老舗キャバレー、健康センターやスーパー銭湯などで地道に営業活動を続け、ファンを増やしてきた純烈。

昨年、活動当初から念願だった『紅白出場』をはたした。

しかし、メンバーだった友井雄亮さんが不祥事を起こし脱退。

現在とは?

現在

悲願だった『紅白歌合戦』に出演した直後の2019年1月、過去の交際女性へのDV疑惑が報じられ、純烈を脱退した友井雄亮さん。

その記者会見では、涙ながらにトラブルを認め芸能界を去っていきました。

その後、残りのメンバー4人で再出発した純烈は、新曲「純烈のハッピーバースデー」の振り付けをDA PUMPのTOMO&U-YEAHが担当し、両グループのファン間で話題になりました。

その一方、業界関係者によると…友井雄亮さんもまた、新たな動きを見せているそうです。

過去の交際女性に対してのDVに始まり、3000万円にも及ぶ多額貯金の使い込みなど、さまざまな過去が浮き彫りになりました。

そんなことから、芸能界から追放された友井雄亮さん。

実は、ある業種から”熱烈なアプローチ”を受けているそうです。

それは、ホスト界!

しかも老舗のホストクラブ幹部が動く店舗もあれば、芸能活動をするようなホストを抱えている新興ホストクラブも勧誘しているとか…。

その理由は、芸能界を引退するきっかけとなった他人の金を3000万円使いこむ才能!とも言われ、友井雄亮さんの”女性からお金を引き出す力”だそうです。

友井雄亮さんが強引に通帳と印鑑を盗んだわけではなく、あくまでも女性が手渡したとされています。

このことにホスト関係者は、注目しているというのです。

確かに、ホスト界なら十分に才能を発揮できるかもしれませんね。

そんな友井雄亮さんは芸能界を去った後、どうしているのかというと、出身地である大阪に帰っているそうです。

そして、最新の情報によると友井雄亮さんは、事務仕事や元の事務所がプロデュースしている飲食店などの仕事を手伝っているそうです。

そして、大阪府内に住む友井雄亮さんの母親も「具体的には言えませんが、前の事務所に面倒を見ていただいています。まだ純烈が活躍していることに『よかった……』と喜んでいます。実家にも帰ってきます。しかし、本人の芸能界復帰はもう…」と語ったようです。

このようなことから、もしかしたら…来年はないが、事務所は”数年後の復帰”を考えているようにも思われます。

DV被害者女性

友井雄亮さんは2014年ころから、都内在住で芸能関係者で被害女性のA子さんと同棲していたそうです。

しかし、たびたびA子さんに暴力をふるって、何度か警察沙汰になったようです。

その後、A子さんは妊娠・流産して、その傷ついた体と心に輪をかけるように「逆によかったやん」と暴言。

さらに、暴力で頭、手首、太ももを大怪我させてしまいます。

こういう経緯から、接近禁止の誓約書を書くということまで発展。

2016年に二度と接触しないという誓約書を交わして別れることになりました。

さらに、友井雄亮さんはこの女性の他にB子さんや元妻にもDVをしていたらしく、一部のファンでは友井雄亮さんがDVをするのは周知の事実だったようです。

「反省していたと思っていたのに、またやったのか…」「DVは治らないね」という声がネット上であがっていました。

今回、友井雄亮さんを芸能界追放するまでのスキャンダルをリークしたDV被害にあったA子さんとは、どんな方なのでしょうか?

情報では、都内在住で芸能界関係者のA子さん(30代)となっています。

芸能界関係者ということは、友井雄亮さんと職場で知り合ったかもしれませんね。

二人は、2014~2016年の2年間交際されていたようです。

そして、B子さんは事実婚同然の付き合いをしていたそうです。

そんなB子さんの貯金3000万円のうち、1700万円を競馬ギャンブルに使っていたり、隠し子がいたり、浮気を何回もしていたとのこと。

この時、友井雄亮さんは亭主関白でやり放題だったとか…。

これだけでもアウトなことばかりで、驚きますよね!

そして、当然かもしれませんが、A子さんやB子さんの情報はこのくらいしかなく、もちろん画像も公開されていませんでした。

誓約書がヤバい

そんな数々のDVを疑惑ではなく、明らかにしてしまったのが友井雄亮さんが2014年から同棲していた、芸能関係者の女性A子さんです。

それは、友井雄亮さんがA子さん側に書いた”誓約書”です。

日付は平成28年5月で、署名と指印もされています。

これでは、反論のしようもない証拠ですね。

この誓約書の内容を見ていると、相当数のDVをしていた事がうかがえます。

実際、誓約書を書いたにもかかわらず、この後も友井雄亮さんはDVを繰り返してしまったようです。

この誓約書が公になったことがきっかけとなって、友井雄亮さんのスキャンダルはさらに過激なものになり、『事実婚女性の貯金3000万円使い込み疑惑』『別の女性との浮気トラブル』も報じられることに。

文春の突撃取材に最初は全否定していた友井雄亮さんですが、日が経つにつれ新たな女性や過去の経歴なども次々と証拠が出てきてしまいました。

そして、友井雄亮さんは今まで疑惑だったDV、使い込み、浮気などの問題が全て事実であるというを認め、謝罪会見を最後に芸能界引退をされました。

今になりある画像が流出

そんな友井雄亮さんですが、現在”とある画像”が話題になっています。

今では、純烈元メンバーとして歌手としてのイメージが強い友井雄亮さんですが、実は過去に”ジャニーズ事務所”に所属していた事が判明しています。

友井雄亮さんは、関西ジャニーズJr.の元メンバーであり本名の「牧山雄亮」で、光GENJI解散コンサートでデビューしていて、『シアター1200』という劇場のミュージカルにも出演していたそうです。

その後、関西ジャニーズJr.として活躍するも1998年にジャニーズを退所。

ここでも芸能界を引退されていて、2000年から俳優活動を開始し、翌年に仮面ライダーの主演に選ばれました。

ちなみに、このジャニーズ時代にはデビュー前の関ジャニ∞の村上信五さんや横山裕さん、嵐の大野智さんらと共演していて、当時は「マッキー」と呼ばれていたそうです。

確かに、今も大活躍されているこのメンバー、話題になってしまうのもわかりますよね。

多くのジャニーズJr.がいた中、このように選抜されていた友井雄亮さん。

このことを考えると、ジャニーズの時も期待されていたのがうかがえます。

しかし、「自分の今の人気は事務所の力ではないのか?」「本当にやりたい事はなんなのか?」と自問自答し、1998年の18歳時にジャニーズ事務所を辞める事を決意したそうです。

では、今の友井雄亮さんの画像はあるのか調べてみましたが、残念ながらみつけられませんでした。

今後の展望

純烈が2月9日に大阪・箕面スパーガーデンで、4人体制になって初めてスーパー銭湯で単独ステージを開催した際、最後の楽曲を歌う前にリーダーの酒井一圭さんが、1月15日に脱退した友井雄亮さんからの謝罪の手紙を読み上げる異例な展開になりました。

その内容には「これまで一生懸命、応援して下さったファンの皆様に、こういった形で裏切った行動を取ってしまい何も言わず皆様の前から居なくなってしまって何度謝っても許される事ではありません…。友井雄亮からの手紙と聞くだけでも嫌な気分にさせている方もいらっしゃると思います。そんな僕を今まで応援して下さって、本当に有難うございました。これから僕は、そんなダメな自分と向きあい、一から人生をやり直します。最後に皆様と出会えた事を一生忘れません。これからも純烈を宜しくお願いします」と書かれており、今後の具体的な動向はわかりませんでした。

現在大阪に帰っている友井雄亮さんは、周囲には当初「料理人になる」と話していたそうです

もともと料理は得意だったようで、受け入れ先も見つけていたとか。

しかし、最近になって、やはり芸能界への未練を断ち切れなかったのか「ダンサーになる」と宣言したといいます。

とはいえ、友井雄亮さんは世間的に”不祥事を起こして引退した人”として、認識されており芸能の道で返り咲くのは難しいと思われます。

ここで友井雄亮さん本人も、さすがに”国内では厳しい”と考え、”海外進出”を模索しているようです。

元ジャニーズで純烈でも振り付けを担当してきた彼の野望は、海外進出という大きな展開になるかもしれません。

今後、友井雄亮さんの活動など、まだ具体的なことは公表されていませんが、元事務所の支えがあるようで、事務仕事や関係する飲食店などで手伝っているとか。

そして、様々な経験を経て、海外進出にも視点を置いているようです。

ただ友井雄亮さんは、DV、金銭、女性トラブルなど、かつてない”クズ”ぶりが明らかになってしまったので、しばらくの間は反省と共に大人しくされた方が良いでしょう。

しかし、これまでにも何度か一時期の芸能界を引退されている友井雄亮さんなので、そのことも考えると、もしかしたらまた違うかたちで芸能界復帰される日が来るのかもしれませんね。