抜群の美貌とスタイルで人気のテニス選手であるマリア・シャラポワ

しかし、2016年にドーピングの陽性反応が出た事で、15ヵ月の出場停止となってしまいましたが、全仏オープンから復帰。

そんなシャラポワ選手の現在とは?

プロフィール

マリア・ユーリエヴナ・シャラポワ、女子プロテニス選手。

1987年4月19日生まれ。

ロシア・西シベリアに位置するチュメニ州ハンティ・マンシ自治管区・ニャガン市出身。

1986年に起きたチェルノブイリ原発事故の影響により、ホメリに居を構えていた両親(出生前当時、妊娠4ヶ月)がロシア・西シベリアにあるニャガンへ移住を決意し同地で出生。

マリアは4歳の時からテニスを始め、6歳の頃マルチナ・ナブラチロワに才能を見出され、フロリダ州のニック・ボロテリー・テニスアカデミーへの入学を勧められる。

2001年4月19日、14歳でWTAツアーにデビューした。

華やかな容姿とプレースタイルに加えて、4大大会の女子シングルスで生涯グランドスラムを達成した、実力も備える数少ない女子テニス選手の一人である。

2004年のウィンブルドンで17歳にして、初のグランドスラム優勝を挙げ世界的名声を得た。

ベースライン・プレーヤーで、恵まれた体格を生かした強烈なサーブとストロークを武器に、打球時に叫び声をあげる強力なパワーテニスを展開する。

身長188cm、体重59kg。

左利きだったというが、矯正で両方使える。

バックハンド・ストロークは両手打ち。

顔の黒いシミが話題に・・・

テニス選手はみんなそうですが、顔や体中にシミがあります。

女優のような美貌と、モデルのような8頭身の抜群のスタイルで人気のテニスプレーヤー、マリア・シャラポワにもやはりあります。

以前まではそんなに気にならなかったこのシミ問題も、それは現在、映像技術が発展し今まで以上に、はっきりくっきりシミを映しだしてくれるため気になってしまいますよね。

テニス選手は子供の頃から、ちなみにシャラポアは4歳だったため幼児の頃から、紫外線の下で練習しているため仕方がないことです。

さらに肌の白い彼女は、余計にシミが目立っている様子でこのシミについて、老けたという声も上がっている中、こんなことが囁かれています。

シャラポワのこの黒いシミについて、とある”人気アニメキャラクター”に似ていると話題になっています。

それは…デビルマンです。

彼女が美人なだけになおさらショックとの声も…。

そう言われたら、デビルマンにしか見えなくなりますね。

現在のランキングは?

シャラポワは2016年1月に開催された、全豪オープンでの検査でドーピングが発覚しました。

そのことについて後日、シャラポワは記者会見を開いて事実を話し、自分の非を認めた上で国際テニス連盟から、長期間の出場停止命令が下る可能性を語りました。

そして、国際テニス連盟から2年間の出場停止処分を受けましたが、シャラポワ側の弁護団から処分の緩和を求めて裁判が開かれ、1年3ヶ月に処分が軽くなりました。

その後、シャラポワは出場停止期間の1年3ヶ月を終えて、ポルシェ・テニス・グランプリでワイルドカード(主催者招待枠)で復帰を果たしましたが、この特別待遇にトッププレーヤーを含む選手から不満の声が出ていたそうです。

シャラポワは出場停止期間中に、それまで稼いでいた世界ランキングポイントが全て消失していたため、全米、全豪、全仏、ウィンブルドンのグランドスラムへの出場権は無い状態でした。

しかし、主催者招待枠であるワイルドカードがあれば条件を無視して大会へ出場できるようです。

そのことによりシャラポワは、ドーピング問題明けにいきなりポルシェ・テニス・グランプリでワイルドカードによる出場で、復帰したことに不満を唱える選手は少なくなかったようです。

そんな彼女の現在のランキングは、世界ランキング23位だそうです。

完全復帰した彼女、この様子なら世界ランキング1位になるのも時間の問題かもしれませんね。

その美しい容姿で魅了し、女子プロテニス界で世界ランキング元1位のマリア・シャラポワ。

11年連続長者番付1位を記録してきたのも彼女。

しかし、2016年にドーピング問題が発覚し、悪質なものだと判断できなかったことから処分期間が短くなり、ワイルドカードでの復帰も認められました。

今やランキングはすっかり落ちてしまいましたが、また世界女王に君臨するのは遠くないかもしれませんね。