元傭兵で危機管理コーディネーターのテレンスリー

現在は、テレビから”消えた”と言われています。

そんなテレンスリーの現在の本名が、加藤善照と公開されてしまいました。

そんな彼の正体とは…。

現在は何をしている?

現在

元傭兵であるテレンスリーさんは、1983年にロンドンでスカウトされたのをきっかけに、中米、アフリカ、南米などの戦いに参加し、10年ほどの実戦キャリアを持つと言われています。

1992年に引退後は、アメリカでボディーガードもやっていたようですが、翌年には帰国しています。

いろいろな職業を経験しながら、執筆活動も並行していて、2000年に危機管理コンサルタントとしてストーカー・DV被害者の救済にあたるように。

以降、テレビなどにコメンテーターやタレントとして、出演していくようになりました。

そんな中、テレンスリーさんは2016年7月26日に逮捕されています。

その容疑は2016年7月10日の参院選で、候補者を応援する際に報酬として現金を受け取ったとしてのことです。

幸福実現党から出馬したトクマ氏(本名:椙杜徳馬)を応援演説し、その見返りとして会社役員を通して現金10万円を受け取ったものとして逮捕されています。

当時、テレンスリーさんは仕事に恵まれず、生活に困っていたとして今回の起訴内容を認めています。

そして、2016年10月31日、東京地方裁判所の判決公判で、懲役10か月、執行猶予2年の有罪判決を受けました。

ちなみに、それまでのテレンスリーさんといえば、バラエティ番組にも結構出ていて本も多く出しているイメージでしたが、芸能界というものは浮き沈みも激しく、何かあればあっという間に見なくなります。

逮捕前のテレンスリーさんも多くの芸能人と同じく、長期間の安定は難しかったのかもしれません。

そんなテレンスリーさんは現在、復活を望んでいるようで、彼のTwitterをみると様々な活動をしているようです。

主に具体的な仕事等は、わかりませんが、以前のタレント活動中に知り合った関係者や友人などに支援してもらっている様子

歌手活動やイベントなどに参加し、その様子などから、今後またタレントやコメンテーターの彼を見られるかもしれません。

正体

そんなテレンスリーさんの正体は、本当に傭兵なのか?というのは前々から疑問視されていました。

そのきっかけとなったのが2009年12月、酔っぱらいに絡まれて殴られ、全治4週間の大怪我を負った事件です。

そこでテレンスリーさんは元傭兵という経歴なのに、なぜ?反撃をしなかったのかその理由で大きな話題になりました。

その理由についてテレンスリーさんは、このように語っています。

「普通の人間なら死んでいたが、私だったから耐えられた」「人間凶器の私が1発殴れば、危険なことになる」「これ言っていいのかな?現場に犬がつながれていて、その犬が怯えていたのでかばったんです」など…

ちなみに最後の現場に犬がいた件については、言う許可を一体誰に、何故求めているのかという謎…。

それこそ本当に傭兵でしたら、無駄な争いになりそうであるなら、現場を素早く離脱するなどしそうなものです。

さらに、ストーカー・DV被害などの危機管理コンサルタントをしているテレンスリーさん、女性問題で幾度も騒動になっています。

2015年3月、テレンスリーさんは慶應に通う女子大生であった桑名愛素佳さんに対するストーカー・セクハラ等を、週刊誌フライデーで告発されています。

この事件の内容は、シンガーソングライターとして活動する美人女子大生(桑名愛素佳さん)に対し、音楽活動をプロデュースする代わりにセクハラ的行為を求めたもの。

しかし、テレンスリーさん側は全面否定。

また被害にあったとされる女子大生側は、その後カラダを披露するなど、雲行きが怪しい感じにもなりました。

ただこの余波もあってか、当時所属していたオスカープロモーションとの契約が終了。

その後心機一転、新事務所に所属したテレンスリーさんですが、2016年6月に、またしても同様のセクハラ問題が原因で、事務所を解雇されています。

そして、2016年に逮捕されたことによって、テレンスリーさんの本名が”加藤善照”であることが報じられます。

そこから、ラジオDJやバーのマスターをしていたという正体が明らかになり、テレンスリーさんは本当に傭兵であったのか?という疑惑がますます強いものになりました

一説によれば、元々はフリーライターをやっていたがなかなか売れず、一儲けを狙って経歴を設定したとも言われています。

ラジオDJをやっていたということで、業界にはある程度詳しい、バーのマスターということは、様々な引き出しを持っているはず。

ということにより、テレンスリーさんのキャラ設定は見事にヒットしたようですね。

まとめ

女性問題や公職選挙法違反など、いろいろ騒動があったテレンスリーさん。

いずれも悪意を否定していて、彼のいうことだけを信じるならば、なんだかかわいそうにも感じます。

ですが、公職選挙法違反に関しては、ちゃんとした知識を持ってすれば未然に防げた事柄ですので、なんとも言えません。

テレンスリーさんが逮捕された当時は、現金5万円を受け取った疑い。

しかし3ヶ月後では10万円に、いつの間にか増えていたことに驚愕。

一度の受け渡しは、5万円だったということなのでしょうか。

しかし、現在はこれまでの関係者や友人に支援され復活を狙っている様子。

これまで徹底したキャラを演じ切ったテレンス・リーさん。

このことでむしろ”プロのタレント”と言って良いのではないでしょうか。

またキャラ設定を新たに、今後の活躍に期待してみましょう。


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!