ドラマ『念仏』での演技が話題!

「幼稚園に入れなかったから1年どうしようか…」と迷い、その時に母親の思いつきで芸能界入りを果たす事になった谷花音さん。

それが2007年の時です。

翌年の2008年から子役として芸能活動を開始し、2011年には「名前をなくした女神」に出演。

同年の7月には「全開ガール」で桜川日向役を演じ注目を浴びます。

泣く演技を得意としており、当時から演技に評価があった谷花音さん。

そんな谷花音さんが出演した「病室で念仏を唱えないでください」での木村尚役が話題となっています。

気になる本題の前に、ドラマを知らない方にも分かるよう少しだけ説明させて頂きます。

病室で念仏を唱えないでください。は、原作がビックコミックで連載中のマンガとなっており、主役の松本照円は、救命救急センターで働く救命士ですが、僧侶もしています。

この為、医療現場でも僧侶姿で現れる事があり、患者はもちろん、医療現場の職員もビックリ展開。

更に、自身は僧侶として生きているものの悟りは開ききれていない為、煩悩に悩まされるという。

その中で松本照円が「生きること」「死ぬとはなにか」といった問いかける1話完結ドラマとなっています。

最終話にあたる第10話に出演したのが谷花音さんです。

谷花音さんの役柄は、通り魔殺人に母親を刺されてしまった娘が、倒れている母に必死に呼びかけます。

そして、自殺を図ろうとした犯人を止め、命を救った松本照円に「なぜ加害者の命を救うのか」と責め立てるといった役柄をこなされています。

自身で泣く演技を得意としているというだけあって、この姿が凄いと話題になっているんですね。

見ているこちらまで感情移入できる迫真演技を披露されていますから、話題になるのも納得です。

当時から演技に評価があった谷花音さんだからこそ見せれる安定の演技力ですね。

現在の姿

芸能活動を一時休止している花音ちゃん。

小学生のときの可愛らしいイメージが強いですが現在はどうなっているのでしょうか?

一部では「顔がでかい」「劣化した」なんて声も耳にしますが現在の姿について見ていきましょう!

うーん…。

言われてみれば確かにふっくらしているような気もします。

顔が丸みを帯びたのが原因でしょうか?

ただ、ガリガリのモデルさんよりもこれくらいぷにっとしている方が可愛らしいですよね。

「劣化した」としてよく出てくる画像ですが、髪型とメイクにもよるのではないでしょうか?

幼かった当時を知るファンからしてみると、成長し大人びていく姿が“劣化した”という表現になるのかもしれないですね。

劣化したと嘆くファンがいる一方で、相変わらずの可愛さを評価する人も多いようです。

確かにこの可愛さは女神ですね!

お待たせしました!

花音ちゃんの現在の画像がこちら!

全国統一小学生テストのCMに出演した際の花音ちゃんですが、この年齢ではなかなか出せない大人の色気がすごいですよね!

「劣化した!?」と騒がれていましたが、どうやらまったく心配なさそうです。

ランドセルを背負っていますが、小学生には見えません!

この画像はどことなく佐々木希さんに似ているような気がしませんか!?

花音ちゃんの将来がとても楽しみですよね!

佐々木希さんだけでなく安達祐実さんにも似ていますね!

小学校6年生から3年間の期限付きでの芸能活動休止ということですから、本格的に復帰する日もそう遠くはないかもしれませんね!

実力派の花音ちゃんですから、復帰した際はまた素晴らしい演技を見せてくれることでしょう。

また、これだけ可愛らしい花音ちゃんですから女優としてだけでなくモデルさんとしても活躍できそうですよね!
今後の活躍、動向にも注目が集まりそうです!


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!