最初に結論!小渕優子さんは、現在も国会議員として仕事をしています。

小渕優子は、群馬県出身で東京都育ちです。

昭和48年12月11日生(1973年)生まれ、射手座(A型)。

小渕家の二女として生まれ、父は第84代内閣総理大臣の『小渕恵三』になります。

プロフィール

平成12年・平成15年・平成17年・平成21年・平成24年・平成26年・平成29年に当選しており、国会議員としてキャリアを積んでいて、現在も議員として活躍しています。

星美学園小学校に通った後、成城学園中学校高等学校、成城大学経済学部経営学科と額絵氏時代を過ごした後、テレビ局TBSに入社してはなまるマーケットに出演することもありました。

1999年には、父親小渕恵三が総理大臣になったのをきっかけに、秘書になることを決意しTBSを代謝することになります。

総理になってからわずか1年してから、小渕恵三内閣総理大臣が脳梗塞で倒れて死亡していまいます。

父親の意思を継ぐためか、自由民主党公認群馬5区で出馬し見事当選を果たします。

その後、衆議院議事進行係や議院運営委員会理事を経験して、議員としてのレベルを高めていくのでした。

2005年には当時から現在まで大きな問題となっている『少子化』を一から学ぶために早稲田大学大学院公共経営研究科に入学します。

少子化についての勉強を重ねて2006年に早稲田大学大学院を卒業します。

2008年に麻生内閣が発足すると、内閣府特命担当大臣として抜擢されます。

この時の彼女の年齢は『34歳9ヶ月』であり、戦後最年少での入閣として話題を集めました。

早稲田大学大学院公共経営研究科で学んだ、少子化の知識を活かして少子化対策を打ち出すなど、さまざまな少子化の対策を出しました。

現在も少子化問題について重要視しており、他には社会保障で不安のない老後、災害に強いまちづくり、女性活躍推進を抱負にして活動をしています。

今後も小渕優子議員を応援していきましょう!

旦那との関係

小渕優子の旦那は瀬戸口克陽という名前の人で、テレビ局TBSでドラマプロデューサーをしています。

ドラマの構成や出演者を決めるなど、ドラマを作る上では欠かせない人です。

小渕優子がもともとTBSに入社していた過去につながりを持っていたのかもしれませんね。

瀬戸口克陽は別名『高視聴率男』と言われるほどの活躍ぶりを見せています。

彼が手がけた作品では木村拓哉や長谷川京子が出演する『華麗なる一族』や、嵐の松本潤と井上真央が主演する『花より男子』では恋愛ドラマブームの火付け役となりました。

花より男子はドラマの後は映画化されましたし、今でも根強いファンが大勢います。

今の20代や30代の人達はほとんどの人が見たのではないでしょうか。

小渕優子は現役議員ということもあり、婿養子になっており本名は小渕克陽に変わっています。

有給取得して子供の世話をするイクメンぶりも話題になりました。

現在、何してる?

小渕優子は現在も国会議員として仕事をしています。

経済産業大臣に選ばれるほどであり、政治家として評価されていることは間違いありません。

父親は総理大臣まで駆け上がった人ですし、彼女にも政治家としての才能があったと言えるでしょう。

最近は、そこまで目立ってテレビで報じられることはありませんが、将来は大臣になったり、あるいは総理大臣の座を狙ったりする日も来るかもしれません。

一時期は政治資金不正の疑いがかかり、国民からの信頼が一気に失われた時期もありましたが、今はもう忘れている人も多いようです。

しかし、中には政治資金の問題について充分な説明が果たされていないと、説明責任について求める人もいるのだとか。

また、嵐の櫻井翔との関係が注目されることもあります。

親戚関係にある説が有力ですね。

また、いとこや幼馴染という説も多いです。

実際のところは謎に包まれたままです。

小渕優子についてのさまざまな情報をご紹介しましたが、いかがでしょうか。

国会議員としては超一流であり、旦那がテレビプロデューサーというのも話題性に尽きません。

今は大臣などの役職には就いていませんが、時が来れば再び大臣やそれ以上の座に就くはずです。

父親が総理大臣になった直後に倒れてしまった過去もありますし、父のためにも総理大臣を目指しているのかもしれません。

テレビ局から国会議員という異色の経歴の持ち主の小渕優子。

今後も小渕優子から目が離せませんね!