「トイレの神様」で大ブレイクした植村花菜。

しかし、それ以降、露出することが激減したため、”干された”や”一発屋”などといわれていましたが、ジャズドラマーの清水勇博と出会い、長距離恋愛を経て結婚しています。

プロフィール

植村花菜(ウエムラ カナ)シンガー・ソングライター。

1983年1月4日生まれ、兵庫県出身。

A型。

本名は、清水花菜(しみずかな)。

愛称は、カナちゃん、カナ吉。

2002年1月、19歳の時に独学でアコースティック・ギターを始め、作詞・作曲に目覚める。

曲作りを始めて2週間でオリジナル曲を完成させ、川西能勢口駅前などで路上ライブを行うようになる。

『ストリートミュージシャンオーディション』で1200組の中からグランプリに選ばれ、2005年5月にシングル「大切な人」でデビュー。

2010年、ミニアルバム『わたしのかけらたち』のリードシングル「トイレの神様」がラジオオンエアを機に話題に。同年『NHK紅白歌合戦』に初出場。

2012年4月、視野を広げるために渡米。

ストリートやライブハウスで歌いながら、ロサンジェルスからニューヨークへとアメリカ大陸を横断する。

2013年1月29日、ジャズドラマーでindigo jam unitのメンバーとしても活動する、清水勇博と入籍したことを発表。

入籍日は30歳の誕生日である1月4日。

2015年1月27日、第1子を出産。

旦那との関係

植村花菜さんは2013年、アメリカ放浪中にニューヨークで出会ったバンド「Indigo Jam Unit」のジャズドラマー・清水勇博さんと結婚しました。

ちなみに清水勇博さんは、渋すぎるジャズバンドとして音楽好きの間では有名で、重低音がカッコよすぎると評判を呼んでいます。

植村花菜さんと清水勇博さんは同い年で、同じ地元という共通点があり、ニューヨークで知り会いなんと、交際7カ月で結婚へ踏み切ったそうです。

そんなスピード婚のお二人ですが、以前夫婦で出演した番組にて、仲睦まじい様子が放送され話題になりました。

それは、清水勇博さんは植村花菜さんにベタ惚れの様子で、撮影中もずっと植村さんのことを見つめる姿が撮影されていて、ある場面では、植村さんがチキンライスを作っている時に鶏肉を買い忘れ、代わりに清水さんが買い物に出かけ戻ってきてからまたすぐ、トマトを買い忘れていたことに気づき、またしても清水さんが買い物に出かけていくシーンがありました。

そして、かつては売れる曲を参考にした楽曲づくりを提案してくる事務所に反発し「それ違うんじゃないですか」という感じで、結構物申してた植村花菜さんでしたが、夫の「そんなに頑張らんでもうまく生きていけるから」という言葉で、人生が変わったということも好感を得ていました。

現在、逮捕された?

植村花菜さんを検索すると、目にすることがある「逮捕」というキーワードが出てきます。

一体どういうことなのでしょうか。

それは、無職の46歳の男が東京都清瀬市にある清瀬駅の女子トイレに忍び込んで、計7回におよぶ窃盗を繰り返していたようです。

そして「トイレの神様」と捜査員の間で異名を取った窃盗犯が逮捕された事件により、植村花菜さんの代表曲と混同されていたようです。

この男は、女子トイレを利用していた女性が壁にかけたショルダーバッグなど、用を足している間に、隣の個室の便器の上に立って奪っていたそうです。

しかし、トイレには防犯カメラが無かったことから、犯人像を特定できず、現地警察署の捜査員らは「トイレの神様」と呼称して捜査していました。

ですが、この「トイレの神様」という呼称がネット上で「失礼」という声も多く、SNSや掲示板などで炎上していたようです。

確かに、これは失礼ですよね。

そんな彼女は現在自分で立ち上げた『Hanana Records』という会社で、日米での活動を続けていきたいと語っています。

そして、Hanana(ハナナ)の意味は私の名前、花菜の訓読みでさらに芸名の変更も報告しています。

これからは植村花菜改め『Ka-Na』という名前で活動していくと発表しています。

植村花菜さんは「トイレの神様」が大ヒットを飛ばして天狗になり「消えた」「干された」と言われていましたが、実際にはアーティストとしての水面下での模索期間だったようです。

現在は、アメリカでの音楽活動から自身の音楽を見出し、ニューヨークに拠点を移して活動。

今後は芸名を「Ka―Na」として頑張っていくようです。