五輪で金メダル2個を始め前人未踏の戦績を残し、日本を代表する元柔道選手・谷亮子さん

ヤワラちゃんの愛称で親しまれ、前参議院議員まで務めた彼女ですが、現在”無職で歩けない”!?という噂が浮上しています。

その真相とは…。

プロフィール

谷亮子(タニ リョウコ)1975年9月6日生まれ、日本の柔道家(女子六段)。

元参議院議員(1期)。

旧姓:田村。

柔道選手としてはオリンピックで2度、世界選手権で7度金メダルを獲得した。

2018年1月には、女子としては極めて異例の飛び昇段で6段になった。

帝京大学文学部卒業、日本体育大学・大学院修了。

夫は谷佳知である。

2010年の第22回参議院議員通常選挙で民主党の比例候補として当選し、政界入り。

民主党スポーツ議員連盟会長、日本未来の党幹事(遊説担当)、生活の党と山本太郎氏となかまたち副代表兼参議院幹事長などを歴任した後、改選となる2016年の第24回参議院議員通常選挙には立候補しなかった。

血液型はB型。

階級は48kg級。

組み手は右組み。

段位は六段。

得意技は背負投。

福岡工業大学附属城東高等学校、帝京大学文学部卒業、日本体育大学・大学院博士前期課程修了。

元トヨタ自動車所属。

日本オリンピック委員会・選手強化キャンペーン・シンボルアスリート制度を適用。

世界選手権6連覇、全日本体重別11連覇、福岡国際11連覇、オリンピックでは2度の金メダル、2度の銀メダル、1度の銅メダルと出場した5大会全てでメダルを獲得するなど圧倒的な戦績を誇り、女子柔道、柔道の普及に大きな貢献をした。

無職!?

”最高でも金、最低でも金”や”田村でも金、谷でも金”など数々の名言と、その言葉通りの実績を築いてきた元柔道家の谷亮子さん。

2003年に、元プロ野球選手の谷佳知さんと結婚し、2人の子宝にも恵まれました。

柔道家として、女性として、母親として最高の人生を歩んでいた谷亮子さんでしたが、現在”無職”という噂があります。

一体どういうことなのでしょうか?

柔道選手を引退後、参議院議員通常選挙で民主党の比例候補として当選し、政界入りした谷亮子さん。

そして現在は、議員選挙に出馬しなくなってから表舞台からその姿をあまり見かけなくなった彼女。

そんなことから、現在”無職”とささやかれているようです。

谷亮子さんは、議員を辞めてからは柔道の普及活動に専念していたそうです。

その他にも、谷亮子さんには2人のお子さんがいらっしゃいますので、子育てにも追われていたようです。

このことから、家庭中心の生活をされているようで、まだ小さいお子さんたちを優先にされているため、以前のようにメディア露出が減少したと考えられます

ですから、”無職”という言い方は少し間違っているのかもしれないですね。

続きは次ページから!!


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!