元おニャン子クラブの国生さゆり

女優として活躍している反面、恋愛や結婚において不遇な人生を送っている。

離婚後に交際が発覚するも破局。

そんな国生さゆりですが、現在は肉体改造をしている?と話題になっています。

プロフィール

国生さゆり(コクショウ サユリ)女優・タレント・歌手。

1966年12月22日生まれ、鹿児島県出身。

A型。

高校在学中の1984年、第3回ミス・セブンティーンコンテスト(過去最大応募総数18万325人)中国地区代表に選出され全国大会に出場。

高校の友達がコンテストに写真を送るから、一緒に参加してはどうかと勧めたことが応募のきっかけである。

入賞はできなかったが、大会終了後にCBSソニーからレコード会社対抗運動会に「運動会要員」として出場しないかと声をかけられる。

これは陸上短距離走のインターハイ選手であった国生に、ゼッケンの社名をアピールしてもらいたいという狙いであった。

レコード会社対抗運動会には二度出場し、運動神経の良さを売りにしていた石川秀美を追い抜いたこともある。

高校卒業後は資生堂の美容部員に就職が内定しており、広島のデパートの化粧品売り場に立つ予定だった。

しかし、先のCBSソニー担当者による薦めで1985年2月にフジテレビで放送される、深夜番組『オールナイトフジ』の特別番組『オールナイトフジ 女子高生スペシャル』に出演。

それにより、地元での就職は取り止めて、芸能界入りするために高校を卒業するのと同時に単身上京した。

なお、高校時代を広島県で過ごしたため、当時は「広島出身」としていた(現在は「鹿児島出身」としている)。

その後、おニャン子クラブのメンバーとしてデビュー。

ソロデビューとなった「バレンタイン・キッス」は、バレンタインの定番曲として有名。

女優として活動するほか、歯に衣着せぬ物言いでバラエティ番組でも活躍している。

若い頃

国生さゆりさんは1985年に、フジテレビ「夕やけニャンニャン」において、おニャン子クラブ会員番号8番としてデビューしました。

ちなみに、国生さんの同期には工藤静香さんや渡辺満里奈さんなどがいます。

そんな国生さゆりさんは、当時おニャン子クラブの中でも人気があり、1986年「バレンタイン・キッス」でソロデビューを果たしました。

現在でもバレンタインデーの特集や、季節になると、この国生さんが歌った「バレンタイン・キッス」は毎年のように流れ、定番となっています。

そして、彼女の若い頃がかわいいと絶賛の声があがっています。

しかし、そんな国生さんはおニャン子として人気はあったものの、新田恵利さんや内海和子さん、河合その子さんなどの後塵を拝する形でした。

そんな頃、「ソロで出られるのか、グループで出られるのか、それとも出られないのかピリピリしていた」と言います。

そんな国生さん、おニャン子時代から女優としても大活躍されていました。

ですが、おニャン子クラブを卒業した後は仕事が激減してしまい、ほとんど収入がなくなってしまった時期があったようです。

現在の姿

国生さゆりさんは、1987年におニャン子クラブを卒業しますが、2007年ごろからバラエティー番組へ、積極的に出演するようになって復活します。

おニャン子時代にも、物事をハッキリ発言するタイプではありましたが、若い頃のアイドル時代は隠していたようで基本的に毒舌タイプでしたが、年齢を重ねキャリアもあり、さらにバラエティーに出演することで本領を発揮し、おニャン子時代とは違う人気を得ました。

またプライベートとしては、不倫報道などもされ自由奔放な悪女のイメージもありましたが、その後結婚されています。

2000年、一般男性と結婚し2003年に離婚。

2009年、甲田英司氏と結婚し2013年に離婚しています。

現在は、結婚されていないようです。

そんな彼女は「ぼくらの時代」に出演した際、外見の変化に驚きネット上で、「国生さゆり太って劣化した。」などと言われてしまっています。

確かに、二重あごが目立つ様子は、少し太られたのかもしれません。

40代になったのに加えて、私生活でも結婚・離婚など色々と大変なことがあったので、ストレスなどで太ってしまったのかもしれませんね。

そんな国生さゆりさんは現在、肉体改造を始めたそうです。

そのきっかけは友人に「背中がおじさんだね」と、言われたため。

60歳でも使える体にしようと奮起。

肉体改造を決意したそうです。

国生さゆりさんはおニャン子グラブの中でも、抜群に可愛く人気がありました。

しかし、とある有名歌手と不倫騒動でイメージダウンし、過去に2度結婚しましたが、「すれ違い」が原因で離婚されたそうです。

そんな彼女ですが、現在は女優としても活躍され、肉体改造もされています

このように、何かと話題になることが多い国生さゆりさん、今後の動向も楽しみですね。