを見ていた一般の人から「みっともない」「代表選手としてカメラの前であの格好はどうなんだ」と日本オリンピック委員会と全日本スキー連盟に対し抗議が殺到、バッシングを受けてしまいます。

これは日本選手団公式服装着用規定違反でもあるということで、國母さんは選手村の入村式の欠席を命じられました

翌日ハーフパイプ陣の記者会見で服装の乱れについて記者から聞かれると「反省してまーす」と発言しました。

しかしこの際に國母さんは「チッ、うっせーよ」と舌打ちをしながら言ったことで、騒動はますます大きくなります。

國母さんの所属する東海大学札幌キャンパスでの國母さんの応援会は中止となり、全日本スキー連盟からは國母さんの出場を辞退させる意向が出されます。

しかし団長の橋本聖子さんの判断で「開会式は辞退するが、競技に参加しないのは、逆に無責任」とし、競技に出場できることになりました。

國母選手のバンクーバーオリンピックでの結果は、決勝には進みましたが、決勝で転倒し、8位入賞となりました。

しかし、日本に帰ってくるときには、國母選手はきちんとした格好で帰国したようですね。

まだまだマイナーだったスノーボードという種目を目立たせたいという國母選手の熱い思いもあったのかもしれません。

また当時は同じ代表選手だった成田童夢さんとの不仲がしばしば報道されました。

現在

國母さんは、オリンピックの後は日本を離れ、アメリカでプロスノーボーダーとして活躍。

子どもの頃から親しんできたバックカントリーという自然の中を滑走するジャンルのスノーボーダーとして、映像にも出演しています。

実はスノーボーダーがバックカントリーを滑る様子を収めた映像の大会があり、2016年に、國母さんは『MEN’S VIDEO PART OF THE YEAR(年間ベストビデオパート)』を受賞しています。

日本人として初の快挙であるこの受賞は、世界で認められるスノーボーダーの証でもあるそうです。

2017年にテレビ出演した國母さんは、現在の仕事は「映像制作」と答えていました。

スノーボードの映像を製作するのが本業となっているようです。

また関連メーカーとのスポンサー契約もいくつもしており、年収は「1億いかない程度」と答えていたので、8000~9000万円ほどあるのかもしれません。

プライベートでは、2009年に3歳年上の一般女性と結婚し、2人のお子さんもいるそうです。

北海道にログハウスを建て、自然豊かな場所で、イクメンパパとして子育てにも熱心だそう。

しかし、日本にいられるのは年間で2か月ほどだそうで、ほとんどは海外での生活を送っているそうです。

その分、日本にいる時は子ども達とたっぷり時間をとって遊んだりすることを大切にしているようですね。

またソチオリンピックで輝かしい成績を残した平野歩さんは、幼い頃から國母さんを師匠として慕ってきたそうです。

國母さんはソチオリンピックには出場せず、全日本スキー連盟スノーボード技術コーチとして参加し、平野選手をバックアップしてたそうです。

競技選手としてではなく、プロボーダーとして、今までの日本人にはいなかった、新しい世界を切り開いている國母さん。

彼を尊敬し慕っているスノーボーダーも多いそうです。

これからも世界を股にかけて活躍してほしいですね。