最初に結論!楠田枝里子さんは現在、チョコレートの健康効果や、カカオの歴史・文化とショコラシエの世界を研究して、日本市場での高カカオ・チョコレートのブームを、引き起こしたとさえ言われています。

人気クイズ番組『なるほど!ザ・ワールド』で、一躍人気司会者となった楠田枝里子

以前は、その見た目と物事に動じないことから、ロボット説まであった彼女ですが、現在はチョコレートが好きすぎて中毒との噂が…。

プロフィール

楠田枝里子(クスタ エリコ)フリーアナウンサー、タレント、司会者、エッセイスト、翻訳家、サイエンスライター。

1952年1月12日生まれ。

元日本テレビアナウンサー。

身長175cm。

東京理科大学理学部第一部応用化学科卒業後、1974年、日本テレビにアナウンサーとして入社。

1981年秋に退社、フリーアナウンサー、エッセイストに転身。

『なるほど!ザ・ワールド』『世界まる見え!テレビ特捜部』などの海外情報系番組を多く担当した。

日本テレビ『金曜娯楽館』とフジテレビの年末大型イベント『FNS歌謡祭』においては、芳村真理の後任として抜擢された。

科学エッセイなどでも楠田ならではの持ち味を発揮し、ドゥーガル・ディクソン著『新恐竜』(旧版)などの翻訳を手がけるなど、幅広いメディアで活動する。

消しゴムのコレクションが趣味であり、実用性を問わず、国内外からありとあらゆる形状の消しゴムを収集している。

チョコレート好きとしても知られ、カカオ分を多く含んだチョコレートを常にストック・携帯している。

2004年に著書『チョコレート・ダイエット』(幻冬舎刊)を発表したことが縁で、2006年3月から2007年10月頃まで明治製菓チョコレート効果のCMに出演した。

今と若い頃の差

楠田絵里子さんといえば、デビュー当初から1991年頃まで、おかっぱ頭の髪型がトレードマークでしたが、1992年頃から徐々に帽子を被ったり他の髪型にすることも増えていき、2000年頃からおかっぱ頭の髪型には全くしなくなりました。

なお、おかっぱの髪はカツラだったそうで、地毛はパーマの掛かったかなり短めのショートヘアーだったそうです。

楠田枝里子さんは身長が175cmもあるそうなので、不思議と理知的な感じのする美人さんとして、とってもおかっぱ髪が似合っていたように思います。

当時は、モード風な彼女のスタイルは司会者として斬新なトレードマークだったそうです。

一緒に名司会ぶりで人気だった愛川欽也さんとの身長の差は、楠田さんと比較して20cmはあったそうなので、このアンバランス感もバラエティ番組の人気にはまったのかもしれませんね。

そんな現在66歳となる楠田枝里子さん、かわらぬ美貌をおもちで、パワフルに活動されています。

しかし2009年に、1990年の番組開始から19年間司会を務めた『世界まる見え!テレビ特捜部』を降板されたことが、話題になりました。

その理由は番組プロデューサーに、「若返りを図りたい」と言われたことだそうで、降板理由を自身のブログで明かしています。

そんなオープンな性格も彼女らしく長年、人気の理由ではないでしょうか。

現在はチョコレート中毒!?

いつの時代もアクティブに活動している楠田枝里子さん。

そんな彼女の最近は…「チョコレート研究」についても著名なのです。

チョコレートの健康効果や、カカオの歴史・文化とショコラシエの世界を研究して、日本市場での高カカオ・チョコレートのブームを、引き起こしたとさえ言われています。

日々チョコレートを食べつつけ、チョコレートに並々ならぬ愛をお持ちの毎日とのこと。

2017年には、世界的なチョコの祭典である『サロン・デュ・ショコラ2017』の、アンバサダーとしても選ばれ活躍しました。

さらに、楠田絵里子さんは”チョコレートダイエット”でも、話題となりました。

それは、”バランスの食生活の中にチョコレートを食べる”という、なんともお手軽なものとして評判です。

カカオ分70%以上のチョコ50gを毎日食べるだけのチョコレートダイエットを考案し、チョコに含まれるダイエット効果やアンチエイジング効果の紹介と、ダイエットが期待できる「食べ方や量」「食べるタイミング」といったメソッドを広く確立してたことも有名。

そんな楠田絵里子さんは、「物心がついたときからチョコレートを食べない日はありませんと明かし、夕食後のデザートとして、お気に入りのショコラティエのボンボンチョコを7粒ほどいただきます。私の至福の時であり、健康の秘訣です。」と語っているほど、毎日チョコレートを食べているそうです。

多趣味をもち、さらにそれを極めるほどアクティブな楠田絵里子さん。

現在でも大変お綺麗で、活発な活動をされていますが、楠田さんは「独身」のようです。

もともと結婚願望が「あまりない」そうで、このようにご自身も明かされています。

また、毎日大好きなチョコレートを食べることで、現在も健康を維持されている様子です。