最初に結論!マイケルジョーダンさんは現在、元選手としてはNBA史上初の筆頭オーナーとして働いています。

マイケルジョーダンは、「バスケットボールの神様」として今なお、名前が語り継がれている伝説的選手です。

バスケットボールのプレイヤーが憧れる背番号「23」は、マイケルジョーダンが着用していたナンバーです。

プロフィール

マイケル・ジェフリー・ジョーダン(英語: Michael Jeffrey Jordan)

1963年2月17日生まれ、アメリカ合衆国の元バスケットボール選手。

NBAのシカゴ・ブルズ、ワシントン・ウィザーズでプレーした。

その実績からバスケットボールの神様とも評される。

15年間の選手生活で得点王10回、年間最多得点11回、平均得点は30.12点でNBA歴代1位、通算得点は32,292点で歴代4位。

1990年代にシカゴ・ブルズを6度の優勝に導き、5度のシーズンMVP、6度のNBAファイナルMVP受賞。

また、1984年のロサンゼルスオリンピックと、1992年のバルセロナオリンピックにおいてアメリカ代表(ドリームチーム)の一員として2度にわたり金メダルを獲得した。

現役時代の背番号23はシカゴ・ブルズ、マイアミ・ヒート、ノースカロライナ大学の永久欠番。

1996年、NBA50周年を記念したNBA50周年記念オールタイムチームの一人に選出。

2009年にはバスケットボール殿堂入りした。

現役引退後、2010年にシャーロット・ボブキャッツ(現・シャーロット・ホーネッツ)を買収し、現在は実業家として同チームの筆頭オーナーを務めている。

背番号の由来

バスケットボールに興味のない人でも、マイケル・ジョーダンの名前は知っているのではないでしょうか。

そんな世界的なスターであるマイケルジョーダンの背中には、いつも”23”が背負われていました。

その”23”という番号は、マイケルジョーダンのとあるエピソードが関係しているようです。

バスケット選手が憧れる背番号”23”の由来とは、一体どういうことなのでしょうか?

それは、マイケルジョーダンが幼少期の頃から憧れていた兄であるラリージョーダンが、着用していた背番号が”45”だったそうで、マイケル・ジョーダンは「兄の半分以上はうまくなりたい」ということから、”45”を半分に割り端数を切った”23”を選んだそうです

ノースカロライナ大学でもそのまま23番を着用し続け、1984年にブルズからドラフト指名を受け3ピートを達成した1993年まで”23”を着用しています。

そして、マイケル・ジョーダンがNBAから最初の引退をして、MLBに挑戦した時にはメジャーリーグに昇格できませんでしたが、マイナーリーグに所属していたチーム、バーミングハム・バロンズでは45番、スコッツデール・スコーピオンズでは35番を着用していました。

現在、何してる?

そんなマイケルジョーダンの現在は、何をされているのでしょうか?

まずは、マイケルジョーダンの収入源ですが、NIKEから”エアジョーダン”が現在も販売されており、いまだに契約が続いています。

やはりバスケの神、マイケルジョーダン!

現役選手を引退した今もそのモデルは、人気があるようです。

そして、マイケルジョーダンはNBAに2度の復帰をし、引退。

その後は、マイケルジョーダンの出身地・ノースカロライナ州のNBAチーム、シャーロット・ボブキャッツの共同オーナーとなって、選手人事の最終決定に関わる仕事をし、チーム経営に携わっていました。

天才ジョーダンが選ぶ選手なら間違いなく活躍しそうですよね。

そして、2010年にボブキャッツを買収し、現在、元選手としてはNBA史上初の筆頭オーナーとして働いています

チーム名はシャーロット・ホーネッツに改名。

2015年にはシャーロットのオーナーとしてビジネスアワードで受賞。

この時よほど嬉しかったのか、涙を流しています。

2016年には大統領自由勲章を受賞しています。

バスケットボールの神様と称されNBAで、長年活躍してきたマイケルジョーダン。

現役時代の最高年俸は、なんと33億円を超えると言われています。

そして、天才プレーヤーはビジネスでも天才で、資産もこれからどんどん増えそうです!

幻のプレーなど数々の伝説を残した、マイケルジョーダンが今後何をしてくれるのか。

期待しましょう。