最初に結論!ロナウジーニョさんはチームを離れ太ったようですが、現在は自身のサッカースクールを運営しています。また、ミュージシャンとしても活動しているようです。

かつてリーグ優勝やチャンピオンズリーグ制覇に貢献したロナウジーニョさん

彼のテクニックに圧倒される人も多いと思います。

そんな彼の現在も気になりますよね。

今回はロナウジーニョの現在と衝撃の生活を紹介したいと思います。

プロフィール

ロナウジーニョさんは、1980321日生まれ、ブラジル出身です。

本名は、ロナウド・デ・アシス・モレイラです。

ロナウジーニョというのは、小さなロナウドという意味で、ブラジル代表選出当時にロナウド・ルイス・ナザーリオ・デ・リマと言う選手がいたため、区別する必要があったからと言われています。

また、ロナウド・ルイス選手も1996年のアトランタオリンピックでブラジル代表に選出された時にロナウジーニョと登録し、まぎらわしくなり、ガウーショとも呼ばれていました。

ガウーショは南米のカウボーイを意味しているそうです。

ロナウジーニョさんは、8歳で父親を亡くし、当時プロサッカー選手だった兄に憧れてフットサルに明け暮れた幼少期を過ごしました。

兄のロベルトさんがサッカー選手だったので、ロナウジーニョの年収がプロ契約をしたことで裕福になり、6歳のときにプール付きの豪邸で生活をしていたそうです。


グレミオの下部組織でサッカーを始め、1998年のコパ・リベルタドーレスでトップチームデビューを飾りました。

2001年にはフランスのパリ・サンジェルマンFC5年契約を結んだのです。

2003年から2008年にはバルセロナに在籍し、リーグ優勝やチャンピオンズリーグ制覇に貢献しました。

彼個人としてもバロンドールを2005年に受賞し、FIFA最優秀選手賞を2004年、2005年と連続で受賞しました。

そんな彼は華麗なプレースタイルから魔術師と呼ばれていました。

2008年にはACミラン、2011にはCRフラメンゴ、2012にはアトレチコ・ミネイロ、2014にはケレタロFC2015年に脱退し、以後は無所属になりました。

過去には母国のブラジルのリオデジャネイロに豪邸を建てたことが報じられ、リッチな生活をしていたようです。

チームを離れ太った?

ロナウジーニョさんが太ったのではないかと言われています。

画像を見てみると少しお肉がついているように見えます。

ワールドカップ南アフリカ大会ではブラジル代表にも選出されなかったそうで緊張感がなくなったのか、気を紛らわせるためについつい食べすぎてしまったのか、お腹が出てしまったようですね。

ミランに所属しているときに不調が続き、イタリアのガゼッタ・デッロ・スポルト紙によると高額な年俸を理由に放出されるかもしれないと伝えられました。

かつては有名プレイヤーとして活躍していました。

彼が有名プレイヤーの仲間入りしたきっかけは2002年に行われた日韓ワールドカップです。

当時22歳でブラジル代表の中では若手でしたが、ロナウドやリバウドといったスター選手の中で鮮やかなプレーで注目されました。

準々決勝のイングランド戦で30メートル超えのロングシュートを決めるなどブラジル優勝に貢献しました。

ドリブルやパス、シュートなどプレーでファンを魅了していたロナウジーニョさん。

中でもフェイントでも観客を楽しませてくれました。

彼の代名詞でもある「エラシコ」というテクニック。

ポルトガル語で「輪ゴム」という意味で、ボールと足が輪ゴムで繋がっているかのように、外側から内側にも戻ってくるというものです。

彼の全盛期は、2003年から2005年の2シーズンだと言われています。

しかし、長くは続きませんでした。

その理由はあまり練習熱心ではないからです。

試合後や前日も夜遊びをしていたことが報じられたり、ナイキのCMなどプロモーション活動に熱心になっていたからだと言われています。

2007から2008年シーズンは負傷が多かったそうです。

この動画見てもらうとロナウジーニョさんの凄さがわかります。

クロスバーにボールを当てて、自分のところに戻しています。

クロスバーに当てると違うところに飛んでいきそうな気がしますが、コントロールができていてすごいですね。

このテクニックに驚かされました。

現在、何してる?

ロナウジーニョさんは2018年に現役を引退されました。

引退したあとも様々なイベントに参加しています。

ジュニア選手の育成を進めているようで、自身のサッカースクールを運営しているのです。

また、ミュージシャン活動をしていて、20173月にソロミュージシャンとして、シングル「Sozinho」をリリースしていて、バンドを従えてライブハウスなどでパフォーマンスを見せています。

自然保護地区での違法建築で罰金200ユーロ(26千万)以上を支払うように言われましたが、支払わなかったので、ブラジル裁判所はロナウジーニョさんと兄弟に対して海外逃亡を防ぐためにパスポートを没収することにしました。

またロナウジーニョさんの口座の差押えを行いましたが、口座には24.63レアル(750)しか入っていなかったそうです。                                                   

たくさんのお金を使っていたそうですね。

現役を引退し、音楽活動を行っているロナウジーニョさん。

サッカースクールも運営しているそうなのでこれからもサッカーに携わることをしてもらいたいですね。