トレンディ俳優として数々のドラマに出演していた筒井道隆さん

現在はテレビで見る機会が少なくなり、干されたという噂も出ています。

ドラマに出演する機会が少なくなった理由はあることに専念しているからだそうです。

それはいったい何なのでしょうか。

今回は筒井道隆さんについてまとめたいと思います。

プロフィール

筒井道隆さんは、1971年3月31日生まれ、東京都調布市出身です。

キックボクシングの東洋ミドル級チャンピオンだった風間健(筒井稔)の長男として生まれました。

道隆さんの名前の由来は、父親の風間健さんがキックボクサーに転身する前に、空手及び少林寺拳法の修業を積んでいて少林寺拳法の師匠より「道隆」の僧名を授与されています。

この僧名にちなんでつけられたといいます。

堀越高等学校出身で、高校卒業後はすぐに芸能事務所に入り、その後は映画出演の仕事が舞い込みます。

そして、「バタアシ金魚」で俳優デビューを果たすのです。

筒井さんは芸能界に対してチャラチャラしたイメージがあったそうです。

しかし、デビュー作の『バタアシ金魚』の監督がとても厳しい人だったので仕事に対する見る目が変わり、役者を一生懸命続けていこうと思ったそうです。

筒井さんはこのまま役者を続けるか、就職しようか迷っていると、父親に「役者になるか、自衛隊に入るか、どちらかを選べ」と言われたので、俳優の道を選びました。

そして1993年に「あすなろ白書」や「君といた夏」では主役を務め、「東京ラブストーリー」にも出演しました。

当時は「女性にはモテるが、優柔不断な男性」の役が多く、そのイメージがありました。

2000年あたりからドラマの出演が少しずつ減ってはきたものの、グリーンラベルのCMや三谷幸喜脚本のドラマ「王様のレストラン」や舞台「12人の優しい日本人」に出演するようになり、もともとあったイメージの役のほかに、「頼りなく憎めないお人よし」の役も務めるようになったのです。

王様のレストランがヒットしたことが契機で、舞台やドラマなど三谷監督の作品に参加し、コメディ系のドラマに出演する機会も増えました。

そして幅広い役柄でドラマや映画・舞台と各方面で活躍するようになりました。

続きは次ページから!!


「ねえ、ちゅーしよ?♡」女性に好かれる1日66円の窪塚洋介愛用の新型タバコが爆売れで話題に!