大人気番組から誕生した「わらべ」、女性3人組のアイドルグループとして人気を博しました。

しかし、メンバーの一人である高部知子さんが”ニャンニャン”騒動で謹慎。

芸能界の引退を迫られる事態に!!

そんな高部知子さんの、現在とは…?

プロフィール

高部知子(たかべともこ)1967年8月25日生まれ、女優・タレント・精神保健福祉士。

心の専門家を育てる悠學塾主宰。

慶應義塾大学文学部(通信教育課程)卒業。

学士(人間関係学)。

東京福祉大学精神保健福祉士養成コース、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存薬物専門課程修了。

東京都認定薬物専門講師。

浄土宗西山深草派教師。

東京都生まれ。

幼少期は病弱で、読書が趣味だった。

一方で、読んだ書物の登場人物になりきって演技を試みる癖があった。

小学生の時に児童劇団に所属し、1979年の映画『東京大空襲 ガラスのうさぎ』でデビュー。

その後、プロダクション(ボンド企画)にスカウトされ、1980年、テレビドラマ版の『ガラスのうさぎ』(NHK)に出演。

1982年、テレビ朝日『欽ちゃんのどこまでやるの!?』で萩本家の愛娘として、3人で構成されたユニット「わらべ」の長女・のぞみを演じる。

1983年、穂積隆信の家族で実際に起きた非行問題をまとめたノンフィクションをドラマ化した『積木くずし〜親と子の200日戦争』で主人公・不良少女役を演じる。

ニャンニャン画像が話題

高部知子さんといえば…”ニャンニャン”騒動を思い出す方も少なくないでしょう。

その騒動から40年以上経過した現在も、何かとその”ニャンニャン”画像が話題になっています。

清純な少女アイドルとして、活躍していた高部知子さん。

さらに彼女の人気に拍車をかけたのは、1982年にテレビ朝日で放送されていた『欽ちゃんのどこまでやるの!?』で萩本家の三つ子の愛娘長女、のぞみ役で登場し瞬く間に多くの人が知る存在になりました。

そして、世間を驚かせたのは1983年に穂積隆信さんの家族内で実際に起きた非行問題をドラマ化した、『積木くずし~親と子の200日間戦争』で主人公の不良少女役を演じて大変話題になりました。

しかし、1983年6月”ニャンニャン”騒動が勃発し世間は騒然となり、高部知子さんは現在でもまだこのイメージを強烈に残しています。

では、”ニャンニャン”画像とはどういうものでしょうか?

裸で布団から顔を出し、タバコをくわえたプライベートショットで、この時15歳だったこともありたちまちセンセーショナルな事態に!!!

そして、この画像が流出したことにより、彼女が出演していた番組には「早く首にしろ!」というクレームも殺到。

しかし、業界の中でも人気だった彼女は”謹慎”だけで済むものと考えられていました。

しばらく謹慎し騒動が落ち着いた後は、”復帰”という目論見だったそうです。

しかし、その騒動は大きくなるばかり…現在でいえば”大炎上”状態でした。

確かに、15歳の人気アイドルの生々しい“事後の一服”を思わせる衝撃度の画像は、現在でも大ごとになることでしょう。

当時は規制も緩く現在では考えられない物も、テレビ番組で放送されていました。

ですが、未成年の喫煙だったこともあり彼女はテレビ、ラジオ、CM、映画などの出演予定を全て白紙にされ、通っていた堀越高校も無期停学へと追い込まれました。

そんな傷心の高部知子さんをまたも追いつめたのは、この写真を流出させた男性が騒動勃発から3カ月後に、ガス自殺を図って亡くなってしまったことです。

これによって、さらに高部知子さんは人生の歯車を大きく狂わせられました。

その後この写真は”やらせ”であったことが判明しますが、このニャンニャン画像がこれまでも大きく取り上げられ、完全に高部知子さんのイメージは一変。

そして、今まで通りに芸能界復帰は出来なくなってしまいました。

現在

ニャンニャン騒動により一度は芸能界を引退した高部知子さんですが、1999年に芸能界に復帰します。

しかし、復帰後の高部知子さんは大胆な写真集や官能ビデオなどにも出演し、以前のイメージが一変してしまいました。

そして、プライベートでは22歳で幼馴染と結婚し、夫婦でコンビニエンスストアの経営に努め、お子さんも2人いらっしゃるようです。

しかし数年後、離婚。

その後も再婚したそうですが、再び離婚しているそうです。

そんな高部知子さんの今現在の活動を調べてみると、2005年に慶應義塾大学文学部の通信教育課程を卒業し、2007年には東京福祉大学精神保健福祉士養成コースを終了しています。

薬物依存の人に対するカウンセリングや指導などをする東京都認定薬物専門講師として、講演活動をされていました。

他にも、浄土宗西山深草派教師としても活躍しているそうです。

さらに、精神保健福祉士の資格を取得しています。

このように様々な資格を生かし、全国各地の精神医療・福祉関連施設で、認知症の人や薬物依存の人のカウンセリングにも取り組んでいるそうです。

世間に大きな衝撃を与えた”ニャンニャン”騒動で、高部知子さんは芸能界を引退しています。

あまりにも衝撃的な内容だったため、高部知子さんは悪い意味で大きな注目を集めてしまいました。

その後、芸能界に復帰はしますが…ニャンニャン画像のイメージが消えず、うまくいきませんでした。

結局、またも芸能界を引退。

そんな波瀾万丈な人生を歩んできた高部知子さんは現在、福祉に関するさまざまな資格を取得し、講師として活躍されているようです。

波瀾万丈な人生を歩んできたからこそ、頑張ってこられたのかもしれませんね。

今現在でも、芸能活動もされているようなので、今後も注目しましょう。


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!