1990年代にドラマ『ビーチボーイズ』や『GTO』に出演したことで、注目を集めた反町隆史

女優・松嶋菜々子との結婚も話題になり、人気を博していましたが、”干された”のではないかという噂も囁かれています。

プロフィール

反町隆史(ソリマチ タカシ)俳優。

1973年12月19日生まれ、埼玉県出身。

AB型。

デビュー当初はジャニーズ事務所に所属しており、平家派のメンバーとして光GENJIのバックダンサーを務めていた。

中学3年生であった当時は本名の野口隆史で芸能活動をしていた。

16歳の時にはモデル事務所に所属し、ファッションモデルとして活動、パリ・コレクションにも出演。

以降、プライベートで、ボクシングジムに通い体作りに取り組んだり、詞を書きとめ続ける創作活動に取り組む。

1994年春に所属事務所を研音に移籍してからは俳優として活躍。

この時に現在の芸名に改名する。

由来は龍反町で、社長が「龍のような男になれ」という願いを込めて名付けたという。

1994年7月にテレビドラマ『毎度ゴメンなさぁい』で俳優デビュー。

以降、テレビドラマを中心に活躍する傍ら、1997年から歌手としても音源リリースやライブ活動などを積極的に敢行。

1997年から1998年にかけて『バージンロード』、『ビーチボーイズ』、『GTO』といった話題作に立て続けに出演し、高視聴率を獲得。

特に『GTO』は、最高視聴率35.7%を記録し、大ヒットとなった。

ドラマ『GTO』で共演した松嶋とは、『GTO』撮影終了から約1年後の1999年11月に交際がスタートし、2001年2月21日ZEPP TOKYOでのライブ(国内最後のライブとなっている)を終えた後に結婚。

2月22日に、反町自身の公式サイトでファンに報告し、フジテレビのスタジオで、反町、松嶋2人揃って会見を開いた。

2人の人気は当時絶頂であり、ビッグカップル誕生と騒がれた。

現在の仕事内容

反町隆史さんは以前『GTO』や『ウォーターボーイズ』などの人気ドラマに主演し、視聴率もかなり高く人気を博していました。

しかし、その後は様々なドラマに出演していたのですが、どの作品も視聴率が平均10%ほどで、伸び悩んでいたそうで、そして徐々にテレビで見かける機会が減っていったようです。

そんな反町隆史さんは、現在人気ドラマシリーズ『相棒』に出演していますが、それ以外にはあまり見かけません

一部報道では、琵琶湖にある別荘で釣り三昧との話もあります。

そして、妻の松嶋菜々子さんがテレビに出演し続けている一方で遊んでいる反町隆史さんは、「ヒモ夫」だとも…。

しかし、以前のように多くではありませんが、ドラマなどの作品に出演していますし、家では子供の送り迎えや家事などを行なっているようなので、いい旦那さんだと感じます。

ではなぜ反町隆史さんのテレビ出演が減ったのは、まじめすぎる性格が原因だとも言われています。

反町隆史さんは、とてもまじめな性格のために前の役を引きずってしまい、現在の役に影響が出ることがしばしばあったのだとか。

そういった理由から、使いづらい俳優となっているようです。

今の生活

そんな反町隆史さんは、テレビで見る機会が減って今は劣化したなどとも言われています。

イケメン俳優として大人気だった反町隆史さん、本当に老化してしまったのでしょうか。

調べてみました。

まず現在、出演中の『相棒』の反町隆史さんを見てみましたが全くそんなことはありませんでした。

年月が過ぎたので歳はとりましたが、むしろダンディな感じになっていて、とても素敵です。

そして、反町隆史さんと松嶋菜々子さんは、琵琶湖に別荘を持ってテレビに出なくなった今、反町隆史さんがその別荘で1人釣りを楽しんでいるのだとか。

そして、長女とも釣りをしながらゆっくりと学校の話を聞いたりもしているそうです。

こんなにかっこいい反町隆史さんが、旦那やパパならばとても嬉しいですよね。

そして、反町隆史さんは、水谷豊さんの4台目の相棒で、今回の反町隆史さんのシリーズがいつもと違って長く続いていることから、高評価を得ています。

前作での及川光博さんと成宮寛貴さんは、3年でシリーズが終了しているのですが、反町隆史さんのシリーズはなんと4年目に突入しています。

これには、反町隆史さんと水谷豊さんの信頼関係や仲の良さが関係しているそうです。

反町隆史さんは、昔ほどはテレビで見かけなくなりましたが、現在も『相棒』に出演していますし、”干された”わけではありません。

妻である松嶋菜々子さんと協力しあって、育児を頑張っていることでしょう。

また、釣りを楽しんでいる反町隆史さん。

釣りをしながら子供とのコミュニケーションも測っているようなので、素敵なパパさんですね。