いまやハリウッドでも俳優として、活躍している真田広之

アクションやエキゾチックな演技力などが大絶賛され、日本を代表するイケメン俳優として世界を舞台に躍進続ける姿に、多くの方が注目しています。

そんな彼の現在とは?

プロフィール

真田広之(サナダ ヒロユキ)俳優。

1960年10月12日生まれ、東京都出身。

A型。

1966年、映画『浪曲子守唄』で子役としてデビュー。

同じマンションに住んでいた高田浩吉の息子と遊んでいたところを芸能関係者にスカウトされ、幼児向け雑誌のモデルなどを経て、5歳で劇団ひまわりに入った。

1966年に千葉真一主演映画『浪曲子守唄』でデビューし、続けて千葉や高倉健の主演作品に息子役で出演。

その後、父を癌で亡くしたが、中学校入学と同時に、幼少時に共演した千葉真一が主宰するジャパンアクションクラブ(JAC)に入団。

時を同じくして母の勧めにより日本舞踊の玉川流に入門。

1974年には映画『直撃!地獄拳』に出演した。

高校入学後、千葉のアドバイスで学業専念することになり、一旦芸能活動から身を引く。

1978年、映画『柳生一族の陰謀』のオーディションに合格したことで芸能活動を本格的に再開。

再デビュー後は千葉真一の命名により、千葉真一の「真」と千葉の本名(前田禎穂)の「田」を組み合わせ、「真田広之」と名乗るようになった。

同年、日本舞踊でも玉川流の名取となり「玉川大輔」の名を受けた。

また、テレビドラマ『宇宙からのメッセージ・銀河大戦』で主演を務める。

日本大学藝術学部進学後も殺陣同志会に在籍して殺陣の向上に努めた。

同級生に船越英一郎がいる。

以降、映画を中心に俳優として活躍。

代表作は、TBS系ドラマ『高校教師』、映画『たそがれ清兵衛』『亡国のイージス』など。

2003年の映画『ラスト サムライ』以降は海外に拠点を置き、ハリウッド映画を中心に活動している。

ハリウッドで大活躍

平成生まれの若い世代には、真田広之さんを知らない人が多いのではないでしょうか。

最近は、世界のケン・ワタナベに並ぶハリウッド俳優として、注目されている真田広之さん。

ハリウッドで大活躍されているようです。

日本で活躍されていた頃には、テレビドラマ『高校教師』が大ブレイクし、雑誌『アンアン』では「好きな男ランキング」1位に選出されたりもしました。

そんな中、2003年公開の『ラストサムライ』に出演したことで、日本を代表する俳優の一人となり、ついにロサンゼルスに拠点を移します

そんな真田広之さんですが、俳優として活躍されているのはもちろん、アクション俳優としても注目されているようです。

通常、危険な撮影はスタントマンを起用しますが、多くの経験と実績に、いまや真田広之さん本人にスタントを求められているようです。

本場でのスタントマンを差し置いて、信頼を得るほどの技術をお持ちということでしょう。

そんなハリウッドで、活躍する真田広之さん。

なんと映画一本のギャラが一億円という噂もあります。

ハリウッドの規模で考えるとこれが普通なんでしょうか…凄すぎますね。

年収にすると数億円規模になります。

アジア系でアクションも出来る俳優は少なく、真田広之さんにしか演じられない役柄も多いので、この収入が本当だとしても不思議ではないですね。

彼女は?

そんな、世界の真田広之さんに現在彼女はいるのでしょうか。

真田広之さんは、女優の手塚理美さんと離婚し、その離婚原因の葉月里緒奈さんとも別れ、そんな中、唯一噂になった熱愛報道のお相手はなんと天海祐希さんです。

お二人は、天海祐希さんが宝塚時代からの知り合いとのこと。

互いに舞台を観に行ったり、アニメ『ミニオンズ』の声優で共演したりと、元々仲良しとのことで噂になったようです。

しかも、アメリカで密会とも噂され、結婚との話も出ているようですが…

特に日本の芸能人は海外で自由に過ごせることから、友達づきあいであったとしても誤解されがちのようです。

そして、この熱愛騒動に続報はなく、話題としても盛り上がらなかったことから、むしろ仲の良い友達ということが認知されたのではないでしょうか。

美男美女のお二人、とてもお似合いですが友人関係ということにも、ついつい納得してしまいます。

そして、真田広之さんの現在の彼女について調べてみたものの、特にこれと言った情報もなく、決まった彼女はいない様子です。

お若い時も素敵でしたが、歳を重ねてさらに素敵になっている真田広之さん。

今は穏やかに暮らしているのでしょうか。

現在の姿

世界進出をはたした俳優の真田広之さんは、バツイチの独身で現在58歳、主に海外に拠点を移して活動しています。

そのことから、日本では真田広之さんの演技をなかなか拝見できなくなってしまいました。

若い頃からイケメンで女性からは、高い人気がありましたが、現在はどんな姿になっているのでしょうか。

やはり、イケメンですね。

歳を重ねられてさらに魅力がましたような雰囲気で、海外でも人気があるのがわかります。

そんな中、真田広之さんの英語能力も注目されていて、かなりネイティブなようです。

そんなところからも、活躍されている理由なのかもしれません。

ちなみに、1997年に離婚が成立した手塚理美さんと真田広之さんですが、現在でも子供を交えて記念日などには一緒に食事をする間柄だそうです。

離婚後も誕生日やクリスマスなどの記念日には、子どもも一緒に4人で過ごし、長男が中2の時、母である手塚さんと口をきいてくれなくなったときには真田さんに相談。

手塚さんは「(男の子って)そういうもの」と、アドバイスをもらっていたことも明かしています。

そんな手塚さんは元夫について、「恨みつらみもない。愛から尊敬に変わった。米国で単身がんばる姿は、私にはできない」と口にしたそうです。

さらに、”円満離婚”を強調し「こんなに一緒に会ってるなら、よりを戻してもという思いはありますけれど、(米国での挑戦を)邪魔したくない」と離婚後、約20年経った今も元奥さんにこんなこと言わせてしまう真田広之さんは、罪な男ですね。

真田広之さんの現在の活動や彼女など、気になることを追いかけてみると…

どうやら地道に、彼らしく生きているのではないかという印象です。

真面目さゆえの初スキャンダルが、”魔性の女”葉月里緒奈さんで、最近の熱愛報道のお相手は、さばさばしたイメージがある天海祐希さん、なんだか真田広之さんの悪気のなさを感じてしまいます。


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!